『この子…ボロボロだよ泣』ぬいぐるみを心配して取り乱すワンコの可愛さに胸打たれる人が続出「可愛すぎる」「感動した」

ご紹介するのは、ボロボロになったぬいぐるみを本気で心配するワンコの様子です。眉間にシワを寄せて慌てふためく姿に胸キュンが止まりません…!

もしもボロボロなぬいぐるみが転がっていたら…?そんなワンコの動画がYouTubeチャンネル「2代目コーギーのでこぽん」に投稿されました。記事執筆時点でこの動画の再生数は2.4万回を突破し、「大丈夫かなって心配してるんだろうね…」「キュンキュン鳴く声が切ない」「優しいワンちゃんだね」などコメントが続々寄せられています。ピュア過ぎる姿が可愛くて切ない。

満身創痍の「小さい子」を発見!

登場するワンコはコーギーの「ぷぅ」ちゃん。

ぬいぐるみを発見!

ぬいぐるみを発見!

この日ぷぅちゃんは、全身ボロボロになった小さな子犬を見つけました。小さな子犬とは犬を模したぬいぐるみのこと。電池を入れると「ワンワン」と吠える、昔ながらの犬型おもちゃです。

子犬の様子を伺うようにグルグル回りますが、何をやっても反応はありません。ぬいぐるみなので当然のことなのですが…ぷぅちゃんはそうは思わなかったようです。

ん?なにか…

ん?なにか…

様子がおかしい…

様子がおかしい…

ママ…この子大変だよ!

あるタイミングで、「ん?」とひらめいた様子のぷぅちゃん。どうやらぷぅちゃんには、ボロボロのぬいぐるみが大怪我を負った子犬のように見えたよう。クンクンと鳴きながら子犬の周囲を回り、時折飼い主さんに視線を送ります。

なにかに思い至ったぷぅちゃん

なにかに思い至ったぷぅちゃん

「ママ…た、たいへんだよ…」

「ママ…た、たいへんだよ…」

その様子は、さながら「ママ…この子大変だよ!」と訴えているようだったといいます。困り顔でうろたえる姿が切なくも可愛すぎます…!

「この子、怪我してるみたい…!」

「この子、怪我してるみたい…!」

「ほら、こんなにボロボロ…!!」

「ほら、こんなにボロボロ…!!」

僕が助けてあげなくちゃ!

その後も、子犬からなかなか離れないぷぅちゃん。時には子犬に優しく手を添え「しっかり!」とエールを送っていたといいます。

「しっかりして、子犬さん!」

「しっかりして、子犬さん!」

それでも起き上がらない子犬を見て、ついに限界だと感じたのでしょうか。ぷぅちゃんは子犬を口でくわえ、どこかへ持っていこうとしたといいます。その様子を見て、病院に連れて行こうとしたのではないか…と飼い主さんは感じたそう。

「病院に連れて行った方がいいんじゃ…?」

「病院に連れて行った方がいいんじゃ…?」

ぷぅちゃんの純粋無垢な優しさに、思わず胸がキュンとなります…!

「僕が絶対に助ける!!」

「僕が絶対に助ける!!」

思いやりをぎゅっと詰め込んだような動画には「ぬいぐるみを本物だと思ってますね…」「ぷぅくん優しいね」「声可愛すぎるやろ…」といったコメントが寄せられています。子犬が動き出したら、元気になったと感じて安心するかもしれませんね。

今回登場したぷぅちゃんには、「でこぽんちゃん」という同居犬がいます。実はぬいぐるみをボロボロにしたのはでこぽんちゃんの仕業なんだそう。飼い主さんが「トムとジェリーのようだ」と語る2匹の日常の様子はYouTubeチャンネル「2代目コーギーのでこぽん」で数多く紹介されています。現在は主にInstagramで更新を続けているようなので、合わせてご覧になってみてください♪

写真・動画提供:YouTubeチャンネル「2代目コーギーのでこぽん」さま
執筆:小泉 あめ
編集:わんちゃんホンポ編集部
※本記事は投稿者さまの許可を得て掲載しております。

関連記事

犬を抱きしめるのはNG!飼い主にやめてほしい5つのこと
犬が顔をなめる本当の理由とは?愛情表現だけじゃない?!
愛犬を長生きさせる10の秘訣!
犬に依存してしまう人が持つ5つの特徴
犬がクーンと鳴く時の心理とは?

  1. 日米韓の外相が会談 地域の抑止力強化など3か国で緊密に連携を確認
  2. 天皇陛下64歳の誕生日 一般参賀で能登地震被災者にお見舞い「能登半島地震で亡くなられた方々に改めて哀悼の意を…」「1人1人に穏やかな春となるよう」
  3. 3連休初日のきょうは寒い!関東地方の一部で積雪も…24日も気温が低い
  4. 山本由伸、韓国での開幕カード・パドレス戦は「もし投げることになったら全力で」 2度目のライブBPで打者10人に6K
  5. モーグルの一人称映像がスゴい!ツイスターでモーグルを滑走し、見事な回転するその躍動感に自分がモーグル選手になった気分!!【海外・動画】
  6. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  7. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  8. 猫の病中病後や介護で役立つ『ケア方法』5つ
  9. 犬が突然言うことを聞かなくなった…なぜ?5つの原因とそれぞれの対処法とは
  10. 【速報】64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  1. スウェーデンで目撃された“白い鹿”まるで神の使いのよう
  2. 【ステーキ宮】4年に1度の肉の日クーポン配信、厚切りキューブロールステーキ+スープバーセット付がおトクな値段に、アプリ会員・SNSフォロワー限定【2月23日~2月29日】
  3. 【ハッピーセット「星のカービィ」第一弾レビュー】マクドナルド初コラボ おもちゃはぬいぐるみ、ワドルディも【朝マック限定クーポンでお得に】
  4. 千賀滉大、右肩後方の張りで離脱「過ぎたことを後悔するより、次に向けてもっともっといい選手に」
  5. 73歳の女性が乗用車にはねられ死亡 41歳の男逮捕 事故当時は小雨 群馬・館林市
  6. 鹿の親子が道路を横断!停車し見守っていると!まさかの当り屋バンビ?
  7. G20外相会合「パレスチナ国家つくる“2国家解決”が唯一の解決策」
  8. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  9. 「人道上看過できない」「実情を無視」なぜ高裁は痛烈に国の姿勢を批判したのか?難民訴訟でミャンマー少数民族の男性が逆転勝訴
  10. 【速報】64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  11. 松井裕樹、圧巻の3者連続Kデビューに「ホッとした」 指揮官も「良いデビューだった」
  12. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  1. ハスキーは全部で何頭?大型犬軍団に占拠されたリビングに羨望コメント殺到「楽園なのか…?」「壮観だわ」「憧れ空間」
  2. 猫には絶対に厳禁な『暴言・態度』5選 改善できないなら猫と暮らす資格なし!
  3. ワインのアルコール度数はどのくらい?アルコール度が20度を超えるワインが無い?
  4. それは獲物でも身を隠す岩場でもないよ!タコが足を伸ばしたのはダイバーさんの手です!!【海外・動画】
  5. ボール遊びをする猫がかわいすぎる!飼い主さんがボールを投げると一直線に取りに行きます!!【海外・動画】
  6. あなたは気づいてる?犬が『遊ぼうよ』と誘っている5つのサイン
  7. 猫のための3つの「防寒対策」 愛猫が体調を崩さないためにやりたいこととは
  8. 赤ちゃんワンコと独身男性の『初対面』がぎこちなくて可愛いと話題 初々しさに244万人が注目「どっちも愛おしい」の声

キューブ・ソフトからのお知らせ