ペットと暮らす高齢者は認知機能の低下が遅いという研究結果

高齢者の認知機能の低下を予防することは世界各国で重要なテーマとなっていますが、犬や猫との暮らしが役に立つかもしれないという研究結果が発表されました。

年をとっても良好な認知機能を保つ要因とは?

ベンチに座る犬と猫と男性

人は誰でも年をとると記憶力や認知機能が低下します。しかしこれらは全ての人に同じように影響するわけではなく、高齢になっても良好な認知機能を保っている人もいます。

人間の平均寿命が伸びている現在、高齢になっても良好な認知機能を保つための要因を知ることは、ますます重要なテーマとなっています。

ペットとの生活が高齢者の身体的な健康を保つことに関連していることは過去の研究でわかっていますが、ペットと認知機能の低下に焦点を当てた研究は今までほとんどなかったそうです。

このたびアメリカのメリーランド大学の成人健康学の研究チームが、高齢者を対象に犬猫の飼育、認知機能の変化との関連を調査した結果を発表しました。

犬や猫と暮らすことは認知機能低下予防と関連しているだろうか?

トイプードルを膝に乗せた女性

この研究は、1958年に開始されたアメリカで最も長い歴史を持つ、ヒトの老化に関する科学的研究であるボルチモア加齢変化研究のデータを分析したものです。

この加齢研究では参加者から定期的にデータを収集しており、データ収集期間中には参加者の認知機能テスト(80歳以上は毎年、80歳未満は4年ごと)も実施され、その経年変化が分析されます。

今回の調査では、2020年3月までの10年間で収集された637名の参加者のデータが分析されました。参加者の年齢は51歳から101歳、平均年齢は75歳でした。

637名のうちペットを飼っている人は全体の29%の185名で、11%が猫、13%が犬を飼っていました。犬を飼っている人のうち69%が犬と散歩をしていると回答しています。

犬猫との暮らし、特に犬の散歩は認知機能低下を遅らせる!

ゴールデンレトリーバーと散歩するシニアカップル

データを分析した結果、すべての参加者は加齢とともに認知機能の低下を示していました。しかし、ペットを飼っている人は飼っていない人に比べて、この低下が緩やかでした。

ペットを飼っている人の認知機能低下の速度は、すべてのテストにおいて同じというわけではなく、実行機能/言語機能/記憶力との関連が明らかだったことから、ペットの飼育が特定の認知機能に関連している可能性が示されました。

また犬の散歩をしている人は認知機能低下の速度がより緩やかで、特に思考運動速度と情報処理速度が保たれていたこともわかりました。

ペットの存在がストレス軽減や血圧低下に関連することはわかっているので、これらが認知機能の低下を遅くしている可能性があります。

犬の散歩については、運動量の増加と地域社会との関わり合いという2つの大きな要因が、認知機能を保つことと関連している可能性があります。

また犬の飼い主は、実行機能/思考運動速度/情報処理速度の低下が緩やかであることについて、犬の世話のためにこれらのスキルをより頻繁に使用しているからではないかと考えられます。

犬の飼い主は家庭内と散歩中の両方で犬の行動を監視し、環境的な変化(他の犬が近づいてきた、宅配便が届いた、など)に素早く反応して、対応しなくてはならないことが多々あります。

これらのことは、猫との暮らしよりも身体能力や実行機能を必要とするため、これを日々繰り返し行なうことが、加齢による認知機能低下を抑えているのかもしれないとのことです。

まとめ

犬にハイタッチを教えるシニア男性

アメリカでの長期に渡って収集されたデータから、犬や猫を飼っている人は認知機能低下のスピードが緩やかだったという調査結果をご紹介しました。

この研究結果は、認知機能低下に関連する要因を理解するために重要な知見を示すものです。ただし今回の研究デザインでは、ペットの飼育が認知機能低下を遅らせることの因果関係までは説明できないため、今後さらに研究が必要だということです。

高齢の方がペットを飼うことについて心配や批判をする声は少なくありません。しかしこのような研究結果を活かして、高齢者への保護犬猫の一時預かりプログラムへの参加など、人にも動物に優しい対策が立てられるようになってほしいものだと思います。

《参考URL》
https://www.nature.com/articles/s41598-023-41813-y

関連記事

犬と一緒に寝るって本当にいけないこと?危険性と注意すること
犬がクーンと鳴く時の心理とは?
「愛情を受けている犬」と「愛情不足な犬」の違い
犬が『信用していない人』にする行動4選
犬が飼い主に飛びついてくるときの4つの気持ち

  1. 「夫婦同姓しか選べないのは日本だけ」 夫婦“別姓”求め12人が提訴へ 妻の姓を名乗る「サイボウズ」青野社長の考えは?【news23】
  2. 【3連休・関東雪の見通し】きょう午後も南部は雨や雪続く 連休最終日の夜~連休明けは再び雪 北部中心に大雪のおそれも
  3. 【サンマルクカフェ×桔梗信玄餅コラボ】黒蜜・きなこ・もちもち食感が一体に、期間限定チョコクロ・パフェ・ドリンク
  4. 【ハッピーセット「ポムポムプリン」第一弾レビュー】マクドナルド×サンリオ人気キャラのコラボおもちゃ【朝マックで購入】
  5. マスターズ参戦決定後初の久常涼は69で29位スタート【ゴルフ・メキシコオープン】
  6. 疲弊するウクライナ 侵攻2年 長引く戦争で課題は“徴兵逃れ”「誰もが生きたいのです」【現場から、】
  7. 民間企業初 米国の無人着陸船が月面着陸成功
  8. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  9. 飼い主と『自然に会話する猫』に驚愕…言葉に反応する様子に1万7000人絶賛「お返事上手」「すごい賢い」の声
  10. どうしてもご褒美がほしい犬たち…まさかの『可愛すぎる嘘』をつく光景が癒されると38万7000再生「賢すぎ」「見事な連携」と絶賛の声
  1. スウェーデンで目撃された“白い鹿”まるで神の使いのよう
  2. 【ステーキ宮】4年に1度の肉の日クーポン配信、厚切りキューブロールステーキ+スープバーセット付がおトクな値段に、アプリ会員・SNSフォロワー限定【2月23日~2月29日】
  3. 【ハッピーセット「星のカービィ」第一弾レビュー】マクドナルド初コラボ おもちゃはぬいぐるみ、ワドルディも【朝マック限定クーポンでお得に】
  4. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  5. 64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  6. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  7. 手押し車の80歳男性 遮断機下りて取り残されたか 特急にはねられ死亡
  8. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  9. 3月9日“さ・く”は「さけるチーズの日」!制定記念『さけるチーズフェス 2024』が3月9日(土)アーバンドック ららぽーと豊洲にて開催
  10. 松井裕樹、圧巻の3者連続Kデビューに「ホッとした」 指揮官も「良いデビューだった」
  11. 鹿の親子が道路を横断!停車し見守っていると!まさかの当り屋バンビ?
  12. 3連休初日のきょうは寒い!関東地方の一部で積雪も…24日も気温が低い
  1. 【クイズ】これは「フライパンの底」1つだけ「木星の衛星」が隠れています
  2. 初雪にゴロスリでハッスルしちゃう柴犬兄弟「シンクロしてる〜www」「雪遊び楽しい!が伝わる♡」」
  3. ひなたぼっこ中のグレートデーン。スフィンクスキャットの子猫にグルーミングもしてもらっていい夢を見ていそう!!【アメリカ・動画】
  4. 世界的で最も有名な犬「スヌーピー」が実在した!スヌーピーにそっくりな犬のベイリーが話題に
  5. 「柳に雪折れなし」とはどんな意味?「柳に風」との違いは?
  6. 【食にまつわるトレンド予想】来年流行る食べ物や飲食業態は?
  7. 犬の『けしからんケツ』に1万1000人が悶絶…雪道を闊歩する食パンのような後ろ姿が大人気「これはけしからん」「最高の景色です」
  8. 熊本県の魅力を世界に発信!「くまモン島」が人気オンラインゲーム「FORTNITE」に登場

キューブ・ソフトからのお知らせ