初の姉妹対決 ! V2姫路・宮部藍梨が東海大・宮部愛芽世を破り初戦突破【全日本バレーボール選手権・皇后杯】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2023-12-08 22:37
初の姉妹対決 ! V2姫路・宮部藍梨が東海大・宮部愛芽世を破り初戦突破【全日本バレーボール選手権・皇后杯】

バレーボールの女子日本一を決める、全日本バレーボール選手権大会・皇后杯。ファイナルラウンドの1回戦が8日に行われ、Vリーグ2部のヴィクトリーナ姫路と全日本インカレ準優勝の東海大が対戦。3ー0で姫路が東海大を下し、2回戦に進んだ。

共に日本代表の姉・宮部藍梨(25 みやべ・あいり、姫路)と妹・宮部愛芽世(22 みやべ・あめぜ、東海大)にとって、代表の合宿などで共に練習する事はあっても公式戦でコートに立って対戦するのは初。

注目が集まった一戦は第1セット、Vリーグ2部ながら開幕から7連勝中の姫路がスタートから勢いに乗る。愛芽世が渾身のバックアタックを打ち込むも、藍梨が完璧なブロックでシャットアウトするなど25ー10で先取した。
第2セットもVリーガーの貫禄を見せ連取した姫路だったが、全日本インカレ準優勝の東海大もただでは引き下がらない。第3セットは一進一退の攻防をみせ、愛芽世のスパイクなどで先に20点に到達。しかし藍梨のブロックなどで追いついた姫路が最後は振り切り、30ー28のストレート勝利で2回戦に進出した。

試合直後は“たまたま”正面に入り、握手を交わした宮部姉妹。笑顔で健闘を称えあった。
初対決について妹の愛芽世は「力が入ることはなかったが、バックアタックをドシャットされたのは、クソーっていう感じ。姉はサイズだけの選手じゃないので、また戦う時は今度は私がブロック出来るように」と内定が決まっているJTマーヴェラスでの再戦を誓った。

姉妹対決を制した姉・藍梨は「敵は敵。気負いはなかった」と話し、ブロックを決めた場面について「若干遅れて飛んで、シャット出来たのでラッキー」と振り返った。また皇后杯で目指すところについて「自分たちは失うものはない。挑戦者の気持ちで常に100%を出してどこまでいけるか挑んでいきたい」と格上1部リーグチームへの挑戦に意気込んだ。

勝った姫路はあす、Vリーグ1部の埼玉上尾メディックスとの2回戦に臨む。

※写真 宮部愛芽世(左)、宮部藍梨(右)

■全日本バレーボール選手権大会 皇后杯

姫路 3-0 東海大(25-10、25-21、30-28)

  1. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  2. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  3. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  4. 自民・広瀬議員不倫認め謝罪 議員辞職や離党は否定 “赤ベンツ不倫”週刊誌報道
  5. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  6. 侍ジャパン 2024年初陣へ“次世代侍”は「慣れない状況でいかに自分の力を出せるか」明大・宗山が源田から学ぶ
  7. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  8. アメリカ海軍のイージス駆逐艦が台湾海峡通過 台湾への圧力強める中国をけん制か
  9. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  10. 侍ジャパン 2024年開幕戦「選手全員が出来上がっている」指揮官は自信、先発の西武・平良は「楽しんでいきたい」と気負いなし【侍ジャパン強化試合】
  11. 中国で全人代開幕 今年の経済成長率「5%前後」の目標も…1月の新築住宅の価格指数が主要70都市の8割で下落
  12. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁