犬が飼い主の足にわざとぶつかってくるのはなぜ?可愛らしい4つの理由や心理とは

愛犬が足元にわざとぶつかってくることはありませんか。なぜ犬は飼い主の足にぶつかってくるのでしょうか。この記事では、その可愛らしい理由や心理についてご紹介します。

1.甘えている

座る人の足に頭を寄せる犬

愛犬があなたの足にわざと「ドン!」とぶつかってくることってありませんか?

人間が誰かにわざとぶつかるなんてことはめったにありませんが、犬はさまざまな理由から飼い主にわざとぶつかることがあり、それは決して珍しいことではありません。

最も多く見られるのは、犬が甘えたい時に飼い主の足に頭や体をぶつける行為です。飼い主の足にぶつかることで、犬は「構って!」とアピールしていると考えられています。

座ってテレビに夢中になっている飼い主に撫でてもらいたい時や、立っている飼い主に自分の方を見て欲しい時にこの行為はよく見られるでしょう。

他のことをしている時に愛犬が足にぶつかってきたら、寂しがっている可能性が高いので撫でて安心させてあげてくださいね。

2.おねだりしている

足の間に座るパグの子犬

犬は「おねだり」をする時にも飼い主の足にわざとぶつかることがあります。

飼い主が美味しそうな食べ物や犬用のオヤツを持っている時に「ちょうだい!」と伝えようとしているのです。「人間の食べ物を少しでも分けてもらいたい」「早くオヤツが欲しい」という気持ちなのでしょう。

足にぶつかっておねだりする愛犬はとても可愛らしいですが、この時に「可愛いね♡」と言って食べ物を与えてしまうと、犬は「ご主人の足にぶつかると食べ物が貰える」と学習してしまう恐れがあるので、オスワリなど他のコマンドに従わせてから与えるのがオススメです。

愛犬からのおねだりでご褒美をあげるのではなく、飼い主の指示に従った時にご褒美を与えることを意識するようにしてください。

3.飼い主に気になるニオイがついている

ジーンズをはいた人とパピヨン

愛犬があなたの足にぶつかってきて、しきりに鼻を押し付けてくる場合は匂いが気になっているサインです。

お出かけから帰宅した飼い主に知らない匂いや気になる匂いがついていると、犬は嗅ぐことで「どこに行ってきたのか」「誰とあってきたのか」など情報を得ようとします。

自分の好きな匂いがする時は、全身を擦り付けるようにしながら嗅いでくることもあるでしょう。

友だちの家の犬や他の動物を触った後なら、「浮気してきた?」と嫉妬して念入りに探られることもあるかもしれません。

4.「楽しいね!」と飼い主に伝えている

浜辺を歩く人の足と犬

犬は楽しい事や好奇心によって気持ちが昂ると、飼い主の足にぶつかってくることがあります。

一緒に楽しい場所へお出かけをしたり、お散歩に行って気持ち良く過ごしたりすると、犬はテンションが上がって「どん!」とぶつかる行動を取ることがあるのです。この行動は活発な犬や若い犬に時々見られます。

犬は言葉で気持ちを表現できないので、全身で飼い主に自分の感情を伝えようとしているのかもしれませんし、楽しい気持ちを抑えきれずに発散させるような気持ちで飼い主に体当たりしているのかもしれません。

どちらにせよ、愛犬が楽しそうな表情でぶつかってきた時は、飼い主さんも笑顔で応えてあげてくださいね。

まとめ

人の足に頭を寄せるゴールデン

犬が飼い主の足にわざとぶつかってくる理由や心理をご紹介しました。

愛犬がよく足にぶつかってくるという方は、どの理由に当てはまりそうか愛犬の様子や状況を照らし合わせて考えてみてくださいね。

犬にぶつかられるとビックリしてしまうかもしれませんが、犬は好意がある人に対してしか体をぶつけてきません。

愛犬が足にぶつかってきたら「やめてよ!」などと怒らずに、どのような思いでその行動をしているのか、まずはその気持ちに寄り添ってみてくださいね。

関連記事

犬の寿命について 大切な家族の一生
犬が見せる『ストレス限界サイン』3選!こんな行動をしていたら必ず対処して!
犬が飼い主に『頭をこすりつける時』の心理5選
犬の耳の向きや動きでわかる気持ち5選
愛犬が教えてくれる大切な7つのこと