愛犬があなたに『愛してます』と言っているサイン5選 大好きな人にしか見せない仕草や行動とは

犬は言葉ではなく行動や仕草で気持ちを伝えています。皆さんが気づいていないところで「愛してます」と伝えているかもしれません。今回は、犬が飼い主に「愛してます」と言っているサインを紹介するので、サインを参考に気持ちを察してあげましょう。

愛犬からの「愛してる」サインを見逃さないで!

手を舐める犬

犬は言葉で気持ちを伝えられないので、仕草や行動で意思疎通を図っています。そのため、私たち人間が気づいていないところで色々な気持ちをアピールしているのです。

その中には愛犬からの「愛してます」サインも含まれているでしょう。大切な愛犬からの愛情には、誠心誠意応えてあげたいですよね。

彼らのボディランゲージによる気持ちをなるべく多く察して汲み取り、適切な対応や最大限の愛情で応えてあげることが大切です。

愛犬があなたに『愛してます』と言っているサイン5選

女性の口元を舐める犬

では、犬たちはどのような行動や仕草で愛情を伝えているのでしょうか。愛犬が飼い主に「愛してます」と言っているときに見せるサインを5つご紹介します。

1.手や顔、口周りを舐める

犬は信頼している相手や愛情を持って接している相手に対し、舐めるという行為で愛情を示すことが多くあります。

飼い主の手や顔、口周りを舐める犬は多くいますが、これは「愛してます」「大好きだよ」という愛情表現の一種なのです。同時に「甘えたい」という気持ちも含まれているので、ぜひ応えてあげましょう。

2.くっついてスリスリと体を擦り付ける

頭を擦り寄せる犬

犬は他の動物と変わりなく警戒心を持っています。しかし、大好きな相手には信頼を置いているため、その証として寄りかかったり密着したりする姿が見られます。

中でもくっついてスリスリと体や頭を相手に擦り付けるような行動は、最大の愛情表現と言っても過言ではないでしょう。「大好き」「愛してる」という大きな気持ちを擦り付けるという行為で伝えているのです。

3.鼻や頭をちょんと軽くぶつけてくる

飼い主さんがくつろいでいると、隣にやってきてチョンと鼻や頭を軽くぶつけてくることはありませんか。「どうして?」と不思議に思いますが、これも愛情表現の1つです。

犬が鼻や頭を相手にちょんと軽くぶつける行為には、「大好き」という愛情や「構ってほしい」「自分を見てほしい」というアピールが含まれています。

飼い主さんに行っている場合は、飼い主さんに対する愛情と「構って」「こっちを見て!」という両方の気持ちが行動に現れているのでしょう。

4.柔らかい表情でじっと見つめる

柴犬

犬が相手をじっと見つめる行為には、大きく分けて2つの意味があります。1つは警戒、もう1つは愛情表現です。

信頼を置く飼い主さんに対してアイコンタクトをとっているときは、基本的に愛情表現の意味合いが強いです。

特に柔らかい表情(目尻を下げて口角が上がる)で見つめているときは、「愛してます」「大好き」という気持ちが溢れ出ているサインでしょう。

5.顎を乗せて頭を撫でてもらおうとする

隣にやってきて膝や腕の上に顎をちょこんと乗せ、上目遣いしてくることはありませんか。とても可愛らしくあざとい仕草ですよね!

顎を乗せて頭を撫でてもらおうとする行動には、相手に対する信頼や強い愛情が含まれています。

犬は大好きな相手以外に頭を撫でられることを嫌うため、自ら頭を撫でられにやってくるということは、それだけあなたに強い愛情と信頼を持っていることを意味しています。

まとめ

ハートを咥える子犬

いかがでしたか。今回紹介したような普段よく見かける仕草や行動に、実は「愛してる」という愛情が含まれていることが多いです。些細な行動や仕草も何らかのサインとして汲み取り、適切な愛情表現で返してあげましょう。

関連記事

犬の来客に吠える癖が直らない!その理由と3つの対策
犬が飼い主にお尻をぶつけてくる理由とは?5つの心理を解説
人懐っこいと言われる犬種6選
犬があくびをする理由とは?その意味と心理、注意すべき病気やストレス
愛犬がわがままになる4つの甘やかし行為