猫用の『水飲み器』3つのタイプ別にメリット・デメリットを解説 適切な設置場所や個数も

猫の「水飲み器」には、どのようなものをお使いでしょうか。普通の食器を使う以外にも、実にさまざまな種類の「水飲み器」がありますよね。ここでは、猫用の「水飲み器」のタイプ別にメリットとデメリットを解説します。

1.普通の器

器で水を飲む猫

昔から多くの家庭で使われてきた普通の水飲み器。猫にとって、自然に使える器です。

素材は陶器やステンレス、プラスチックなどがあり、高さや大きさなどデザインもいろいろあります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、ここでは総合して「普通の器」としての長所及び短所を解説します。

普通の器を使うメリット

猫の水飲み用に普通の器を使うと、飼い主さんが猫の水飲みについて管理しやすいといえます。

普通の器は毎日水を取り替えたり器を洗ったりするので、必然的に「飲んだ量」を把握することができます。

普通の器を使うデメリット

普通の器の場合、他の機能的給水器と比べて、器の洗浄や水の取り替えが大変です。1日に2回は水のお世話が必要なので、外出時間の長い家庭には不向きです。

また、普通の器はゴミやホコリが入りやすいので、あまり衛生的とはいえないでしょう。

猫は、比較的水分の摂取量が少なくても大丈夫とされる動物です。しかし、あまりにも水分摂取量が少なくなると尿が濃くなり、膀胱炎や尿路結石などの病気のリスクが高まります。

逆に水を飲む量が増えていると、糖尿病や慢性腎不全など病気が隠れていることも。飲水量の把握は猫の健康管理の第一歩なので、あえて普通の器を選ぶ人もいます。

2.ボトル付き給水器(ウォーターディスペンサー)

ウォーターディスペンサーと猫

猫用の「水飲み器」として、ペットボトルを活用する給水器もあります。

器の水が減るとペットボトルから水が供給されるタイプや、給水口を舐めると水が出る仕組みのものもありますが、ここでは「ボトル付き給水器」としてメリットとデメリットを整理します。

ボトル付き給水器のメリット

水そのものが空気に触れる確率が少ないので、水が腐敗しにくく、ホコリや毛も入りにくいです。

また、猫が飲んだ量だけ給水されるので、そういう意味では普通の器はもちろん、循環式自動給水器よりもお手入れが楽です。電気も不要なので、災害時にも使えそうです。

ボトル付き給水器のデメリット

ボトル付き給水器の利用の際には、ペットボトルの衛生管理が盲点になりやすいです。ペットボトルにもカビは生えるので、常温保存となる給水器にはそのリスクがあります。

また、ペットボトルを何度も再利用すると、細菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。

さらに、他の給水器と比べて水がこぼれやすいのも弱点です。ボトルを給水器に設置するときに水がこぼれやすく、また猫によってはペットボトルを倒してしまうことも。

水が少なくなればなるほどペットボトルは倒れやすくなるので、水飲み場にマットやシートなどを敷いておくとよいでしょう。

3.循環式自動給水器

自動給水器に興味を持つ猫

循環式自動給水器とは、電気の力を使って流水を再現するものです。中にフィルターが設置されているので、水が循環すると同時にろ過されるシステムになっています。

猫の給水器の中では、比較的最新のタイプといえるものです。

循環式自動給水器のメリット

常に水が流れている循環式自動給水器は、猫が水を飲みたい欲求を高める効果があります。それは猫が本能的に「流れている水が新鮮である」と感じているから。蛇口から出る水を飲みたがるのもそのためです。

またフィルターの効果で、水道水のカルキ臭を除去できるメリットもあります。置き水よりも水替えの回数が少なく済むので、長時間の外出時にも便利です。

循環式自動給水器のデメリット

循環式といっても、水の交換は必要です。基本的には1~2日に1度は交換を必要としますし、夏場は毎日交換しなくてはなりませんので、水の交換だけでも結構な手間になります。循環式だから、とうっかり水の入れ替えを怠ってしまうと、あっという間にカビが生えてしまいます。

また容器やモーターを洗ったりフィルターを交換したりなど、普通の水飲み器より手間がかかります。当然、電気代やフィルター代などのコストもかかります。

まとめ

給水器から水を飲む猫

今回は、猫用の「水飲み器」について「普通の器」「ボトル付き給水器(ウォーターディスペンサー)」「循環式自動給水器」の3種について解説しました。

どのタイプにも一長一短ありますし、使い勝手の良さには個人差があります。飼い主さんの性格やライフスタイル、また猫のいる場所の環境や体質、性格も考慮して、最適な「水飲み器」選んでくださいね。

なお、水飲み器の設置場所は、いずれも猫の目につく場所がベストです。設置する数は「猫の頭数分プラス1個」が理想とされています。

メインの水飲み場には循環式を設置し、廊下に普通の器、リビングにディスペンサーなど、愛猫の数で設置場所と種類を使い分ける方法もありますので、ぜひベストな活用方法を見つけてあげてくださいね。

関連記事

猫から『好かれる人』のタイプ5つ
猫が大好きという気持ちを飼い主に伝える9つのサイン
猫が人間に『好影響』を与えること5つ
猫が声を出さずに鳴く「サイレントニャー」の心理
猫がやきもちや嫉妬をする時に見せる7つの行動

  1. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  2. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  3. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  4. 母親を殺害した疑いで再逮捕 父親殺害疑いで逮捕の高校1年生の長男(16) 相模原・南区 神奈川県警
  5. LINEヤフーが約51万人分の個人情報を流出させた問題 総務省が再発防止を求める行政指導
  6. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  7. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  8. “フランスのスパイダーマン”がフィリピンの高層ビルに出現 登頂に成功も警察に拘束
  9. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  10. 習近平国家主席の肝いり“理想都市”とは? 「雄安新区」に6年で10兆円以上投資 「深セン」との大きな違いは“自由参入”が認められていないこと
  11. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  12. スーパーチューズデー直前にトランプ氏が“大きな勝利” 連邦最高裁が大統領選への出馬資格認める