「ワクチンを嫌う人は犬猫へのワクチン接種も控えがち」米国の研究で判明

米国の研究で、人間がワクチン接種に消極的な場合、ペットへのワクチン接種も控える傾向があることがわかりました。ワクチンへの理解を深めることが、人間とペットの両方の感染予防につながるといえます。

犬猫3400匹の飼い主を調査

飼い主に甘える犬と猫

写真はイメージです

テキサスA&M大学公衆衛生学部は、ペットのワクチン接種に対する飼い主の態度と、その人が自分自身のワクチン接種をためらうかどうかについて調査し、このたび「Vaccine」誌上で発表しました。

この研究を担当したSimon Haeder准教授は、ペットのワクチン接種率とワクチンに対する飼い主の認識、ペットのワクチン接種義務への賛否について調査するために、2023年8月に2000頭以上の犬と1400匹以上の猫の飼い主に調査を行いました。

「ペットにワクチンを接種しない人が増えると、ペット自身の病気や死亡事故だけでなく、人間に感染したり新たな病原体の変異が起きたりして、大きな社会問題になります」とHaeder博士はいいます。

「多くの人がペットを家族だと考えている中で、ワクチンを接種していれば予防できた病気にかかってしまうと、飼い主の精神的および経済的負担は大きいのです」

コアワクチンの接種率は高いものの…

獣医でワクチンを接種される猫

写真はイメージです

調査では、犬か猫、または両方を飼っているかどうか尋ねました。そして5つのペットの病気に対するワクチン接種状況について調査しました。これらの病気には、犬・猫共通で狂犬病、犬では犬パルボウイルスや犬ジステンパー、猫では猫汎白血球減少症や猫ボルデテラ感染症が含まれました。

その上で、リストアップされたそれぞれの病気へのワクチン接種を支持するかどうかや、各種ワクチンについての安全性、有効性、重要性の認識についても質問しています。

さらに、科学者に対する信頼感や「人間の子供への強制的なワクチン接種」を支持するかどうか、政治的イデオロギーや宗教、獣医費以外の生活費、飼い犬がほかの犬と接触する頻度についても尋ねました。そして回答者が人間へのワクチン接種に関して「安全かつ効果的で重要なもの」と考える度合いを測定しました。

その結果、圧倒的多数が犬や猫に狂犬病の予防接種を行っていることがわかりました。猫のワクチン接種の頻度は犬よりも少ない結果となりました。

また、コアワクチンの接種率に関しても、狂犬病予防ワクチンの接種率よりわずかに下回りますが、全体として高い水準でした。コアワクチンは、生活様式にかかわらず、すべての犬・猫に推奨されている重要なものです。一方で、ノンコアワクチンの接種はためらう飼い主が多くみられました。

さらに分析を進めたところ、ワクチンの重要性や有効性、安全性に対する理解度が、接種を行うかどうかに影響していることもわかりました。

ワクチン接種の拡大に向けて

ワクチンを接種される女性

写真はイメージです

総じて、ワクチンの安全性や有効性、重要性について、飼い主の多くが支持していることがわかりました。

しかし、人間へのワクチン接種に抵抗がある人は、ペットへの接種も控える傾向にありました。逆に「人間への接種を義務化すべき」とする人は、ペットについても同様に義務化してほしいと考えているようです。

今後、ワクチン接種をためらう人々についてより深く調査・研究することで、ワクチンによる将来の公衆衛生の在り方を明らかにできそうです。

「心配なのは、ワクチンで予防できる病気が大流行することです。ペットと人間のワクチン接種をためらう傾向をさらに分析し、こうした人々が増えないよう対策をとるべきです」とHaeder博士は話しています。

出典:Strong connections found between vaccine hesitancy and support for vaccinating pets

関連記事

『猫砂の飛び散り防止対策』でDIYをしてみた結果…68万人絶賛のアイデアに「希少稀なる天才」「商品化してほしい」の声
猫が甘噛みをする6つの理由としつけ方法
猫が乗ってくる5つの理由とその心理
子猫が先住犬と初対面したときの反応…お互いが気になる様子に『成長が楽しみだね』『きっと仲良くなれる』夢中になる人続々
猫が鼻を「フンフン」鳴らす理由と注意すべきこと

  1. 【速報】堀江容疑者自宅に家宅捜索 日本橋高島屋“1000万円超の純金茶わん”窃盗事件 警視庁
  2. 水原一平容疑者から“口裏合わせ”依頼され大谷選手は拒否か 保釈金“ゼロ”で即日保釈…条件は?【Nスタ解説】
  3. 世田谷など各地に謎の「エビチリ」落書き「爆発的に増えている」誰が?なんの目的で?現場を取材するとあちこちで発見
  4. 【速報】トランプ氏が法廷に アメリカ大統領経験者が刑事責任を問われるのは史上初
  5. 歴史的円安背景にインバウンド絶好調 百貨店は軒並み“過去最高”記録づくめの決算に
  6. 「セーラームーン」にご当地グルメなど「デザインマンホール」急増 マニア熱狂のイベントでは熱々“マンホール”で焼肉やお好み焼きも?【Nスタ解説】
  7. 最大10連休、今年のGWは島根が人気 お得な割引に、混雑を避けた楽しみ方も【Nスタ解説】
  8. 【速報】日大ダンスサークルの男子学生(20)がビルから転落し死亡 違法薬物を転落前に使用していた可能性も 東京・上野
  9. 円安154円40銭まで一気に進む また34年ぶりの円安水準を更新 FRBの利下げ時期がさらに後ずれするとの観測広がる
  10. イランからの報復攻撃うけ駐日イスラエル大使が記者会見 「イランの攻撃に対する自衛権がある」
  11. ガザから目をそらす思惑も?緊迫するイランとイスラエル…中東で何が? ネタニヤフ政権を支える右派からは“過激な声”【Nスタ解説】
  12. 【速報】1ドル=154円を突破 34年ぶりの円安水準をまた更新 きっかけは米国3月「小売売上高」発表