盛山文科大臣と旧統一教会めぐり 選挙で“推薦状” 同席者が証言「覚えていないのはおかしい」 “電話かけ”「多い日は200件ぐらい」

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-02-12 18:50

盛山文部科学大臣が旧統一教会側から選挙の支援を受けていたとされる問題で、教団の関連団体から盛山大臣に推薦状が手渡された場に同席していた教団関係者がJNNの取材に応じました。関係者が語る盛山大臣への支援とは。

【動画】盛山文科大臣と旧統一教会めぐり 選挙で“推薦状” 同席者が証言「覚えていないのはおかしい」 “電話かけ”「多い日は200件ぐらい」

旧統一教会関連団体 関係者の男性
「盛山先生と写真を撮った瞬間。国会に押し上げると決意が固まった瞬間」

これは、2021年の衆院選の前に、盛山文科大臣が旧統一教会の関連団体から「推薦状」を受け取ったとされる際の写真です。盛山大臣の隣に写っている関連団体の関係者の男性がきょう取材に応じました。

旧統一教会関連団体 関係者の男性
「本当に憤りと言いますか、そういう感情がわいてきたのが事実」

盛山正仁文部科学大臣(8日)
「全然 記憶にございません!」

盛山大臣は、2021年の衆院選の際に旧統一教会の関連団体の会合に出席していたと報じられ、先週、当初は「記憶にない」とし、その後、「薄々思い出してきた」などと説明してきました。

ただ、男性はこう話します。

旧統一教会関連団体 関係者の男性
「私は10回以上会っている。向こうはお世話になっていますとハグまでしてきましたからね。(盛山大臣は)『平和連合は安全保障を頑張っている』と言ったので、きちんと認識してもらっていると。覚えていないというのはおかしいと思っているんですよ」

男性によりますと、盛山大臣は衆院選の公示前、“教団側が掲げる政策に賛同する”と書かれた推薦確認書に署名。その後、団体側から推薦状を受け取ったということです。

旧統一教会関連団体 関係者の男性
「推薦確認書を本人の前に出して、こういう内容をご理解いただいたらサインしてくださいと。サインを受けて(選挙)応援しますっていうことで、皆スイッチが入った。応援しようと」

こちらの旧統一教会の女性信者2人は、盛山大臣の選挙応援のために「電話かけを行っていた」と証言しました。

衆院選で電話かけをした 旧統一教会の信者
「本当に頑張った日があって、多い時は200(件)ぐらいはかけていたと思います」

信者のべ20人ほどが盛山大臣の「後援会」を名乗って、有権者に電話で支援や投票を呼びかけたといいます。

衆院選で電話かけをした 旧統一教会の信者
「『選挙を突破してほしい』という思いがとても強かったので、それを支えに頑張っていた」

この選挙では盛山大臣は選挙区で敗れたものの、比例で復活当選しました。

女性たちは、盛山大臣の対応について―

衆院選で電話かけをした 旧統一教会の信者
「ちょっと腹立たしいですね。腹立たしいし、そんなわけないと思っている」

大きく見解が食い違う、盛山大臣と3人の証言。波紋はさらに広がりそうです。