ノーズワークのトレーニングが犬の認知機能に及ぼす影響【研究結果】

トレーニングのタイプは犬の認知機能に違う影響を及ぼすのだろうかという研究の結果が発表されました。一般の飼い主さんも知っておきたい内容です。

違うタイプのトレーニングは犬の認知機能に影響するだろうか?

アジリティをする犬

犬はトレーニングの経験によって、認知機能が高まることは過去の研究からわかっています。しかしこれらの研究は、高度なトレーニングを受けた職業犬やスポーツ犬と、トレーニング未経験の家庭犬との比較が中心となっていました。

一方、トレーニングのタイプが犬の認知機能に及ぼす影響の違いについては、ほとんど研究がありませんでした。

この点について、イギリスのアベリストウィス大学生命科学部とドッグトレーニングの会社パピープラスの研究チームが、違うタイプのトレーニングを受けた犬に2種類のテストを実施し、その結果が発表されました。

3種類のトレーニング経験をテストで比較

オビディエンス訓練中の犬と女性

テストへの参加者は地元のドッグトレーナーや、ドッグコミュニティが運営するソーシャルメディアを通じて募集されました。

応募者の中から40頭の犬がテストに参加しました。40頭のトレーニング経験の内訳は、トレーニング経験なし4頭、オビディエンス(服従訓練)17頭、ノーズワーク(嗅覚訓練)11頭、アジリティ8頭です。

3種のトレーニングは飼い主が参加する最も一般的なものとして選ばれ、参加犬は競技会レベルのトレーニングを受けた犬たちです。

犬たちはテストのためのトレーニングを終えた後に、2種類のテストを受けました。

最初のテストは、うつ伏せに並べられたABC3つのカップがあり、犬の目の前でBまたはCのカップにトリーツを入れ、リリースされた犬がトリーツの入ったカップにたどり着くかどうかというものです。

ただし、トレーニング段階では常にAのカップの下にトリーツが入っており、犬はトリーツが入っているのはAのカップだと学習しています。この学習の記憶を抑制して、目の前で見た正しいカップにたどり着けるかどうかがポイントです。

もうひとつのテストは、トリーツの入ったボウルの前に透明な板を立ててバリアを作り、犬はバリアを迂回してトリーツにたどり着けるかどうかというものです。トレーニング段階ではバリアなしで、犬はボウルの中のトリーツを食べてもよいことを学習しています。

ノーズワークの経験犬はテストの成績が高かった

犬の鼻先のクローズアップ

2つのテストの結果は、両方においてノーズワークのトレーニングを受けた犬たちが有意に良い成績を出しました。

この結果は、ノーズワークのタスクは犬の自立性と、周囲の環境に惑わされない抑制能力が求められるからだと研究者は考えています。

匂いを辿って目標に辿り着くというタスクは、ハンドラーに依存することなく犬が自分で考えて行動を選択する必要があるため、自立性と抑制能力が鍛えられます。

一方、アジリティやオビディエンスでは、犬は複数の異なる行動を求められるため、次にどの行動を取るべきなのかはハンドラーの合図に頼ることになります。そのため、自主的に考えて行動しなくてはならないテストの結果に違いが出たのではないかと考えられます。

ノーズワークのトレーニングが犬の認知機能に良い影響を及ぼすということは、嗅覚を使った活動は犬の脳に刺激を与えることを示しています。また過去の別の研究では、ノーズワークのトレーニングは犬の思考を楽天的な傾向にすることもわかっています。

競技会のレベルとは言わずとも、自宅でフードやトリーツを隠して犬が自主的に探すという遊びだけでも犬の脳と精神に良い刺激を与えることができるので、ぜひ取り入れたいものです。

まとめ

ノーズワークトレーニング中の犬

ノーズワーク、アジリティ、オビディエンスの3つの違うトレーニング経験を持つ犬たちが認知機能テストを受けた結果、ノーズワークを経験した犬の成績が有意に高かったという結果をご紹介しました。

研究者は、今後は違うタイプのタスクにおいてもトレーニング経験が影響を与えるのかどうか、長期的な研究を行なうことでトレーニング経験による認知機能が時間とともにどのように変化するのかなどについて、さらに研究を進めていくとのことです。

《参考URL》
https://doi.org/10.3390/ani14030428

関連記事

犬は再会を毎回喜んでくれている!きちんと触れて応えてあげよう
愛犬を長生きさせる10の秘訣!
犬が積もった雪にジャンプしたら…お見事過ぎる『跡』に1万2000いいね「ウサギにも見える」「残しておきたい」と大絶賛の声
犬が『信用していない人』にする行動4選
『思ってたのと違う』犬と一緒に椅子に座った結果…予想外のかわいい展開が346万再生「姿勢よくなりそう」「天使」と絶賛の声

  1. 男子110mハードル泉谷駿介が13秒17でパリ五輪参加標準記録を突破 2大会連続の五輪出場内定【DL廈門大会】
  2. 「ネタニヤフ氏は極右政党の奴隷のよう」イランと対立するイスラエルの内情【報道特集】
  3. 車いすバスケ女子日本代表、パリパラリンピック出場決定!「パリではメダルを取ります」岩野博HC絶叫
  4. 猫が『恐怖の逆さ吊りおじさん』を見たら…明らかに動揺してる姿が面白すぎると58万7000再生「警戒してて笑う」「ホラーで草」
  5. 猫が『ありがとう』と感謝してくれている4つのサイン どんなときに見られることが多い?
  6. 『体臭が強い』といわれている犬種6選 愛犬の体が臭いときにできる対処法をご紹介
  7. 猫は意外と騒がしい?『よくある騒音トラブル』3つ ご近所迷惑にならないために取るべき対策
  8. 犬にとって『危険な観葉植物』5つ 食べると命に関わることも…部屋に絶対置いてはいけない理由とは
  9. 猫が赤ちゃんと『添い寝』した結果…最高の表情を見せる様子が尊すぎると37万1000再生「何時までも続いて欲しい」と反響
  10. スマホを放置していたら…まさかの『犬が自撮りをする光景』に3万7000いいねの大反響「カメラガン見で草」「ビデオ通話してる気分w」
  1. キリンビール工場で男性作業員が「コーンスターチ」に埋もれているのが見つかり、その後死亡 茨城・取手市
  2. 【訃報】歌手・俳優の佐川満男さんに 歌手で元妻の伊東ゆかりさんが追悼「娘と3人で歌いたかった」
  3. 【ローソン「ご褒美スティックケーキぷっくりクリーム&いちご」実食レビュー】ジョブチューン2024年4月20日放送に登場の新商品
  4. 藤井聡太八冠、タイトル戦での連勝ストップ 「叡王戦」五番勝負 第2局 伊藤匠七段が勝利
  5. 飲食店で「ウエルシュ菌」集団食中毒発生 食事をした61人中40人が発症 店舗は営業停止処分
  6. 「TSUTAYA BOOKSTORE」北京に初出店 3000人の枠が受付開始日に埋まる 質の高いモノや時間の過ごし方に価値を見出す新たな消費の形
  7. リレー侍が始動 !「パリ五輪で金メダルを」 2走はチーム最年少・栁田大輝、アンカーのサニブラウンは現地合流【世界リレー】
  8. 【訃報】歌手・俳優の佐川満男さん(84)死去 1961年「背広姿の渡り鳥」で紅白出場 近年は映画「あまろっく」に出演
  9. 【ジョブチューン紹介メニュー】ローソン「濃厚たまごのカスタードクッキーシュー」実食レビュー【2024年4月20日放送】
  10. ごはんをもらうヤマアラシ達がかわいい!!針を畳んで懐いている姿がよくわかる
  11. 車いすバスケ女子日本代表、パリパラリンピック出場権獲得!最終予選でオーストラリアに快勝、 自力での出場は16年ぶりの快挙
  12. 車いすバスケ女子日本代表、パリパラリンピック出場決定!「パリではメダルを取ります」岩野博HC絶叫