【2月22日は猫の日♪】そもそも誰が決めたの?愛猫と楽しく1日を過ごすアイデアも

毎年やってくる「猫の日」!記念日の由来や意味を知ることで、一層楽しい時間になります。本記事では、猫の日の由来から愛猫との1日の楽しみ方まで、たっぷりとご紹介していきます。皆さんもぜひ一緒に、猫の日を盛り上げていきませんか?

そもそも猫の日は誰が決めたの?

飼い主に視線をおくる猫

「猫の日」は、猫の日実行委員会と一般社団法人ペットフード協会(旧:ペットフード工業会)の協力により決定しました。

1987年に決定したそうで、決定してから30年以上経過しており、想像以上に古い歴史があることに驚きませんか?

猫の日実行委員会は、英文学者の柳瀬尚紀さんをはじめ、たくさんの文化人で構成されていたそうですが、その古い歴史ゆえ、詳細をたどることができませんでした。

「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という趣旨が込められており、猫の鳴き声「にゃん」が3回続く語呂合わせが由来になっているのだとか!

今では猫の日はすっかり定着し、毎年2月には、猫に関連したイベントの開催やグッズの販売がされています。

SNSでも驚異的な盛り上がりをみせており、いかに猫が多くの人たちに愛されているか、よくわかりますね。

愛猫と1日楽しく過ごすアイデアとは?

うれしそうに遊ぶ猫

アルバムを作ってみる

愛猫と過ごしてきたかけがえのない日々を振り返りながら、撮りだめた写真をアルバムとしてかたちにしてみませんか?

アルバムは、スマートフォンのアプリから作成するか、好きな写真を印刷して1から手作りする方法がありますが、アプリの場合は、完成品が後日発送されるのを楽しみに待ちましょう。

ちょっと贅沢なおやつをあげる

普段の愛猫の好みの味や形状(ピューレ状やドライタイプなど)から、飼い主さん目線でじっくり選んだ、いつもよりちょっといいおやつをあげてみるのはいかがですか?

普段食べたことがない新しい味に出会えたら、愛猫たちも気分が変わって喜ぶかも。

ちなみに筆者は、小袋に入った少量タイプのおやつに贅沢なイメージがあります…!

いつもより時間をかけて遊ぶ

普段は仕事などで時間が取れないという方も、遊ぶ時間をたくさんつくってあげてください。

お気に入りのおもちゃで遊ぶだけでも喜ばれますが、もし古くなってきていたり興味が薄れてきていたりするのであれば、新調してプレゼントするのもサプライズになりそうです。

やさしくマッサージをする

いつも癒してくれている愛猫に感謝し、首の下や顔周りをやさしくマッサージし、リラックスさせてあげましょう。

遊び疲れた後にマッサージしてあげるのがオススメです。血行が良くなるなど体のためになるのはもちろん、愛猫との良いスキンシップになるでしょう。

まとめ

くっついて眠る猫

1987年に記念日化された「猫の日」は、猫の日実行委員会と一般社団法人ペットフード協会(旧:ペットフード工業会)の協力のもと決定にいたりました。

2月22日は、猫の鳴き声「にゃん」が3回続く語呂合わせが由来なのだそうです。

今ではすっかり記念日として定着しており、猫の愛されっぷりを感じませんか?

そんな猫の日は、普段の過ごし方にプラスしたシンプルな取り組みで、愛猫のハートをつかみましょう!

アルバムを作ってみても、よい記念になりそうです。

猫の日に込められた「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という趣旨を大切に、愛猫との楽しい1日をお過ごしください。

関連記事

猫が嬉しい!と感じている時の4つの仕草
嫌いな人に見せる猫の10の態度
猫が寂しかった時にする5つのサイン
猫が乗ってくる5つの理由とその心理
猫用に段ボールで「モグラたたき」作成した結果→『アイデアすごすぎ』『可愛いの大渋滞』と平和に遊ぶ光景に絶賛の声続々

  1. イスラエルへのイラン報復攻撃 反撃の懸念など緊張続く 国際社会から非難の声相次ぐも、ハマス「イランの当然の権利」、ロシアはイランに一定の理解示す
  2. 「エンジンルームから煙が…」釣り船が炎上 5人全員救助 油の流出はなし 広島・呉市沖
  3. 犬は亡くなる直前に『飼い主から離れたがる』って本当?考えられる5つの理由とは
  4. 猫がお外から帰ってくると…心配しすぎた柴犬の『ボディチェック』に182万再生の大反響「まるで旦那さんとママさん」「優しい世界」
  5. 外務省 イランへの渡航中止を呼びかけ イスラエルによる報復攻撃で
  6. 秋元康プロデュース『WHITE SCORPION』 ファンとのボウリング大会開催発表! 5月はイベントに続々登場!!
  7. ウクライナもイランによるイスラエルへの報復攻撃を非難 ゼレンスキー大統領「イランの行動は世界を脅かす」
  8. 倉田真由美さん 「夫がいなくなってから初めて夫の夢を見た」「忘れないように」 夫・叶井俊太郎さんが現れた「夢」について明かす
  9. 超大型犬が『赤ちゃんに初めて名前を呼ばれた』瞬間…まさかの反応が84万再生「タイミング悪いw」「聞いてなくて草」と爆笑の声続々
  10. 中国・天津の伊勢丹が14日閉店 ネット通販普及などで百貨店逆風
  11. 「すべての当事者に自制求める」ロシア外務省が声明 イランの立場に“一定の理解”も
  12. パパとママから同時に手を差し出された赤ちゃん。どちらの手を取るか選びきれず、困ってしまい・・・。その後浮かべた表情にご注目!!