ステージ4【下咽頭がん】 見栄晴さん 「味覚が無くなり始め」たことを明かす 放射線治療の影響で

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-02-22 11:06
ステージ4【下咽頭がん】 見栄晴さん 「味覚が無くなり始め」たことを明かす 放射線治療の影響で

ステージ4の「下咽頭がん」の診断を受け、芸能活動の休止を発表したタレントの見栄晴さんが、自身のインスタグラムを更新し、放射線治療の影響で「味覚が無くなり始め」たことを明かしました。

【写真を見る】ステージ4【下咽頭がん】 見栄晴さん 「味覚が無くなり始め」たことを明かす 放射線治療の影響で

見栄晴さんは「味覚が⁉️」と、書き出すと「先週から味覚が無くなり始め、今は辛うじて甘味と酸味は感じてます!」と、投稿。

続けて「聞くと放射線治療を受ける場所によっても違うそうですが、僕の様に喉だとほぼ味覚障害が起こるそうです 治療が終わると徐々に味覚は回復するそうですが…」と、記しました。

見栄晴さんは「なので今は味を感じる甘い物やデザートが楽しみに 最近のお気にはセブンイレブンの『とろける杏仁豆腐』」と綴ると、デザートをほおばる写真をアップし「滑らかでのど越しが良く、味もコクがあるのにサッパリ?! 絶妙なバランスでツルん‼️っと喉に負担なく入ってくれます♫今の俺には最高のデザートです」と、明かしました。

そして「でもデザートばかりでは体重維持できないので、先生に『頑張って食べてネ!』と、入門したばかりのお相撲さんの様に言われました 食べる事を苦痛に思わず、何だと味を少しでも感じて食べられるか?? 探しながら楽しんで食べられればと思っています!」と、その思いを綴っています。

1月・所属事務所の公式サイトでは、「この度、弊社所属タレント 見栄晴が『下咽頭がん』と診断を受けました。」「活動を休止し、治療に専念することとなりましたのでご報告いたします。」「幸い、患部以外に問題はなく、日常生活に支障はございません。ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。一日でも早く皆様に元気な姿をお見せできるよう、完治を目指してまいります。温かく見守っていただけますと幸いです。」と、公表。

また、今月には自身のインスタグラムで、見栄晴さんは「通院で放射線治療頑張ります」と、報告していました。

【担当:芸能情報ステーション】