犬と暮らせば【第426話】「本当は怖いバレンタインデー」

【…★木曜更新★…】ある日、不思議な地球生物「イヌ」と出会い、それまでの暮らしも価値観も何もかも変わった私。バレンタインデーは終わったけど、もらったり買ったりしたチョコレートはまだお家にあると思う。

犬と暮らせば【第426話】

歪んだ知識の犬。というか、エマも私も出てこないシュールな回になってしまった。笑

犬にとって危険なのはチョコレートに含まれている「テオブロミン」と「カフェイン」だそうです。カカオ含有量の多いビターチョコほど危険度が増すと言われています。

以前、お酒と合わせるために100パーセントカカオのタブレット(板チョコ)を買ったことがあります。もはや菓子というより甘みのないココアパウダーをギュッと固めたような刺激的な食べ物でした。カカオのスパイシーさと酸味があり、スコッチによく合いました。

しかしこの100%カカオが曲者で、ミルクチョコレートなどに比べると「テオブロミン」も「カフェイン」も桁違いに含まれているため、犬には猛毒になるわけです。つまり、落としたらヤバい…!ちょっとした緊張感がセットのチョコレートでした。

リキュール(お酒)の入ったチョコ、ナッツ、レーズンの入ったものなども犬にはかなり危険です。犬にとってこんなに危険なものを人間は食べるというフシギ。

関連記事

犬が飼い主に『文句』を言っている時にする態度や仕草5選
犬をスマホで撮る時に絶対してはいけないNG行為4選
犬が飼い主に『頭をこすりつける時』の心理5選
愛犬がわがままになる4つの甘やかし行為
毛が抜けない犬種おすすめ人気ランキング!小型犬や中型犬・大型犬まで