犬のお散歩コースは毎回変えるべき?同じコースを歩いたほうがいいの?

犬のお散歩コースは、毎日同じコースを使っていると(もしかしたら時々は違うコースの方が…?)と不安になる方もいるかもしれません。しかし、お散歩コースは毎日変えなくても大丈夫な場合もありますが、それぞれ犬によってベストなお散歩方法は異なります。そこで今回は、犬のお散歩コースについて解説します。

犬のお散歩コースは毎回変えるべき?

散歩中のジャックラッセルテリア

犬のお散歩コースは、「毎日変えるべき」「たまに変えるべき」「毎日同じコースを歩いた方がいい」など、様々です。

犬の性格や好みによって変わりますし、年齢や健康状態によっても変わります。お散歩コースを変えるべきかそうでないかの判断は、犬によって異なるのです。

ぜひ今回の記事を参考にしながら愛犬の様子をじっくり確認した上で、お散歩コースをどうすべきかについて検討されることをおすすめします。

今回は、犬のお散歩コースを「毎日変えた方がいい場合」「たまに変える程度でいい場合」「変えない方がいい場合」などそれぞれの状況に応じて解説しますので、ぜひ参考になさってくださいね。

お散歩コースを毎日変えた方がいい場合

散歩中のトイプードル

まずは犬の「お散歩コースを毎日変えた方がいい場合」について解説します。愛犬が該当するかどうか、確認してみてくださいね。

他人や他犬に吠えてしまう

お散歩中、他人や他犬に吠えてしまう犬は、コースを毎日変えた方がいい場合があります。

毎日同じコースでは、すれ違う他人や他犬もだいたい同じなのではないでしょうか。よくすれ違う他人や他犬に対する吠え方と、初めてすれ違う他人や他犬に対する吠え方が違う、と感じたことはありませんか?

いつもと同じ他人や他犬から受ける刺激と、初めての他人や他犬から受ける刺激とでは大きく違います。不安や緊張や恐怖はより大きくなり、激しく吠えて威嚇することがあるのです。

どんな刺激にも平常心を保つことができるようにするためのトレーニングの一環として、お散歩コースを毎日変えてみるという方法を試してみてください。

お散歩コースを変えることには、すれ違う他人や他犬の違いだけではなく、目にするものも変わりますし、においも変わります。新しい刺激を受け、新しいことを学び、社会への適応力も向上すると思います。

運動の量と強度を必要とする

運動の量と強度を必要とする犬は、コースを毎日変えた方がいい場合があります。

体の大きさはあまり関係ありません。超小型犬でも運動の量と強度を必要とする犬もいますし、大型犬でも運動の量と強度をあまり必要としない犬もいます。

運動が大好きで体力もあり、健康状態が良好なのであれば、お散歩コースを変えることで、毎日の運動の量や強度を変えてあげることで、満足のできるお散歩になると思います。

犬も飼い主も膝や腰を痛めるなどする可能性がありますので、いきなり運動の量や強度を変えることはおすすめしませんが、まずはゆるやかな上り坂や下り坂のあるコースにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

初めは、上り坂や下り坂を探し歩くだけでも、毎日のお散歩コースに変化を出すことができます。

注意点としては、運動の強度を上げるためにと、階段の上り下りをさせることはおすすめしません。犬が階段を踏み外したり、怪我をしたり、関節を痛めるなどする恐れがあるためです。

お散歩はたまに変える程度でいい場合

ビーグルとジャックラッセルテリアの挨拶

お散歩中、体を動かすことだけではなく、親しい他人や他犬とのスキンシップやコミュニケーションを楽しみにしている犬もいます。

コースが変わることで、その楽しみを奪ってしまうことがあります。

しかし、お散歩コースを変えることで、また新しい出会いもあります。たまに変えてみて、愛犬との相性のいいお友達を見つけてあげるのもよいのではないでしょうか。

お散歩コースは変えない方がいい場合

地面を嗅ぐ柴犬

お散歩コースが変わることで、強い不安・緊張・恐怖を感じ、ストレスになってしまう犬がいます。実は、我が家の愛犬がそうなんです。

いつものお散歩コースでは何の問題もなく歩くことができるのですが、コースを変えると他人や他犬に吠えてしまったり、パニックを起こして走り出してしまったりすることがあるんです。

いつものお散歩コースでは、嬉しそうにしっぽを高く上げ、私より少し先を歩きます。コースを変えるとしっぽは下がり、私の少し後ろを歩きます。不安な様子がすくに分かる仕草や行動ですよね。

(退屈していないかな?)(つまらないお散歩になっていないかな?)(たまにはコースを変えてあげたいけど…)と思われる場合には、いつものお散歩コースを逆回りに歩いてみてください。それだけでもよい刺激になると思います。

まとめ

散歩中の茶の垂れ耳の犬

愛犬と毎日歩くお散歩コースだからこそ、安全であることが第一です。

ちょっとお散歩コースを変えただけなのに、(こっちにはタバコの吸い殻が点々と落ちてるんだな)とか、(お散歩する犬が多くてすれ違うのはちょっと不安かも…)などと感じることもあります。

飼い主が不安に感じるお散歩コースは、愛犬も同じように不安になります。

いきなりガラリと変えるのではなく、少しずつ変えてみて、愛犬にとって安全なお散歩コースを開拓してみてはいかがでしょうか。

関連記事

犬が顔をなめる本当の理由とは?愛情表現だけじゃない?!
犬2匹をドッグランに連れていったら…まさかの『強制退場』となる光景が16万再生「笑いと癒しをありがとう」「なぜ頭に笑」と爆笑の声
犬が布団に入りたがる5つの理由
犬が飼い主にお尻をぶつけてくる理由とは?5つの心理を解説
愛犬がわがままになる4つの甘やかし行為

  1. 円安154円40銭まで一気に進む また34年ぶりの円安水準を更新 FRBの利下げ時期がさらに後ずれするとの観測広がる
  2. 【速報】堀江容疑者自宅に家宅捜索 日本橋高島屋“1000万円超の純金茶わん”窃盗事件 警視庁
  3. 歴史的円安背景にインバウンド絶好調 百貨店は軒並み“過去最高”記録づくめの決算に
  4. 「セーラームーン」にご当地グルメなど「デザインマンホール」急増 マニア熱狂のイベントでは熱々“マンホール”で焼肉やお好み焼きも?【Nスタ解説】
  5. 最大10連休、今年のGWは島根が人気 お得な割引に、混雑を避けた楽しみ方も【Nスタ解説】
  6. ガザから目をそらす思惑も?緊迫するイランとイスラエル…中東で何が? ネタニヤフ政権を支える右派からは“過激な声”【Nスタ解説】
  7. 上海での第89回CMEFが世界の医療機器貿易を次のレベルに引き上げる
  8. 水原一平容疑者から“口裏合わせ”依頼され大谷選手は拒否か 保釈金“ゼロ”で即日保釈…条件は?【Nスタ解説】
  9. 【速報】1ドル=154円を突破 34年ぶりの円安水準をまた更新 きっかけは米国3月「小売売上高」発表
  10. 4月なのに新潟で32度超え、季節外れの暑さに注意! エアコンの「試運転」はお早めに【Nスタ解説】
  1. 【速報】堀江容疑者自宅に家宅捜索 日本橋高島屋“1000万円超の純金茶わん”窃盗事件 警視庁
  2. 【速報】日大ダンスサークルの男子学生(20)がビルから転落し死亡 違法薬物を転落前に使用していた可能性も 東京・上野
  3. 水原一平容疑者から“口裏合わせ”依頼され大谷選手は拒否か 保釈金“ゼロ”で即日保釈…条件は?【Nスタ解説】
  4. 世田谷など各地に謎の「エビチリ」落書き「爆発的に増えている」誰が?なんの目的で?現場を取材するとあちこちで発見
  5. 「扉が開かない」低圧室の中から従業員が通報していたこと判明 競輪・渡辺藤男選手(57)の意識戻らず
  6. 声優・上原あかりさんが結婚と妊娠を報告 「出産は9月を予定しております」
  7. 「子育て中の議員活動、8割近い困難が解決せず」超党派の地方議員らが岸田総理にガイドライン策定など求める要望書提出
  8. 水産高校に68歳“元船長”の新入生…担任は息子と同世代? 休み時間は質問攻め「給料は?」「テスト範囲は?」【ゲキ推しさん】
  9. 【蛙亭】イワクラさん フィッシング詐欺メールに怒り 「詐欺師消えろよまじで」「なんも疑わず払いそうになった」
  10. 機械式駐車場で作業中の男性作業員が機械に頭挟まれ転落し死亡 東京・品川区 警視庁
  11. シンガポール 約20年ぶりに首相交代へ 後任には副首相を指名
  12. “女性皇族が婚姻後も残る案”と“養子縁組可能とする案”は「妥当」 月内に自民党の考えまとめる