犬が突然言うことを聞かなくなった…なぜ?5つの原因とそれぞれの対処法とは

しっかりしつけやトレーニングしたはずなのに愛犬が突然言うことを聞かなくなった…と困った経験はありませんか。実はこの場合、考えうる理由がいくつか存在します。この記事では、犬が突然言うことを聞かなくなった場合の原因と対処法についてご紹介します。

犬が突然言うことを聞かなくなった場合の原因と対処法

お手を拒否する柴犬

犬は賢く褒められることが大好きな動物なので、しつけやトレーニングも前向きに取り組みます。『教える→褒める』という行動を繰り返すことにより、犬は好循環でどんどん吸収して頑張ってくれます。

しかし、初めは出来ていたのに突然指示に従わなくなった、というケースもあります。それまで順調だったのに…と頭を抱えたくなりますよね。

そこで今回は、犬が突然言うことを聞かなくなった場合の原因について解説します。対処法も合わせて紹介しますので、ぜひ確認してみてくださいね。

1.指示の意味が分からない

ご存じのとおり、犬は人間の言葉を話すことはできませんので、会話で理解してもらうことは不可能です。しかし、人間の言葉を話せないだけで、聞いて言葉を覚えることはできます。そのため、しつけの際には短い単語を教えるのが鉄則です。

「まて」「おいで」などのコマンドも、犬がこの言葉を覚えていなければただの音となってしまいます。褒め言葉としてよく使われる「いい子」「お利口」も同じです。犬は褒められて学習意欲が涌く動物なのでモチベーションもあがりません。

今までできていたのに突然できなくなる原因として、覚えた言葉を忘れてしまった可能性もあります。言葉を定着させるためには何度も繰り返し、定期的に復習することがポイントです。言葉と行動が結びついてこそ、コマンドを理解できるのです。

2.混乱している

犬は言葉を覚えることはできますが、意味までは分かりません。

例えば「おいで」と言われて飼い主さんのもとへ行ったら褒められた、という経験を繰り返すことで「おいで=飼い主さんの側へ行くこと」と結びつけて学習します。

そのため、「来い」「come」など言葉を変えてしまったり、「おーいーでー」「おいでおいで」とニュアンスを変えるだけでも犬は混乱します。人間は全て同じ意味だと理解できますが、犬に理解させるのはとても難しいでしょう。

対処法は、「コマンドを統一すること」です。ひとつの動作に対しコマンドはひとつにしましょう。短くはっきりと言うこともポイントです。家族間でコマンドが異なること場合もありますので統一してください。

3.興奮・集中している

ひっぱるおもちゃを離そうとしない犬

夢中でおもちゃ遊びをしていたり、熱心に外の景色を見ている最中には言うことを聞きたくない、というケースもあります。

普段はきちんと反応を示すのに、何かに集中していると名前を呼んでも無視されたり、時には反抗的な態度を取られる、という経験もあるのではないでしょうか。

言うことを聞かないから、と集中していることを無理にやめさせるのは控えてください。犬にとって、すべてを飼い主さん主導で行うことが、一概にいいとは言えません。

このようなときは、愛犬の気持ちが落ち着くまで待ってあげましょう。度々名前を呼んで、愛犬の意識を飼い主さんに向けさせることも有効です。

4.過剰に甘やかしている

愛犬が可愛いのは飼い主さん共通の思いですが、過剰に甘やかしたり構い過ぎたりしていませんか。

これも、犬が言うことを聞かなくなる原因のひとつです。おねだりされて「我慢させるのは可哀想」とすべての要求に応えていないでしょうか。

犬は群れで暮らしていた名残から、信頼するリーダーに従順です。甘やかしすぎると犬は「自分の方が偉いんだ」と、本来リーダーであるべき飼い主さんよりも優位性を感じてしまいます。そうなると「言うことを聞かなくてもよい」と勘違いしてしまいます。

心当たりがある場合は普段の愛犬との関係を見直してみましょう。おねだりされても「後でね」と声をかける、おやつも言われるままに与えない、など日常の中で実践できることは数多くあります。

5.年齢によるもの

犬にも反抗期があり、「生後半年~1歳頃」と言われています。言うことを聞かない反抗的な態度をとったり、中には飼い主さんを試すような行動をする犬もいます。

ただし、すべての犬が反抗期になるわけではありません。なったとしても、年齢とともに落ち着く場合が大半です。

こちらの対処法として、まずは基本的なしつけを再徹底してください。「コマンドは統一されているか」「一貫した態度で接しているか」など、家族間でも確認しましょう。

また、この時期の犬に必要以上に叱ってしまうと、せっかく築いた関係性が崩れてしまう恐れがありますので、くれぐれも寛容な気持ちで接してください。

反対に、年を重ねたシニア犬は、視力や聴力が低下することにより総じて反応が鈍くなります。飼い主さんの呼びかけや指示に反応がない、鈍い場合は、状況や愛犬の様子を見て臨機応変に対応してあげましょう。

まとめ

首を傾げる犬

今回は、犬が突然言うことを聞かなくなった場合の原因と対処法について解説しました。

愛犬が言うことを聞くかどうかは、大前提として飼い主さんとの関係性が挙げられます。日ごろからコミュニケーションをとり、無理強いすることなく、愛犬の気持ちに寄り添って接することがとても大切です。

まずは、愛犬が楽しんで学習できるような環境を整えてあげましょう。犬は学ぶことが大好きな動物です。飼い主さんに褒められるとさらにモチベーションがあがります。一緒に楽しみながら取り組んで下さいね。

関連記事

犬を雪の上に降ろしてみたら…どうしたらいいかわからず困っている姿がかわいすぎると4万6000人悶絶「雪の妖精さんみたい」と絶賛の声
犬に『お出かけする?』と聞いてみた結果…喜びが溢れ出ちゃう姿が最上級に可愛いと181万再生「言葉理解してる」「お返事の仕方笑」
犬に依存してしまう人が持つ5つの特徴
犬がクーンと鳴く時の心理とは?
『家族と一緒に寝る場所がない犬』がとった行動…あざとすぎる可愛い光景に4万6000いいね集まる「尊い」「大好きなんですね」の声

  1. イスラエルへのイラン報復攻撃 反撃の懸念など緊張続く 国際社会から非難の声相次ぐも、ハマス「イランの当然の権利」、ロシアはイランに一定の理解示す
  2. 「エンジンルームから煙が…」釣り船が炎上 5人全員救助 油の流出はなし 広島・呉市沖
  3. 犬は亡くなる直前に『飼い主から離れたがる』って本当?考えられる5つの理由とは
  4. 猫がお外から帰ってくると…心配しすぎた柴犬の『ボディチェック』に182万再生の大反響「まるで旦那さんとママさん」「優しい世界」
  5. 外務省 イランへの渡航中止を呼びかけ イスラエルによる報復攻撃で
  6. 秋元康プロデュース『WHITE SCORPION』 ファンとのボウリング大会開催発表! 5月はイベントに続々登場!!
  7. ウクライナもイランによるイスラエルへの報復攻撃を非難 ゼレンスキー大統領「イランの行動は世界を脅かす」
  8. 倉田真由美さん 「夫がいなくなってから初めて夫の夢を見た」「忘れないように」 夫・叶井俊太郎さんが現れた「夢」について明かす
  9. 超大型犬が『赤ちゃんに初めて名前を呼ばれた』瞬間…まさかの反応が84万再生「タイミング悪いw」「聞いてなくて草」と爆笑の声続々
  10. 中国・天津の伊勢丹が14日閉店 ネット通販普及などで百貨店逆風
  11. 「すべての当事者に自制求める」ロシア外務省が声明 イランの立場に“一定の理解”も
  12. パパとママから同時に手を差し出された赤ちゃん。どちらの手を取るか選びきれず、困ってしまい・・・。その後浮かべた表情にご注目!!