猫に嫌われちゃう『ダメな話し方』4つ せっかくの愛情もこれでは猫に伝わらない?

猫の飼い主であれば、可愛い愛猫とのコミュニケーションは積極的に取りたいと思うのが当然です。しかし話しかけたものの猫に逃げられたり、威嚇されてしまったりといった経験をした人もいるのではないでしょうか?その原因はさまざまですが、飼い主の「話し方」が原因であるかもしれません。そこで今回は、猫に嫌われててしまうかもしれない「ダメな話し方」4つと猫との上手な話し方について解説します。猫と暮らす飼い主さん必見の内容です。

猫に嫌われちゃう「ダメな話し方」4つ

猫仲間に話しかけられて嫌そうな顔の猫

1.大きな声で話す

猫は大きな音を苦手とする動物。そのため大きな声で話されると、猫はびっくりして恐怖心や警戒心を抱いてしまうこともあります。

大きいくしゃみや物音にも敏感なため、あまり猫の周りでは騒ぎ立てないようにしましょう。

2.過剰な身振り手振り

猫の注意を引くために、手を振ったり大げさなジェスチャーをしたりする飼い主もいます。しかしこれは猫を怖がらせるだけで、決して効果的な方法ではありません。

むしろ静かに猫の名前を呼んであげるほうがいいです。激しい動作は控え、猫を怖がらせないような話しかけ方を心がけましょう。

3.目をじっと見続ける

人間同士であれば「話すときは目を見なさい」といわれますが、それは猫に対してはNG行動です。

というのも猫界では「目をあわせる=敵対・ケンカを売る」といった意味。飼い主が愛情を伝えたくてずっとアイコンタクトをとり続けるのは、むしろ逆効果になるので注意しましょう。

4.呼び方をコロコロ変える

猫は自分の名前を覚えることができます。しかし話しかけるときに呼び方を毎回変えると、猫が自分の名前を覚えられず、呼びかけに反応しなくなってしまうことも…。

猫が「自分に話しかけられている」と認識しなければ、上手なコミュニケーションはとれません。そのため猫に話しかけるときは、決まった呼び名で呼んであげるのがベストです。

猫と上手にコミュニケーションをとる方法は?

猫と見つめあう、オレンジのコップを持つ女性

猫との上手な話し方のポイントは、次の通りです。

優しい声で話しかける

優しく穏やかな声のトーンで話しかけるのは非常に重要なポイントです。

先にも述べましたが、猫は大きな音が苦手。たとえそれが大好きな飼い主の声であっても、恐怖心をいだきます。

そのため猫に話しかけるときは優しく穏やかな声で、できる限りゆっくりと話すようにしましょう。

猫の反応を見ながら話す

猫は、人間の言葉を理解しているわけではありません。どれだけ愛情を伝えても、猫のなかでは「?」であることがほとんど…。

そのため猫の反応を見ながら、話をするのが大切です。

たとえば猫が耳を伏せてしまったり、目をそらしてしまったりしたら猫が嫌がっている可能性があるので、話をやめて猫が落ち着くまで待ってあげましょう。

反対に目を細めながら飼い主を見ていたり、リラックスしている様子であれば話を続けてもいいでしょう。

視線をずらして話す

猫の世界では「注視=ケンカの合図」という話をしましたが、それを避けるために、猫と話すときはあえて目線をずらすのがベター。もし猫が目線を合わせてきても、「見つめあいっこ」はしないよう気を付けましょう!

とはいえずっとほかの方向に視線をやっているのも違和感があるので、ちらちらと猫の目を見るのはOKです。あくまでも「注視」をしないようにすれば、問題ありません。

適度なスキンシップをとる

必ず実践すべきアクションではありませんが、適度にスキンシップをとってみるのもおすすめ。

話しながら猫の好きな場所をなでてあげることで、猫は安心感を得ます。具体的には、首の後ろや、顔(頭頂付近)やあごの下をさするように撫でてあげるのが良いでしょう。

ただし無理強いは禁物。猫の様子を見ながら、猫がリラックスしている時にほどほどにスキンシップをとることがポイントです。

まとめ

撫でられるのが嫌そうなキジトラ猫

今回は猫に嫌われてしまうNGな話のかけ方について解説しましたが、猫に話しかけるときは、次のポイントを意識しましょう。

  • 大きな声は避ける
  • 丁寧で優しい話し方をする
  • 直視しない
  • 猫の反応をうかがう

これらのポイントを意識することで、猫とのコミュニケーションを円滑に進めやすくなります。

関連記事

猫が飼い主に感謝している時にする10の仕草
『おもちゃを運んできた子猫』飼い主に「どうぞ」と渡す姿が可愛いと話題に 31万2000件のいいねが集まる
猫が甘噛みをする6つの理由としつけ方法
猫が『睡眠中の飼い主の枕』を奪った結果……最高に幸せな結末に50万人がほっこり 『癒されたぁ』『ドロップキックされてて草』の声
猫が見つめる理由とは?飼い主をじっと見る9つの心理

  1. 外務省 イランへの渡航中止を呼びかけ イスラエルによる報復攻撃で
  2. ウクライナもイランによるイスラエルへの報復攻撃を非難 ゼレンスキー大統領「イランの行動は世界を脅かす」
  3. 犬は亡くなる直前に『飼い主から離れたがる』って本当?考えられる5つの理由とは
  4. 超大型犬が『赤ちゃんに初めて名前を呼ばれた』瞬間…まさかの反応が84万再生「タイミング悪いw」「聞いてなくて草」と爆笑の声続々
  5. 中国・天津の伊勢丹が14日閉店 ネット通販普及などで百貨店逆風
  6. 「エンジンルームから煙が…」釣り船が炎上 5人全員救助 油の流出はなし 広島・呉市沖
  7. イスラエルへのイラン報復攻撃 反撃の懸念など緊張続く 国際社会から非難の声相次ぐも、ハマス「イランの当然の権利」、ロシアはイランに一定の理解示す
  8. 猫がお外から帰ってくると…心配しすぎた柴犬の『ボディチェック』に182万再生の大反響「まるで旦那さんとママさん」「優しい世界」
  9. 「当日のうちに江東区内の買取店で180万円で売却した」日本橋高島屋“1000万円超の純金茶わん”窃盗事件 都内在住の32歳の男を逮捕 警視庁
  10. 「すべての当事者に自制求める」ロシア外務省が声明 イランの立場に“一定の理解”も
  11. 倉田真由美さん 「夫がいなくなってから初めて夫の夢を見た」「忘れないように」 夫・叶井俊太郎さんが現れた「夢」について明かす
  12. 上原さくらさん 「子宮摘出の内視鏡手術」を決意 「最近の不正出血ヤバすぎて」「大学病院行って手術の予約を取ってきます!」