日経平均株価が最高値更新 『バブル後』という時代が終わっても、未だ実現しない『当たり前』【播摩卓士の経済コラム】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-02-24 14:00
日経平均株価が最高値更新 『バブル後』という時代が終わっても、未だ実現しない『当たり前』【播摩卓士の経済コラム】

思えば、長い、34年でした。日経平均株価の終値が22日、3万9098円となり、ついにバブル期につけた最高値(3万8915円)を更新しました。

【写真を見る】日経平均株価が最高値更新 『バブル後』という時代が終わっても、未だ実現しない『当たり前』【播摩卓士の経済コラム】

当時とは大きく構成銘柄も変った「平均」の株価の数字そのものに大きな意味があるわけではありませんが、それでも「トンネルを抜けた」という意味で時代の節目を象徴する出来事です。

「熱狂」からの「崩壊」

1989年12月29日の大納会の日、東京証券取引所は熱狂に包まれていました。

平均株価は3万8915円で終わり、翌年はどこまで上がるだろうか、と楽観的な見通しが語られる、そんな年の瀬でした。後から振り返れば、それがピークでした。

翌90年には、株価は下落に転じたものの、しばらくは「それまでの急上昇の調整だろう」という見方が大勢だったように思います。

それがいよいよ2万円にまで下がって、ようやく大きな変調であることを認識させられたというのが、正直なところでした。

「バブル崩壊」なんて、その瞬間には、なかなかわからないものです。

その後は金融危機に不良債権問題、デフレの深刻化、リーマン危機、地震災害と、株価は何度も押し戻され、日経平均が7000円にまで下落した場面もありました。

証券関係者の中ですら「生きているうちにバブル期の高値には届かないだろう」と、悲観的な見通しが語られた時もありました。

外国人による期待で株価上昇

この34年間で株価が大きく上昇した局面が、何度かあります。いずれも外国人投資家が日本株を買った時です。

大手金融機関に公的資金が注入された1998年、2003年からの不良債権抜本処理と小泉構造改革の時代、第2次安倍政権下で「アベノミクス」が始まった2013年、そして今回の「デフレ脱却期待」局面といった時です。

2000年代に入って、日本株の最大の保有者は外国人(海外勢)になりました。

だからこそ、外国人が日本経済の変化を理解し、改善が感じられる局面に、株価は上がったのです。

逆に言えば、外国人が理解できない状況では、株価は上がらないというのが、過去34年の経験則です。この点は重要なポイントです。

戦後の奇跡が「日本ムラ」を正当化

バブル期の日本は、「不思議の国ニッポン」でした。

株主は、メインバンクなどの銀行や保険会社といった金融機関、系列や持ち合いによる事業会社が中心で、過半数がそうした「安定株主」でした。

「日本ムラ」にだけ通じる論理で株価が上がった時代です。

日本独自の会計制度をとり続け、今でいうガバナンスは機能しにくい構造でした。

バブルは、戦後日本の経済発展の「奇跡」の到達点でもありました。

東京が焼け野原になってから、わずか23年で世界第2の経済大国になり、約35年で「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とさえ呼ばれるほどの成功を遂げた国でした。

それ故に、当時の多くの人が「『奇跡の国・ニッポン』には、独自のやり方、システムがあるのだ」と信じていたとしても、それは責められることではありません。

「失われた」と呼ばれた30年間は、外から見て「理解不能」と思われたこと、ひとつひとつを、「当たり前」に変えることが迫られた時代だったように思えてなりません。

それは、グローバル経済の時代の必然的な帰結でもありました。

「稼ぐ力」で株価が上がる「当たり前」

過去の株価上昇局面では、経済危機など外的要因によって、最高値更新までには至りませんでした。

今回、株価が最高値を更新したのは、日本企業の稼ぐ力が向上しているからで、それを市場は素直に評価しています。

法人企業統計によれば、1989年に3.7%に過ぎなかった売上高経常利益率は、2023年には7.1%にまで上昇しました。

含み益で株価が上がったバブル時代とは、大きな違いです。

「稼ぐ力」の向上と並んで、配当工場や自社株買いで株主との向き合い方にも大きな変化がありました。

そこに「デフレ脱却」による成長加速という期待が加わったのが、今日の姿でしょう。

日本で未だ実現しない「世界の当たり前」

しかし、「稼ぎ」を人的資本(賃上げ)や国内設備投資に向ける比率は依然、低いままです。

2023年の企業の設備投資額は実額ベースで98兆円と、89年の85兆円からさして増えておらず、大企業の労働分配率は約55%と過去最低水準です。

「稼ぎ」を株主還元や内部留保にまわすだけではなく、前向きな投資振り向けて一層の生産性向上や競争力強化をめざすことは、世界の「当たり前」です。

その「当たり前」が実現しなければ、日本経済は「理解されない」事態に再び陥ることでしょう。

それは、物価と賃金が共に上がり、成長が一層拡大するという「好循環」の実現と、表裏一体です。

34年ぶりの日経平均株価の最高値更新によって、「バブル後」と呼ばれた時代は終わりを告げました。

しかし、新しい時代の到来に確信が持てるには、まだ至っていません。

播摩 卓士(BS-TBS「Bizスクエア」メインキャスター)

  1. 【ローソン「ご褒美スティックケーキぷっくりクリーム&いちご」実食レビュー】ジョブチューン2024年4月20日放送に登場の新商品
  2. キリンビール工場で男性作業員が「コーンスターチ」に埋もれているのが見つかり、その後死亡 茨城・取手市
  3. 車いすバスケ女子日本代表、パリパラリンピック出場決定!「パリではメダルを取ります」岩野博HC絶叫
  4. 【訃報】歌手・俳優の佐川満男さんに 歌手で元妻の伊東ゆかりさんが追悼「娘と3人で歌いたかった」
  5. 「ネタニヤフ氏は極右政党の奴隷のよう」イランと対立するイスラエルの内情【報道特集】
  6. スマホを放置していたら…まさかの『犬が自撮りをする光景』に3万7000いいねの大反響「カメラガン見で草」「ビデオ通話してる気分w」
  7. 猫が『恐怖の逆さ吊りおじさん』を見たら…明らかに動揺してる姿が面白すぎると58万7000再生「警戒してて笑う」「ホラーで草」
  8. 犬にとって『危険な観葉植物』5つ 食べると命に関わることも…部屋に絶対置いてはいけない理由とは
  9. 猫が赤ちゃんと『添い寝』した結果…最高の表情を見せる様子が尊すぎると37万1000再生「何時までも続いて欲しい」と反響
  10. 藤井聡太八冠、タイトル戦での連勝ストップ 「叡王戦」五番勝負 第2局 伊藤匠七段が勝利
  11. 男子110mハードル泉谷駿介が13秒17でパリ五輪参加標準記録を突破 2大会連続の五輪出場内定【DL廈門大会】
  12. あっさり世界新 !棒高跳のデュプランティスが自身の記録を1cm更新する6m24マーク【DL廈門大会】