保護した愛猫に別の「飼い主」が!裁判で争われた「猫の親権」 ニュージーランド

やってきた茶白猫を野良だと思って世話を始めたニュージーランドの女性。ある日男性から「私の猫だ」と主張され、口論がエスカレート。逆上した彼女は裁判所に訴えました。さて結末は…?

「野良猫」を引き取った女性

餌を食べる茶白猫

写真はイメージです

ニュージーランド在住の、ある女性が野良の茶白猫を保護しました。

この女性は、2022年2月に新しい住所に引っ越したときに、訪ねてきた猫と仲良くなりました。名前をつけ、家を自由に出入りできるように窓を開けておき、毎日ベッドで一緒に眠りました。

同時に彼女はFacebook上の地域交流のページに猫のことを投稿して、飼い主がいるのかどうか確認しましたが、誰からも返事はありませんでした。

このため「この猫は野良で保護が必要だ」と信じた彼女は、動物病院でワクチン接種を受けさせ、目の感染症を治療してもらったほか、マイクロチップを装着して自分の連絡先を登録しました。おまけにペット保険にも加入したのです。

所有権と補償を求め、裁判所へ訴え

塀越しに口論をする男女

写真はイメージです

ところが2023年7月になって、「猫は私が飼っている」と主張する男性が現れ、女性はひどく動揺しました。お互いの口論はエスカレートして、とうとう警察が介入。そして女性は猫の所有権とこれまでの出費や精神的苦痛への補償を求める訴えを起こしました。

この裁判に対応したKrysia Cowie調停官は「その男性が飼い主であることは理解するが、必要な世話をしたし、その結果として出費もしたのだから、今後は自分が猫の所有者として認められるべき…というのが女性の主張でした」と話します。

その女性は獣医費用やマイクロチップ代金のほか、猫がやや肥満状態だったため特別な配合ドライフードまで購入していたのです。

紛争は水に流して…

餌を食べる茶白猫

写真はイメージです

一方で、飼い主の男性は子猫のときからずっと育てていて、ブリーダーから入手した当時の証拠書類も保管していました。たしかに人懐こい猫ですが、まさか別の女性の家で餌を食べたり、獣医の診察を受けていたりするとは思ってもみなかったそうです。

警察やSPCA(動物虐待防止協会)が彼の自宅を訪問し、猫が適切な環境で暮らしていることも確認しています。

結果、裁判所は「猫を引き取った女性には同情するが、正当な飼い主は別にいる」とし、猫の引き渡しを要求する女性の請求を棄却しました。

法廷は「飼い主は、この女性が猫にかかる費用を負担していたことを知らなかったし、飼い主が本来行うべき猫の世話を女性に妨害された形になった」と結論づけています。

同調停官は「支出した費用は、野良猫であるという思い込みに基づいています。当初からこの女性は、『すでに猫に飼い主がいて、自分には飼う権利がないかもしれない』という可能性に気づいていたはずです。いずれにしても、2人ともこの件はもう水に流して、今後は前向きな生活を送ってほしいですね」と述べています。

出典:Woman who fed and befriended ‘stray’ cat sought money from rightful owner for costs

関連記事

子猫が『初めての階段』に挑戦した結果…マイペースな行動に5万2000人悶絶「困った顔がたまらない」「これは親ばかになる」の声
猫が他の猫の首を噛む理由と止めさせる方法
猫が飼い主に感謝している時にする10の仕草
猫が『触って欲しい』ときに送るサイン4つ!触ると喜ぶ身体の部位と触り方のコツとは?
飼い主が『猫のキモチ』を代弁した結果…あまりにも泣けると200万再生の大反響「感動した」「本当にそう思ってると思う」の声

  1. 【速報】海自ヘリ2機 「衝突した可能性が高いと判断」 見つかった隊員1人は死亡確認 木原防衛大臣
  2. 海自ヘリ2機と連絡途絶える 墜落か、海上自衛官 計8人が搭乗 7人行方不明
  3. 「ウクライナをさらに破滅させる」「テロへの直接的支援」アメリカ議会下院ウクライナ支援予算案可決にロシア反発
  4. 【速報】訓練中の海自ヘリ2機消息不明 8人搭乗し7人が行方不明 木原防衛大臣「墜落したものとみられる」
  5. 大谷翔平 6戦連続ヒットも満塁機で空振り三振...打率&安打数はチーム単独トップ、ド軍は接戦に敗れ今季初3連敗
  6. カワイイけど不気味!?頭だけのミイラとナスカの地上絵【世界遺産/ナスカとパルパの地上絵(ペルー)】
  7. NATO事務総長が歓迎“欧米がより安全に” 米議会下院のウクライナ支援予算案可決受け
  8. 岸田総理、靖国神社に真榊を奉納  新藤経済再生担当大臣は参拝  春の例大祭に合わせ
  9. 横断歩道を横断中の83歳男性がはねられ意識不明の重体 乗用車を運転していた66歳の男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕
  10. 飼い主さんのお出かけを察知した猫たち。必死な様子に「絶対に行かにゃいで」「そしてカメラ目線」
  11. ロシア国防省「ウクライナのドローン50機撃墜」、ウクライナ国営メディア「ウクライナ軍などが大規模攻撃実施」「少なくとも3つの変電所と燃料貯蔵施設に被害」
  12. サファリツアー中の車のボンネットにチーターが!しかもさらに驚きの行動に!!