猫が「ファスナー」を勝手に開けて困る3つのシーン 対策する方法はある?

猫を飼っていると、そのあまりのおてんばぶりに「もう、お手上げ!」と困ってしまうこともあるかもしれません。なかには、ファスナーを開けられる賢い猫もいるそうですよ…!今回はそんな「ファスナーへのいたずら」をテーマに、対策方法もあわせてご紹介していきますので、ぜひご一読ください。

1.カバンを勝手に開けて中に入り込んでしまう

カバンに入り込む猫

猫は狭い空間が落ち着くゆえ、カバンなどの袋の中に入るのが大好きです。

特に、カバンから食べ物の匂いがしたり、キーホルダーがついていたりすると、猫の興味を引き寄せてしまいます。

もし中に入り込んでしまうと、カバンの素材によっては「猫の毛まみれ」になってしまったり、中に入っている荷物にもいたずらしたりと、二次被害も考えられます。

ちなみに、中に入らなくても、バッグの上に乗るのが好きな猫もいるようです。

2.猫用キャリーから逃げ出そうとする

ソフトキャリーに入れられる猫

猫用キャリーにはさまざまなタイプのものがありますが、一般的に「ソフトキャリー」と呼ばれている布製のキャリーを使っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、猫によっては「動物病院に行くのかな」「どこかに出かけるのかな」と状況を察知し、巧みに爪を操って、猫用キャリーから逃げ出そうとすることもあります。

実際に筆者が調べたところ、迷子猫の中にはファスナーを開けて脱走したというケースもあったため、対策は必須と言えるでしょう。

3.クッションカバーを開けて、中綿を取り出す

クッションに手を伸ばす猫

クッションカバーの素材は麻や布製品が多く、猫の好奇心を刺激します。

猫はそのクッションを、おもちゃや爪とぎのような感覚で触り始め、気が付いたらファスナーをこじ開けてしまうこともあります。

さらに猫はクッションから中綿を取り出して噛んで遊ぶこともあり、誤って食べてしまう事故にもつながりかねません。

特に子猫や、学習能力がつき始めた1〜2歳前後の若い猫は、好奇心旺盛なことから、誤食には十分注意が必要です。

ファスナーへのいたずら、対策する方法ってある?

洗濯ネット

ファスナークリップやカギをつけてロックする

ファスナークリップやカギは、100円ショップでも入手しやすく、すぐに取り入れることができます。

どのシーンにも有効な対策であり「今使っているものを使い続けたい!」と考えている飼い主さんにオススメです。

ちなみに、飼い主さんの普段使っているカバンにつけた場合、猫のいたずら対策としてだけではなく、出先での盗難予防にもなり、活用するメリットは大きいでしょう。

カバンを放置しない

カバンへのいたずらを防止したいと思ったら「放置しない」ことも重要な対策になります。

猫が普段立ち入らないような引き出しやクローゼットに収納場所を設けるようにしましょう。

カバンに限らず、使ったものは出しっぱなしにしておかないとクセづけることで、自然とお部屋も散らかりにくくなり、猫と人のお互いが住みやすい環境が整っていくはずです。

ファスナーの引き手を隠せるタイプに変える

普段あまり意識することは少ないかもしれませんが、ファスナーの終点部分をよくみると、引き手を隠すためのポケットがついているタイプがあります。

ポケットに引き手を収納することで固定され、ユラユラと揺れることもなくなり、猫に気づかれにくくなります。

クッションカバーなど「対策はしたいけど、あまり目立たないようにしたい」場合は、検討してみてはいかがでしょうか?

2重でガードする

2重でガードする対策として「猫用キャリーから逃げ出そうとする」シーンに有効なのは「洗濯ネット」の活用です!

動物病院などを想像させることから、キャリーに苦手意識を持つ猫は多いのですが、そんなときは、猫を洗濯ネットに入れてからキャリーに入れてみましょう。

単に猫の動きを固定して、ファスナーに手を伸ばしにくくなるだけでなく、洗濯ネットという狭い空間は、猫の気持ちを落ち着かせるために役立つこともあります。

まとめ

カバンから顔を出す猫

猫がファスナーにいたずらするとき、そのときの状況によっては、脱走事故や誤食につながる可能性もあるため、積極的に対策する必要があります。

ファスナークリップやカギをつけてロックし、カバンなどは放置しないようにしてください。

クッションカバーの場合は、ファスナーの引き手を隠せるものに変えてみてはいかがでしょうか?

また、猫用キャリーに入れる際は、猫を洗濯ネットに入れて、2重でガードすると安心です。

猫との生活に対応していくために、今後もさまざまなライフハックを一緒に身につけていきましょう!

関連記事

保護した子猫が『初めてのワクチン』で見せた反応…まさかの行動が癒やされすぎると10万人注目「思わず笑った」「人間みたいw」の声
猫のお尻を叩いてみたら…まさかの反応が面白すぎると1万5000人が注目 『気持ちいいらしいね』『やってみようかな』と反響
猫が足を噛む6つの理由と対策
猫が幸せを感じた時にみせる10の仕草
嫌いな人に見せる猫の10の態度

  1. 女性養護教諭(27) 保健室で生徒と何度もキス 問題発覚後に『もみ消し』行為も… 三重県が懲戒免職処分に
  2. 子猫が『連れて帰って』と一心不乱に着いてきて…運命的な出会いの様子に目頭が熱くなると724万再生「可愛すぎて涙」「無視できない」
  3. 【喫茶マック2024】メープルバターホットケーキパイ実食レビュー【マクドナルド】
  4. トランプ氏「麻生氏は素晴らしい人」「偉大なシンゾーを通して知り合ったんだ」麻生太郎副総裁と会談
  5. 麻生副総裁がトランプ前大統領と会談 “もしトラ”備え人脈構築狙いか
  6. 住宅火災で1人の遺体が見つかる この家に住む80代男性か 神奈川・相模原市
  7. 米テスラ四半期決算 約4年ぶりに減収減益 中国メーカーとの価格競争に苦戦か
  8. 【脳トレ】「鉃」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  9. 「もしトラ」?「ほぼトラ」?「トランプ2.0」に身構える世界【Bizスクエア】
  10. 【速報】麻生副総裁とトランプ前大統領の会談について上川外務大臣「一議員の活動にコメント控える」
  11. 「遺体処分のためにガソリン買った」逮捕の25歳男供述、現場には別の2人が向かう…男女焼損遺体事件【news23】
  12. 子猫を『泡風呂』に入れてみた結果…まさかの反応に「この世のものとは思えない可愛さ」「天使」と11万7000再生の大反響