みんなを笑顔に!義足の「セラピー猫」、飼い主とともに活躍中 アメリカ

全米で「セラピー猫」が活躍中です。特別に訓練を受けた猫が治療に関与することで、効果を上げるのが目的です。猫と飼い主がチームを組んで病院や学校などを訪問し、人々にやすらぎと笑顔を与えているのです。

猫による「アニマルセラピー」を

入院中の子供を訪問するセラピー犬

写真はイメージです

「セラピー犬」の存在はよく耳にしますね。でも「セラピー猫」がいるのをご存じでしたか?

米国オハイオ州に住むJuanita Mengelさん(67歳)は毎朝、自分の義足のシリコンライナーを毛布の下から取り出し、装着するとき金属部分が冷たく感じないようにしています。そのあと彼女は、細身の三毛猫Lola-Pearl(5歳)にも同じことをしてあげます。この猫は左の後足を切断しているのです。

彼女たちは、非営利団体「Pet Partners」の指導のもと、猫によるアニマルセラピーに取り組んでいる200組の1例です。この団体は、飼い主とそのペットをチームにして、病院や養護施設、学校などを訪問してもらい、アニマルセラピーを提供しています。

アニマルセラピーとは、特別に選ばれて、訓練された動物を介在させる治療方法です。

「セラピー動物は、新しい人々と出会っても怖がったりせずに交流ができるだけでなく、むしろ積極的に楽しむことができるのです」というのは、同団体でディレクターを務めるTaylor Chastain Griffinさんです。

同団体には、犬や猫のほか、馬、ウサギ、モルモット、ネズミ、鳥、ミニブタ、ラマ、アルパカがセラピー動物として登録されています。

まだめずらしい「セラピー猫」の存在

幼稚園を訪問する猫

写真はイメージです

Taylorさんは調査の一環として、セラピー猫による治療効果を検証中です。さらに成果を上げるためには、もっと研究が必要だと彼女は主張します。というのも、ほかのセラピー動物に関する研究はたくさんあるのに、セラピー猫についてはまだ知られていないため、患者さんは猫を見てショックを受けてしまい、治療効果が測りにくいというのです。

「セラピー猫が施設を訪問すると、『あれ!猫がリードにつながれている。一体どうしたんだ?』という反応が返ってきます。これはほかのセラピー動物にない反応です」とTaylorさん。

前述のJuanitaさんは、飼い猫Lola-Pearlを家族に迎えて約1ヵ月後、ふと思いついて「四肢切断者の会」のミーティングに一緒に連れて行きました。そのとき、この猫がすばらしいセラピー動物になれると確信したのです。

「人への接し方が特別に上手なのです。セラピー動物としては完璧ですね。みんながこの猫のことを気に入ってくれます」と彼女はいいます。最近のミーティングでは「セラピー猫」と表示したベビーカーに愛猫を乗せて参加し、ほかの人々が気軽に撫でられるようにしました。

「この猫には、自分を必要とする人を直観的に見分ける能力があるのです」と彼女はいいます。

飼い主にも大きなメリットが

高齢者施設を訪問するセラピー猫

写真はイメージです

元訪問看護婦のJuanitaさんは、2006年に交通事故で瀕死の大ケガをして、その後数年にわたってさまざまな手術を受けてきました。

Lola-Pearlは生後数週間のときに、左後ろ足が反対側にねじれてまったく歩けない状態で保護され、治療を受けましたが、結局足を切断せざるを得ませんでした。Juanitaさんは手術から回復した、まだ子猫だったLola-Pearlをすぐに自宅へと迎えました。

自分のケガと苦しかった治療のことを思うと、Juanitaさんは現在この猫とともにセラピー活動ができる幸せに、とても感謝しているといいます。

「本当にやりがいがあります。お会いする人々にとってだけでなく、わたし自身も、この経験から多くのことを学べるのです」

全米で活躍するセラピー猫と飼い主のみなさん、これからも人々を笑顔にする活動を続けてくださいね。

出典:Meet Juanita and Lola-Pearl, the human-cat amputee duo helping others through animal therapy

関連記事

母猫が『睡眠中の子猫』にとった行動…愛情深い光景が幸せすぎると179万再生「最も貴重な瞬間」「これほど純粋なものはない」の声
猫が声を出さずに鳴く「サイレントニャー」の心理
猫が『見慣れない物体』にした行動…入念なおててチョンチョンが可愛すぎると1万4000いいね「表情が最高」「仕草たまらん」の声
猫が乗ってくる5つの理由とその心理
猫が寂しかった時にする5つのサイン

  1. 「湘南ゴールド」ってどんな果実?味は?長期間熟成が甘さのカギ【Sunトピ】
  2. 女子バレー日本代表が能登半島地震の復興を後押しへ 古賀紗理那「元気になって帰ってくれたら嬉しい」
  3. 旨い!安い!新鮮!「市場めし特集」小田原発「豊漁続くブリの煮つけ」千葉発「中華&海鮮の絶品セット」
  4. パパとママから同時に手を差し出された赤ちゃん。どちらの手を取るか選びきれず、困ってしまい・・・。その後浮かべた表情にご注目!!
  5. 「猫界のプロボクサー誕生!?」腰が入ったパンチを披露する猫ちゃんがこちら「これは世界を狙えるかも?」
  6. ブルドッグ兄妹の前に『巨大カマキリ』が出現!?それぞれの反応に爆笑の嵐「両極端過ぎて笑った」「可愛すぎるだろ」
  7. 上原さくらさん 「子宮摘出の内視鏡手術」を決意 「最近の不正出血ヤバすぎて」「大学病院行って手術の予約を取ってきます!」
  8. 醍醐寺で花見行列 桜の季節とは思えない暑さに「夏が思いやられます」
  9. 【4月14日 あすの天気】広い範囲で晴れ 西日本は雷を伴う雨も 夏日の地点が多くなるか
  10. 「夏みたい」「結構汗かいてる」関東各地で夏日に 群馬・桐生市は27.5℃で6月下旬並みの暖かさ
  1. 「当日のうちに江東区内の買取店で180万円で売却した」日本橋高島屋“1000万円超の純金茶わん”窃盗事件 都内在住の32歳の男を逮捕 警視庁
  2. 【独自】肉体美競うフィジーク選手が…妻の体を引きずる暴行か 現行犯逮捕 東京・江東区 警視庁
  3. 「あまりの安さにびっくり」すべて半額商品&20箱まとめ買い!値上げ時代の味方“ワケあり激安店” いくらお得になるか調査
  4. パトカー大破…職質から逃走しトラックをパトカーに衝突させたか 公務執行妨害の疑いで都内の40代男を逮捕
  5. イラン攻撃 ドイツ首相も非難
  6. 遠野なぎこさん 「過去最低体重」 「『医学的にはオッケーです』って言われてた体重から3kgも落ちてしまった 【摂食障害】の悩み明かす
  7. 春の値上げに大注目!スーパーのこだわり惣菜 なにが人気?こだわりの舞台裏を調査
  8. 岸田総理、イランのイスラエル攻撃「中東情勢を一層悪化」日本人被害は確認されず
  9. 体操・橋本大輝、内村航平以来の4連覇 ! 「ここで満足してはいけない」世界王者が貫禄の演技【全日本個人総合選手権】
  10. 2024年春最新調査「教えてください!あなたの貯蓄額」聞きにくい“リアルな貯蓄額”を街中で徹底調査
  11. イランに状況激化させる意図はなし?「ドローンの飛行速度はミサイルよりずっと遅い」と専門家
  12. 井上貴博のご意見を頂戴できればと存じます!休日の豊洲で「お金」をテーマに街頭インタビュー