上位2人の記録認めず=誘導ミスで距離不足-さいたま国際マラソン

時事通信社 12月11日(月)16時59分

先月12日に行われた女子のさいたま国際マラソンの主催者は11日、2時間28分39秒で2連覇したチェイエチ・ダニエル(ケニア)と、3秒差で2位に入ったシタヤエシェテ・ハブテゲブレル(バーレーン)の記録を公認しないと発表した。優勝争いをしていた2人が最後の直線に入るカーブでレースのスタッフに誘導ミスがあり、ゴールがある本来のコースではなく内側の車線に入った。主催者が後日、日本陸連などと協議した結果、距離不足として参考記録にする判断を下した。順位の変更はない。 【時事通信社】 →続きを読む







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×