大阪エヴェッサ 2018-19シーズン B.LEAGUEクラブライセンス第1回判定結果のお知らせ

ヒューマン

3月14日(水)20時01分

 このたび、本日・3月14日(水)開催の公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(本社:東京都文京区、理事長:大河正明 以下「B.LEAGUE」)理事会において、2018-19シーズンB.LEAGUEクラブライセンス交付(第1回)が決定いたしましたので、大阪エヴェッサの判定結果について、下記のとおりお知らせいたします。

□第1回判定結果

大阪エヴェッサ 2018-19シーズン B1クラブライセンス交付


-B.LEAGUEクラブライセンスー
 B.LEAGUEのリーグ戦に出場するための資格となり、B1、B2リーグに参加できる資格となるB1ライセンスと、B2リーグに参加できるB2ライセンスの2種類があります。

 有効期間は対象シーズンの1年間。継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年希望するシーズンの前年11月までに申請しライセンスの交付を受けることが条件となります。

 バスケットボール界全体の安定的・持続的な成長と発展に寄与することを前提とし、育成面・施設面・選手環境面などを、プロリーグとしてふさわしい水準に保ち、さらに発展させることによって、クラブの価値が向上することを目的としております。


ヒューマンプランニング株式会社 大阪エヴェッサ事業 ---------------------------
B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の運営をはじめ、 アスリートマネジメント事業、 スポーツ興業など、 スポーツを通じて、 青少年の育成、 地域活性を図っています。
●代表取締役 : 安井 直樹
●所在地 :大阪市中央区南船場4丁目3番2号 ヒューリック心斎橋ビル9階
●資本金 :5,000万円
●URL : http://hp.athuman.com/






天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×