(株)ビーライズ「第26回3D&バーチャル リアリティ展」にて「VR用ライドマシン」「VR歩行装置」「最広視野角210° 最高解像度5KのStarVR」を展示

株式会社ビーライズ

6月14日(木)12時01分

2018年6月20日~22日 東京ビッグサイト 日本ものづくりワールド2018内

(株)ビーライズ(本社:広島市中区 代表取締役社長:波多間俊之)は6月20日から22日まで東京ビッグサイトで開催される日本最大級の最新技術が集結する専門展「第26回3D&バーチャルリアリティ展」(ブース番号:東8ホール 東5-15)へ出展いたします。安全教育用ソフトウェアの「フォークリフトVRシミュレーター」や「VRライドマシン」「VR歩行装置」等、VR業界初・最先端のVR製品を展示致します。HMDは全てStarVR Corporation(台湾) 業界最高の広視野角210度と5Kの解像度で、VRシミュレーションに最適かつ臨場感あふれる体験を可能にする「StarVR」を使用予定です。是非この機会に弊社展示ブースにお立ち寄り頂き、VR業界初の製品、最先端のVRをご体感ください。



<展示内容>
1.「フォークリフト事故シミュレーター」※弊社オリジナルコンテンツである労働災害予防用VRコンテンツ
最先端のVRシミュレーターで安全教育を座学から体験学へ! CGによる表現で様々なシチュエーションにカスタマイズ可能!建設業界の安全訓練や安全教育の向上を目指します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/34037/2/resize/d34037-2-419491-10.jpg ]


2.「VR用ライドマシン」~VR簡易モーションベース・揺動装置~ 株式会社Lumbus製 ※特許出願中
VR用ライドマシン(簡易モーションベース)は従来の複雑な構造ではなくバランスボールと2本の軸を融合させた簡易構造で揺動角度20度を実現。VRに体感をプラスし、リアルでスリリングなVR体験が可能。
本展示会では「高所コースター」のオリジナルコンテンツをご体感頂けます。



[画像2: https://prtimes.jp/i/34037/2/resize/d34037-2-339652-12.jpg ]


3.「VR歩行装置」 ~VR内で歩行感覚を実現~
VRでの歩行移動を可能にしたシステム。従来のコントローラーによるVR空間内移動は実際の感覚と違うためVR酔いの原因となっていたが、VR歩行装置は重心変化、大腿部の動きを計測しVR内での自然な歩行感覚を提示。酔いが少なく、リアルなVR体験が可能。※広島市立大学共同研究。特許出願中。


[画像3: https://prtimes.jp/i/34037/2/resize/d34037-2-838167-13.jpg ]



4.「StarVR」
業界最広視野角210°モデル ~人間の視野角に最も近い視野角で今までにない没入感を実現~
StarVRは、世界最高の広視野角・高解像度を特徴とするハイエンドなVR HMDです。現在、日本市場で販売されているVR製品の視野角は平均100~120°程度に対し、StarVRは人間の視野角において最も近い広視野角(210°)モデルを実現。5K解像度でスクリーンドア効果の無い、より没入感のあるVR体験を可能にし、目に映る全てで映像の世界を楽しむ事ができます。その没入感は、周囲にいるものの気配を感じれる程リアルな体験が可能です。

[画像4: https://prtimes.jp/i/34037/2/resize/d34037-2-105815-9.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/34037/2/resize/d34037-2-410612-11.jpg ]



<第26回3D&バーチャルリアリティ展>出展概要
日時: 2018年6月20日(水)~22日(金)10時~18時 (最終日は10時~17時)
会場:東京ビッグサイト 東ホール    出展:東8ホール 東5-15     展示会URL :www.ivr.jp
参加費用:招待券持参者は無料 ※一部有料・5000円
申込:展示会招待券(無料)を下記リンク先から事前にお申込みください
https://contact.reedexpo.co.jp/expo/DMI/?lg=jp&tp=inv&ec=IVR


本展示会における協力会社について
<株式会社ビーライズ> http://www.berise.co.jp
VR・AR・MR・CG・360度映像・インタラクティブコンテンツ・プロジェクションマッピング等の制作実績を持ち、VRやセンサーなどの最先端技術を応用した体感型ソフトウェアを創出。3DCGを基とした高品質なデジタルコンテンツを軸に、安全訓練VR用にStaVR製ヘッドマウントディスプレイ専用コンテンツを開発。実際の現場で起こりうる事故を仮想空間内で提供。
■所在地:
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-6-1 第一協和ビル3F
〒730-0841 広島県広島市中区舟入町2-20 三栄広島ビル2F
■設立:2012年11月  ■事業内容:ソフトウェア開発・制作
■代表取締役社長:波多間 俊之

<株式会社Lumbus(ランバス)> http://www.lumbus.co.jp
VR用モーションベースの製造・開発の為、広島市立大学発のベンチャー企業として設立。
モーションベースを簡易化させ「体感」を加えた没入体験システムを研究・開発している。
■所在地 〒730-0841広島県広島市中区舟入町2-20 三栄広島ビル2F
■設立:2018年3月   ■事業内容: VR用ハードウェアの開発・制作
■代表取締役社長:波多間 俊之  ■技術顧問 脇田 航

<StarVR Corporation> https://www.starvr.com/
STARVR CORPORATIONは、スウェーデンのエンターテインメントコンテンツ制作者、出版社、革新者のStarbreeze Studiosと、160カ国以上に存在する世界有数のICT企業のAcerとの合弁会社です。BtoB 向けVirtual Realityサービスの主要ソリューションプロバイダを目指し、210°、5K解像度のVRヘッドセットを使用してヘッドマウント型ディスプレイ市場を革新しています。エンターテインメント市場にStarVRソリューションの製造・販売とサポート管理を行います。台北に本社を置くSTARVR CORPORATIONはロサンゼルス、パリ、ストックホルムにも拠点があります。詳細については、www.starvr.comをご参照ください。

プレスリリーストピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×