動画も静止画も情報も、自在に登録・共有できる内視鏡イメージレコーダー『MV-1』を発売

ティアック株式会社

1月31日(木)14時40分

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、新機能を搭載した内視鏡イメージレコーダー『MV-1』を、2019年3月より販売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/21574/113/resize/d21574-113-173057-4.jpg ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/21574/table/113_1.jpg ]



『MV-1』は、内視鏡治療の動画記録や映像の配信など、医療現場に必要な機能を凝縮した、ティアックの新しい内視鏡イメージレコーダーです。これまで30年以上の長きに渡る製品開発で培った消化器内視鏡との高い連携性能を有すると共に、タッチスクリーンでの操作やリアルタイム映像コンバート※などの新機能を取り入れ、製品デザインを一新したMVシリーズの最新機種です。

従来機種にはなかったフロントディスプレーパネルにタッチスクリーンを採用することで、視認性と操作性を格段に向上することができました。これにより、内視鏡検査中であっても簡単に『MV-1』を操作することができます。また高解像度(HD)の映像入力を標準画質映像(SD)に変換して出力するといったリアルタイム映像コンバート機能※を追加します。これにより、内視鏡は新機種でもモニターは既存の設備を使用したいといった施設でも簡単な製品接続が可能になります。記録メディアとしてUSB3.0への対応、1TBの内蔵HDDを搭載し、ESDなど昨今特に高まる消化器内視鏡での動画記録のニーズに応えるための仕様を備えました。また『MV-1』では本体の製造を国内自社工場で行うことでより質の高い製品を安定して提供する体制を整えました。

加えて、内視鏡が映し出す映像をDICOMフォーマットとして記録するDICOMゲートウェイ 『MV-1D』が用意されます。『MV-1D』はDICOM規格に対応していない内視鏡からの映像をDICOMフォーマットとして記録しサーバーへ転送を可能にする記録機能を持ち合わせたDICOM ゲートウェイです。
※DICOM(Digital Imaging and Communication in Medicine): 医用画像を扱う機器間での通信プロトコルの標準規格
※DICOMゲートウェイ MV-1D については、株式会社スリーゼットが総代理店として販売を行います。

[画像2: https://prtimes.jp/i/21574/113/resize/d21574-113-833259-0.png ]


主な特徴と従来品からの改善点

・ 5インチタッチスクリーンを搭載
・ リアルタイム映像コンバート機能搭載※。入力映像をリアルタイムにHD/SD解像度に変換し、モニターに合わせた映像を出力。
・ライブストリーミング機能※。記録中の映像を、別室のモニターにライブ配信可能。
・『PACS連携どこでもJED(仮称)』との連携。日本消化器内視鏡学会のJED(Japan Endoscopy Database)プロジェクトが配布するJED登録支援ソフトと連携し、医療施設のスムーズなJEDプロジェクト参加を支援。
・画像マーキング機能を搭載。内視鏡検査中に任意の画像をマーキング・転送できるので、レポート作成時の画像選択等、後工程の工数削減が可能※。
・1TBの大容量内蔵ストレージ搭載
・USB3.0採用
・日本製
※ファームウェアアップデートにより順次対応予定

その他の仕様
寸法
 本体 :202(W)×114(H)×337(D) mm
 リモコン :77(W)×18(H)×190(D) mm
重量
 本体 :約3.6kg
 リモコン :約0.2kg
※仕様は改善のために変更することがあります。

主な販売先
・ 消化器内視鏡メーカー
・ 消化器内視鏡システム販売店
・ 医用画像ファイリングシステムメーカー

販売予定台数
・ 年間1,200台


数量限定キャンペーンについて
MV-1/MV-1Dの発売にあたり、先着100台を対象にメーカー希望価格から10万円の値引きキャンペーンを実施いたします。

・対象期間:2019年3月末までの納入分
・数量:2機種(MV-1,MV-1D)合わせて先着100台
・特典内容:キャンペーン価格にてご提供

内視鏡イメージレコーダー 『MV-1』
メーカー希望価格880,000円 → キャンペーン価格780,000円(税抜)

DICOM ゲートウェイ 『MV-1D』
メーカー希望価格1,080,000円 → キャンペーン価格980,000円(税抜)

スポンサーリンク

ランキング