7/12(金)シンポジウム:日本が果たせる役割とは? TICADを前に「南スーダン和平プロセスの課題と支援」を上智大学が主催、外務省の担当大使・国際協力NGO代表が登壇

~TICAD7を前にアフリカの平和作りを考える~

自衛隊撤退から2年以上が経過し日本での報道は減っていますが、南スーダンの和平プロセスは今まさに正念場を迎えており、現地では日本の様々なアクターによる支援も行われています。
7月9日に独立8周年を迎える南スーダン。人々が安心して暮らせる国になるために、現地ではどのような支援が必要なのでしょうか。また、日本はどのような役割を果たしうるのでしょうか。
本シンポジウムでは、今春ジュバを訪問し閣僚や反政府グループへの聞き取りを行った東教授、現地で支援活動を続けてきたNGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」の今井代表理事による南スーダンの状況についての報告をもとに、今後の支援のあり方について参加者の皆様と議論します。

■日時:2019年7月12日(金)19:05~21:30
■会場:上智大学 国際会議場(四谷キャンパス2号館17階2-172) (東京都千代田区紀尾井町7-1)
■参加費:無料
■申し込み:当日会場までお越しください。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30680/50/resize/d30680-50-953314-2.png ]


◆冒頭挨拶:紀谷 昌彦 大使


[画像2: https://prtimes.jp/i/30680/50/resize/d30680-50-655059-5.png ]

(外務省中東アフリカ局アフリカ部・国際協力局参事官、アフリカ開発会議(TICAD)担当大使、NGO担当大使)
前駐南スーダン特命全権大使。1987年外務省入省後、本省での国連、国際平和協力、防衛省関連部署や、欧米・アフリカ・アジアの在外大使館を経て現職。


◆基調講演1:東 大作 教授
[画像3: https://prtimes.jp/i/30680/50/resize/d30680-50-682501-3.png ]

(上智大学人間の安全保障研究所、国際関係研究所所員、国際協力人材育成センター副所長)
今年2月~3月にかけて南スーダンを訪問。外務大臣の委嘱による公務派遣として首都ジュバに滞在し、ジュバ大学で講演をしつつ、第一副大統領、複数の閣僚、南スーダン国連特別代表、反政府グループの幹部に面会。南スーダン和平合意の実施プロセスにおける課題を探った。


◆基調講演2: 今井 高樹(日本国際ボランテイアセンター(JVC)代表理事)
[画像4: https://prtimes.jp/i/30680/50/resize/d30680-50-330530-4.png ]

南スーダン独立前から支援を続け、2016年以降も9回にわたりジュバに入って人道支援などを継続。和平合意の背景や現地の人びとの声、日本の支援の課題について、これまでの経験に基づき報告する。


◆質疑応答
モデレーター:並木 麻衣(JVC 広報・ファンドレイジンググループ マネージャー)
※なるべく質疑応答の時間を長くとり、8月に日本で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)も見据えて、これからの日本の南スーダンや アフリカ全体の平和作り支援について議論したいと思います。

=================================
■主催:上智大学 人間の安全保障研究所
■後援:(特活)日本国際ボランテイアセンター(JVC)、上智大学 国際関係研究所、NGO “Japan Global Dialogue”
■申込:不要です。会場まで直接お越しください。
■詳細: https://ngo-jvc.info/s-sudan201907
■お問い合わせ:上智大学人間の安全保障研究所
Email: sihs-ofc@sophia.ac.jp
U R L: http://dept.sophia.ac.jp/is/sihs/
==================================

プレスリリーストピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×