【美容師若手アシスタント1041人の本音を公開!】つらいと感じるのは○○している時!若手アシスタント定着のために経営者が今できること

株式会社アライド・システム

9月11日(水)14時00分

顧客管理を次のステージへ

美容室向け顧客管理×POSシステム-A'staffを開発、展開している株式会社アライド・システムは、美容師アシスタントとして働いている若手の男女を対象に、「若手美容師アシスタントの本音」に関するアンケート調査を実施しました。



現代では働き方改革が叫ばれ、人材市場は空前の売り手優位の現状が続いていますが美容業界も決して例外ではありません。

2000年前後から始まった美容師ブームでは、“カリスマ美容師”と呼ばれるトップクラスの人気と実力を兼ね備えた美容師が業界をリードしてきました。その影響で若者の将来の夢に「美容師」が常に上位にランク付けされていましたが、今ではせっかく採用した若手人材の離職も増え経営者としては頭の痛い問題です。

このような問題の中心である今の若者は、どのような思いで日々のサロンワークに取り組んでいるのでしょうか。
そこで今回株式会社アライド・システム(https://www.allied.co.jp/)は、美容師アシスタントとして働いている若手の男女を対象に、「若手美容師アシスタントの本音」に関するアンケート調査を実施しました。

【調査概要:「若手美容師アシスタントの本音」に関するアンケート調査】
■調査日   :2019年8月27日(火)~ 2019年9月2日(月)
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,041人
■調査対象 :美容師アシスタントとして働いている若手の男女
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ


一日の拘束時間は?技術練習はいつやってるの?若手アシスタントの働き方



[画像1: https://prtimes.jp/i/42651/4/resize/d42651-4-600419-6.png ]


まず、実際美容師アシスタントとして働いている方の1日の拘束時間はどのくらいなのでしょうか。
「出勤日にお店にいる1日の平均滞在時間を教えてください」と質問したところ、「8時間」(25.3%)という回答が最も多い結果となりました。
しかし、一般的な就業時間である「8時間」を超えた、「9時間」以上(計29.1%)を選択された方は約3人に1人と、多くの方が長時間店舗に滞在していることが分かります。

新人の美容師アシスタントは、オープン前の清掃などお客さまをお迎えするため多くの作業があります。
また、閉店後も後片付けや翌日の準備などを行い、そこから技術向上のためのトレーニングに励むという方も多いため、出勤日の拘束時間は長くなる傾向にあるようです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/42651/4/resize/d42651-4-126610-7.png ]



また、上記で美容技術向上のためのトレーニングに触れましたが、このトレーニングはいつ行われているのでしょうか。
「技術練習はいつ行っていますか?(複数回答可)」と質問したところ、「営業終了後」(53.0%)という意見が最も多く、「営業時間前」(38.8%)という意見も上位に挙げられていました。

続いて「技術練習は業務時間に含まれていますか?」と質問したところ、約半数の方が「いいえ」(49.3%)と回答されました。

上記調査結果は、働き方改革関連法等により労働時間管理が厳しくなっている昨今において、経営者にとっても悩ましい問題のひとつなのではないでしょうか。



皆さんいくら貰ってる!?美容業界の給与事情とは?



[画像3: https://prtimes.jp/i/42651/4/resize/d42651-4-511296-8.png ]


次に、給与面での調査を行いました。
「現在の月給を教えてください」と質問したところ、「15万円以上20万円未満」(37.9%)という意見が最も多く、「30万円以上」という回答は4.7%と、全体の5%にも満たないという結果になりました。

上項での調査より、若手の美容師アシスタントは拘束時間が長い割には給与が低いという面も、美容業界の人材不足の大きな要因と言えるでしょう。

かつては「美容師として成功するためには下積み時代の苦労は仕方ない・・・」といった考えも多くありましたが、時代の流れを受け止め新たな対応を考える必要もあるのではないでしょうか。



「毎日つらい・・・」若手アシスタントの本音を公開!



[画像4: https://prtimes.jp/i/42651/4/resize/d42651-4-537105-9.png ]


また、「アシスタントの仕事でつらいと感じること、できればやりたくないと思うことを教えてください」と質問したところ、

・チラシ配り(東京都/20代/男性)
・休日にもセミナーがある(神奈川県/20代/女性)
・早朝のトレーニング(千葉県/30代/女性)
・掃除と準備だけしかできない日が続くこと(大阪府/20代/女性)

といった、美容業界ならではの理由が挙げられていました。

「お客様を美しく・素敵にスタイリングしたい」というマインドの部分と、実際の店舗での業務・アシスタントとしての仕事の現実とのギャップで退職や転職を考える若者も多くいるようです。

下積み時代において上記のような待遇はある程度仕方ない部分があるとはいえ、若者の本音を把握し、的確にフォローアップすることで定着率をあげることができるのではないでしょうか 。

実際に、現在営業時間の見直しや時短の取り組みについて積極的に動いている美容室は多く、
具体的な取り組みとして以下が挙げられました。

・営業時間を平日は短くしている(岐阜県/20代/女性)
・メニューを見直し、業務の効率化と短縮を図っている(北海道/20代/女性)
・2交代制で、子育て中のスタッフは昼前勤務などの配慮がある(熊本県/30代/女性)
・定時で帰れるような予約の見直しなど(青森県/30代/女性)



業務の効率化を図り、本気で若手社員と向き合うサロンへ



[画像5: https://prtimes.jp/i/42651/4/resize/d42651-4-337476-10.jpg ]


経営者として自社のヘアサロンを多くのお客様に選んでいただくためには、従業員満足度の向上も重要な課題です。
労働時間の軽減・スキルアップのための時間創出等、経営者側として改善策に取り組むことは従業員のストレスを減らし、より良いヘアサロン運営につながります。

今回「若手美容師アシスタントの本音」に関するアンケート調査を実施した株式会社アライド・システム(https://www.allied.co.jp/)は、美容室の顧客管理ソフト×POSシステム『A’staff(エースタッフ)』(https://www.astaff.net/)を提供しています。

接客、カウンセリング、DMアプローチ。様々なサロンワークに対応しており、煩雑になりがちな顧客カルテも「A’staff(エースタッフ)」なら、どんなに忙しい時も、ワンタッチで呼び出せるので、顧客カルテを探す手間が省けます。

また、「久しぶりに予約したサロンなのに、丁寧に対応してもらえた」という感動につながるように、優良顧客、失客予備軍をひとめで把握できる顧客ランキングという機能を搭載。接客品質UPを目指すことができます。

さらに、来店情報だけでなく、来店時にどんな施術をしたか、その施術のサイクルまで管理ができるのが嬉しい特徴です。
複数のサービス展開をした場合にも顧客の施術内容と来店タイミングの管理ができるので、ぜひ新しいサービスを導入する際にご検討ください。

アプローチや来店促進対策ができるので、お客様との信頼関係構築を目的としたまったく新しい顧客アプローチが可能になるでしょう。

「A’staff(エースタッフ)」を利用することで、サロンの魅力をより力強く伝えることができるのです。
また、株式会社アライド・システムは、他社システムからの切り替え、データ変換、データ移行等も承ります。
「業務の効率化を図り、若手スタッフにより充実感を持って働いてほしい」そんな思いをお持ちのサロンオーナーは、ぜひお気軽にご相談下さい。


株式会社アライド・システム



[画像6: https://prtimes.jp/i/42651/4/resize/d42651-4-593234-11.png ]


私たち、株式会社アライド・システムは、平成3年創業の美容室向け顧客管理×POSシステムメーカーです。
「とりあえず、顧客管理さえできればいい。」
そのような時代はもう終わりを告げようとしています。

『集客サイトに頼らないサロン』
『本気でお客様と向き合うサロン』
『どこまでも技術力を高めるサロン』

私たちは、そんな美容室のサポートが少しでもできるよう、顧客管理×POSシステムを開発しております。

◆株式会社アライド・システム : https://www.allied.co.jp/
◆TEL : 03-6804-5033
◆お問い合わせ : https://www.allied.co.jp/contact/

プレスリリーストピックス

天気予報

天気予報

ランキング