第154回「日商簿記検定試験」2級・3級の解答速報および講評を公開

株式会社フォーサイト

2月24日(月)11時35分

2級の全体のレベルは、第 1 問を除くと少し易しい程度の問題

資格試験において高い合格率を実現する通信講座を提供する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、2020年2月23日(日)に行われた第154回「日商簿記検定試験」2級・3級の解答速報および講評を公開しました。受講生のみなさまにお役立ていただけますと幸いです。



[画像: https://prtimes.jp/i/10596/234/resize/d10596-234-415956-0.png ]

▼解答速報・講評はこちら
解答速報:https://www.foresight.jp/boki/sokuhou/
試験講評:https://www.foresight.jp/boki/kaisetsu/202002/
※解答速報は株式会社フォーサイト独自のものであり、正解を保証するものではありません。

■2級・全体講評
今回は連結が出題されず、安心できる問題でしたね。
ただし、連結が出題されない代わりに第 1 問が少し難しめの問題になっており、第 1 問 から解き始めた方は、試験が始まった最初の段階で少し焦りを感じたかもしれません。で も、解き進めていくにしたがって容易な問題が並んでいることに気付かれたのではないで しょうか。
全体のレベルは第 1 問を除くと少し易しい程度の問題だったと思います。連結が出題さ れたときは第 3 問が難しく、それ以外が易しめ、連結が出題されないときは、どこか 1 つ が難しく他の問題が易しめという傾向が続いています。
今回は、第 1 問以外である程度の点数が取れるようになっている試験であると考えられ るため、合格率は平均的な数字(あるいは少し高め?)に落ち着くのではないでしょうか。

■「日商簿記検定」2級 フォーサイト受講生 合格実績
2019年度11月試験日商簿記検定試験2級のフォーサイト受講生合格率は56.7%、全国平均合格率の2.09倍の合格率でした。(自社アンケート調査による)

■簿記とは
簿記は、企業で行われるさまざまな経済活動を記録・計算し、整理してその結果を明らかにするスキルです。
ビジネスの仕組みが複雑化する今日では、自分の会社や取引先の経営状況を把握して仕事をすることは大切です。簿記のスキルは、「会社で仕事をしている人には、誰にでも役立つスキル」です。多くの企業が、進んで簿記の資格を取得することを薦めています。

【株式会社フォーサイト 会社概要】
本社所在地:東京都文京区本郷6-16-2 フォーサイトビル
事業内容:教育・学習支援業(資格・大学受験の通信講座、書籍出版、販売)
取扱資格:行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など 資本金:7,267万円(資本準備金2,767万円)
設立:1993年4月 代表者名:山田浩司
従業員数:96名(パート・アルバイトを含む)2019年10月現在

ランキング