当社独自の「スゴ息フィルター」を採用 息がしやすく蒸れ・メガネ曇りを緩和する「ナノエアーマスク 花粉対策用」を発売

アイリスオーヤマ株式会社
2020年1月15日 (水) 08:05

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は当社が独自に開発したナノファイバー加工の不織布「スゴ息フィルター」を採用し、息がしやすくマスク装着時の蒸れやメガネの曇りを緩和する「ナノエアーマスク 花粉対策用」を2020年1月20日より発売します。ドラッグストア、ホームセンターを中心に販売し、初年度3000万枚の販売を目指します。

[画像1]

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は当社が独自に開発したナノファイバー加工の不織布「スゴ息フィルター」を採用し、息がしやすくマスク装着時の蒸れやメガネの曇りを緩和する「ナノエアーマスク 花粉対策用」を2020年1月20日より発売します。ドラッグストア、ホームセンターを中心に販売し、初年度3000万枚の販売を目指します。

近年、春から夏は花粉が大量に飛散し、秋から冬にかけては風邪やインフルエンザが流行するため、一年を通じてマスクを着用する機会が増えています 。今回発売する「ナノエアーマスク 花粉対策用」は、「息がしやすい」「付け心地が良い」「耳が痛くならない」といったマスクに対する幅広いニーズに対応する製品です。

マスクを構成する3層フィルターの中間に「スゴ息フィルター」 を採用したことで、従来品と比較して通気性が1.3倍(※1)向上しています。マスク内に息がこもりにくいため、装着時の蒸れやメガネの曇りを緩和でき、花粉対策や風邪の予防といったマスク本来の使用に限らず、ランニングや登山、満員電車の車内など、様々なシーンで活用できます。

さらに花粉を99%カット(※2)するフィルターを採用した3層構造のため通気性を保ちながら飛沫の侵入を防ぎ、コットンを配合したやわらかく幅の広い耳ひもを採用することで、長時間装着しても耳が痛くなりにくく、一日中快適に過ごせます。

来秋には、息のしやすさ・付け心地の良さを追求した商品も追加発売予定です。

当社は今後も消費者のニーズに基づいた「ユーザーイン」の視点で商品開発を行うことにより、快適生活の実現に貢献していきます。

■ナノエアーマスク特長
1.「スゴ息フィルター」で1.3倍(※1)通気性アップ
2.花粉を99%カット(※2)するフィルターを採用
3.天然素材のコットンを配合した耳ひもで軽い付け心地

1.「スゴ息フィルター」で1.3倍(※1)通気性アップ
マスクを構成する3層フィルターの中間に「スゴ息フィルター」を採用したことで、従来品と比較し1.3倍(※1)通気性が向上しています。マスク内に息がこもりにくいため、装着時の蒸れやメガネの曇りを緩和します。
太い繊維と細い繊維を重ねて成形することで、薄いフィルターでありながら捕集性能を保ち、空気の通り道を増やすことで付け心地の軽さを実現しています。
[画像2]

[画像3]

2.花粉を99%カット(※2)するフィルターを採用
花粉を99%カット(※2)するフィルターを採用した3層構造により、通気性を保ちながら飛沫の侵入を防ぎます。日本は原因花粉が年間を通して散布している環境のため、花粉症を発症していない方も、予防として活用できます。
[画像4]

3.天然素材のコットンを配合した耳ひもで軽い付け心地
コットンを配合したやわらかく幅の広い耳ひもを採用しました。長時間装着しても耳が痛くなりにくく、一日中快適に過ごせます。
[画像5]

【その他の特長】
・側面両端Vカット加工で、頬との隙間を低減し、長時間ぴったりフィット(画像1)
・個包装で、衛生的に持ち運びができる(画像2)
・口元空間をキープする形状で会話しやすい
・サイズはふつう、小さめの2種類      

[画像6]

[画像7]

[画像8]

※1圧力損失(息のしやすさの指数。数値が低い程、息がしやすい)の比較
ナノエアーマスク 花粉対策用:1.7  当社既存品(安心清潔マスク):2.2
試験機関:一般財団法人カケンテストセンター
※2花粉粒子のろ過効率試験の各試験に於いて99%以上のろ過効率。
試験機関:一般財団法人カケンテストセンター