Delphix、デジタルトランスフォーメーション時代のビジネスアプリケーション開発加速に向け、富士通と販売代理店契約を締結

Delphix Software 合同会社
2020年2月20日 (木) 04:55

企業のクラウドイニシアティブの加速、SAP HANAへの移行の合理化、過去にない速さの新しいデジタル顧客エクスペリエンスの提供を推進

イノベーションの迅速化を図る企業をDataOpsを通じて支援する米国Delphix Inc.の日本法人であるDelphix Software合同会社(東京都渋谷区、以下 Delphix)は、富士通株式会社(以下 富士通)と販売代理店契約を締結しました。本契約により、富士通はデータベース仮想化ソリューション「Delphix Dynamic Data Platform」の販売に加え、導入支援等のサービスの提供が可能になります。
[画像1]

Delphixは、ビジネスクリティカルなプロジェクト向けの迅速かつセキュアなデータアクセスを組織に提供します。Delphixプラットフォームを利用することで、ソフトウェア提供の最適化、コスト削減、競争力の維持を図るためのマルチおよびハイブリッドクラウド戦略を実現できます。

「Delphix Dynamic Data Platform」を活用することで、企業はハイブリッドクラウド環境でのアプリケーション開発の迅速化や、ミッションクリティカルなデジタルトランスフォーメーションの推進をよりスピーディーに図れるようになります。

「Delphix Dynamic Data Platform」はさらに、リスクを抑え、主要なビジネスを中断することなく、SAP HANAへの迅速な移行を支援します。Delphixには、HANA実装の平均プロジェクト時間を20%短縮し、わすか1年間で数百万ドルのコストを節約してきた実績があります。SAPを導入している企業は、Delphixを利用してデータベースや業務に必須となるビジネスアプリをより先進的にすることで、アプリケーション開発をより迅速行うことができるようになります。

富士通の執行役員常務兼テクノロジーソリューション部門エンタープライズビジネスグループ長である東 純一氏は、次のように述べています。
「Delphix Dynamic Data Platform」は、誰でも簡単かつ迅速・安全に業務データを管理できるため、SAPをはじめとした基幹システムやアジャイルおよびDevOpsによるビジネスアプリケーションの開発において、開発効率や品質の向上を実現できると考えています。 富士通は、当社の持つ幅広い知見やノウハウとDelphix社のソリューションを融合させることにより、お客様のビジネス拡大やデジタルトランスフォーメーション実現に貢献してまいります。

Delphixの創業者兼CEOであるジェディディア・ユー(Jedidiah Yueh)は、次のように述べています。
「データは、エンタープライズアプリケーションとトランスフォーメーションプログラムの中心にあります。エンタープライズがクラウドへの革新と移行を続ける中で、データ管理の困難さと重要性が高まっています。Delphixデータプラットフォームと富士通のグローバルリーダーシップと高い技術があれば、お客様はトランスフォーメーションを確実に推進し、イノベーションを継続させるための強力な組み合わせを手に入れることができます。」
[画像2]

Delphixについて
Delphixのミッションは、データを通じて企業のイノベーションの迅速化を支援することです。すべての企業がデータ企業となる世界において、Delphix Dynamic Data Platformはチームにセキュアなパーソナルデータ環境へのセルフサービスアクセスを提供することで、アプリケーション開発、アナリティクス、AIを促進すると同時にデータリスクを最小限に抑えます。詳しくはhttps://www.delphix.com/jaをご覧いただくか、Twitter(https://twitter.com/delphix)、Facebook(https://www.facebook.com/DelphixCorp)、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/delphix/)でフォローしてください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。