松坂屋の強み”編集力”を活かして!SDGsに向き合う作り手や商品を一同に集めたイベント<THINK THE FUTURE>

株式会社 大丸松坂屋百貨店
2021年10月27日 (水) 11:45
期 間:2021 年 11 月 3 日(水)~8 日(月) ※最終日は 18 時閉場 場 所:松坂屋名古屋店 南館1階 オルガン広場

松坂屋名古屋店では、SDGs への関心が益々高まりを見せる今、持続可能な社会実現のために「地域貢献」「環境」「復興支援」をテーマにセレクトした 7 ブランドを期間限定でオルガン広場に展開します。買うことでサステナビリティ活動につながる THINK THE FUTURE イベントでは、売上の一部寄附や、復興支援を目的に商品開発を行うブランド商品の販売を通して、環境や社会問題に向き合うきっかけを発信します。百貨店の強みである編集力を活かし、SDGs に向き合う作り手や商品を一同に集めたイベントです。



サステナブルを追い風に注目を集める地元企業

地方の工場やその地に伝わる伝統技術を手がける職人がサステナブルを追い風に注目を集めており、松坂屋名古屋店でも9 月に地域貢献をテーマに開催した“尾州織物“の商品販売イベントでは、売上が予算の約 1.5 倍と大きく上回り、コロナ禍でも好調でした。

地域貢献

[画像1]

<知多木綿 kitchens>
知多半島で 400 年織り継がれる知多木綿。知多産地の特徴である“織”の高い技術で作られる織柄の美しさや伝統の白生地、高密度な帆布生地の雑貨を販売します。

[画像2]

<竹内宏商店>
地域に根ざして 60余年続く生地問屋が作る知多木綿を使った商品を販売します。日本の伝統文化の一躍 を担 ってきた、織物に印を染める“印染 ”を得意とするブランドです。

[画像3]

<長谷川商店>
シルクを中心とした天然繊維を取り扱う愛知県一宮市の会社。原料から糸、最終のニット製品まで一貫体制で生産する商品を販売します。

[画像4]

<MITSUBOSHI 1887>
岐阜県羽島市に工場を構えるファクトリーブランド。トレーサビリティを強化し、顔の見えるバリューチェーン構築を進めているブランド。

環境

[画像5]

<blue serge>
リサイクルポリエステルやデッドストックといった環境に配慮した生地で商品開発を行うブランド。一般社団法人繊維育英会認証の基金証明書タグを発行し、売上の一部を支援金として寄附しています。

チャリティー

[画像6]

<DAKS>
DAKS は 、民間 ・ 非営利の団体組織Save The Children の活動を支援しております。DAKS は、Save The Children の活動を通して世界の子供たちを応援しています。

震災支援

[画像7]

<ミナ・タンチャーム>
東日本大震災で被害を受けた宮城県南三陸町の長期的な復興支援を目的にアパレルブランドの(株)ジュンアシダが発足させた小物制作プロジェクトで生まれたキーホルダーを販売します。

<THINK THE FUTURE開催概要>

THINK THE FUTUREは買うことでサステナビリティ活動に参加できるイベントです。

・期 間 2021 年 11 月 3 日(水)~8 日(月)
※最終日は 18 時閉場
・場 所 松坂屋名古屋店 南館1階 オルガン広場