犬は自分の名前を認識してる?どんな意味があると思っているの?名付けのコツは?

愛犬は自分の名前を認識している、と感じている飼い主がほとんどです。かくいう私も、愛犬たちは自分の名前を認識していると思っています。しかし残念ながら、実際にはそうではないようです。犬にとって名前とは何か、名付けのコツなど解説します。

犬は自分の名前を認識している?

首輪にLiliの名札

結論から先にお伝えしてしまいますが、犬は自分の名前を認識していません。「名前」という概念がないのです。

我が家の愛犬は、名前を呼んでも反応します。呼び名やあだ名で呼んでも反応します。「おチビちゃん」と呼んでも反応します。他の部屋から「ちびすけー!」と呼ぶと、走ってやってきます。

名前に反応したわけではなく、「ママは私のことを呼んでいるんだ!」というその状況を理解し、反応しているのです。

名前にはどんな意味があると思っているの?

犬には名前という概念はありませんが、自分の名前を「よく聞く言葉」として覚えています。その言葉を発するときの飼い主の感情も覚えています。

その言葉を聞くとき、おやつがもらえたり、お散歩に連れて行ってもらえたり、飼い主が褒めてくれたことを「良い出来事」として覚えています。そのため、その言葉(名前)を聞く度に犬は嬉しい気持ちになります。

一方で、『犬の名前を呼びながら叱ってはいけない』と聞いたことがあるのではないでしょうか。その言葉(名前)を聞くとき、「嫌な出来事が起きた」として犬が覚えてしまうからです。

名前を呼びながら叱ったり怒ったり、叩いたことがある、ケージに閉じ込めたことがある場合、犬は自分の名前を呼ばれる度に不安になります。さらには、名前を呼ばれることを恐怖に感じるようになります。

名前は犬にとって「言葉」です。これまで教えられてきた、覚えてきた言葉の中のひとつです。嬉しい出来事や楽しい出来事と結びつけてあげるべきなのです。

犬の名付けのコツ

ダルメシアン、NIKの名札

犬に名前という概念はないけれど、名前として認識することはできないけれど、それでも愛をこめてつけてあげた名前なので、できればしっかり覚えてほしい言葉ではあります。

言葉の中のひとつとしてでも良いので、犬にしっかり認識してもらうための名付けのコツは『短い名前』であることです。短ければ短いほど、犬は覚えやすいのです。

2023年の『犬の名前ランキング(オス・メス総合)』では、「ムギ」「ココ」「クウ」「モカ」「ソラ」など、2文字の名前がトップにランクインしていました。ちなみに3文字では「キナコ」「サクラ」「コムギ」、4文字では「コタロウ」が人気のようです。

最近の犬の飼い主さんは名付けが本当に上手で完璧だと思います。2文字の短い名付けをされていますので、愛犬はしっかり覚えているでしょう。

長い名前はいけないの?

では、長い名前を愛犬につけてはいけないのでしょうか。いいえ、いけないわけではありません。ただ犬が認識しづらい、というだけです。

例えば、「チャチャマル」という名付けをしたとしましょう。ほとんどの場合、「チャチャ」と呼ばれます。フルネームで呼ばれないのです。ただそれだけのことなので、どんなに長い名付けをしてもOKです。

我が家の愛犬のお友達犬には「銀次郎之介(ぎんじろうのすけ)」という名前の犬がいます。みんな「銀」「銀ちゃん」と呼び、飼い主でさえフルネームでは呼びません。

よく考えてみると、人間にも同じようなことってありますよね。

まとめ

振り向くトイプードルの顔のアップ

犬に名前という概念はなく、自分の名前を認識することもできません。人間と暮らすようになり、人間から与えられたものだからでしょう。

犬に名前という概念や認識がないのは、人間のように言葉を使って会話をする必要がないからかもしれません。

犬同士の交流の仕方を見ていると、お散歩中、飼い主の肉眼では確認できないほど遠く離れている場所からも「あの子だ♡」と反応し、お互い嬉しそうに駆け寄りますよね。遠くから発せられるニオイや足音で相手が誰かを認識することができるため、名前というものを必要としないのではないでしょうか。

名前としての認識はできないかもしれませんが、その言葉が愛犬にとって嬉しい言葉であることが大切です。良い気持ちで呼んであげましょう。

なお、(飼い主の)機嫌が悪いとき、イライラしているとき、叱るときなどは、名前を口にしないということを意識しましょう。

関連記事

犬から頼られなくなってしまう『NG行為』5選
犬が寝ている時にしてはいけない4つのNG行為
犬が不安を感じる4つの行為と和らげる方法
犬が見せる『ごめんなさいサイン』4選
犬が鼻先をつけてくるときの心理

 
  1. 「5月とは思えない」季節外れの暑さ 全国100地点で「真夏日」に「台風1号」も発生へ  大雨に警戒も【news23】
  2. 今季31盗塁 レッズのデラクルーズ 「(オオタニと)100m競争したら勝つのはボク」
  3. 政治資金パーティー「禁止」か「開催」か 自民党内で改正法「3年後見直し」案が浮上【news23】
  4. 鷲見玲奈さん おむつケーキ贈呈に歓喜「使うの勿体ない」でも "おむつの出費かなり痛い" 第一子育児に邁進中
  5. 農林中央金庫、外債運用の失敗で巨額損失へ 約1.2兆円の増資の方針 リスク管理の確立が急務【播摩卓士の経済コラム】
  6. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  7. 新しい地震情報が発表されました
  8. 大型犬にボールを投げた結果…ママとパパで『態度が違いすぎる』と183万再生「無表情すぎて面白い笑」「ジト目可愛いw」爆笑の声続々
  9. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  10. 『下半身不随』と診断された猫が『階段』に挑んだ結果…諦めない姿に"勇気づけられる"と5.7万再生「素敵なお話」「思わず涙目に…」
  1. 「活発で明るいお嬢さん」小学校に入学した長女(6)が笑顔で…  品川母子4人死亡事件「3日前に離婚」40代父親を事情聴取へ【news23】
  2. 清原翔さん 2日前の顔出し投稿に大反響「驚かせてしまってすみません」感謝でリハビリに邁進
  3. 愛猫の『信頼を失ってしまう』飼い主さんのNG行動3選 残念すぎる態度を改めるためには
  4. ゼレンスキー大統領、ロシア軍攻勢のハルキウ州戦況について「軍事的にコントロールできている」
  5. 大谷翔平 5打数ノーヒットで6戦本塁打無し チームも“投壊”で満塁HR浴び今季2度目の3連敗
  6. 農林中央金庫、外債運用の失敗で巨額損失へ 約1.2兆円の増資の方針 リスク管理の確立が急務【播摩卓士の経済コラム】
  7. 『ねっむ…』飼い主が早朝に出勤したら…見送りにきた大型犬2匹の表情に8万8000いいね「犬もこんな表情するのかw」「健気すぎて感動」
  8. 東京都知事選 小池知事が立候補の意向固める 自民は独自候補擁立を見送る方向 立憲・共産は候補者選定中
  9. ダルビッシュ今季2敗目...ヤンキース相手に自己ワーストタイ4被弾の悪夢、25回連続無失点から一転大乱調で6回途中7失点
  10. 犬が『おやつ』に興味を示さない… 食べてくれなくても大丈夫?食いつきが悪い原因とは
  11. 【乃木坂46】清宮レイさん「チャンスは平等」を最後に卒業へ「二十歳の区切りに、新しい世界に挑戦」
  12. 【速報】佳子さま ギリシャ公式訪問へ 羽田空港を民間機で出発