犬の危険な『鼻水』の症状4つ 注意すべき鼻の状態や病院に行くタイミングまで

犬の危険な「鼻水」の症状をご紹介します。どんな鼻の状態が危険なのか、いつ病院に行けばいいのかなども解説します。参考にしてください。

犬の「鼻水」には要注意!

鼻水がついた土佐犬の鼻のドアップ

愛犬が「鼻水」を垂らしているのを見ると心配になりますよね。

人間と同じように、犬も鼻の中にホコリや砂などの異物が入る、ニオイを嗅ぐ、寒さで冷気が入るなど、鼻に何らかの刺激があった時には生理現象でくしゃみと同時に鼻水が出ることがあります。生理現象によって出る鼻水は透明でサラサラとしており、症状も一時的であるため特に心配はいりません。

しかし、生理現象以外の原因で出る鼻水には、犬の体調不良のサインがあらわれていることがあるため注意が必要です。愛犬に鼻水の症状があれば、飼い主は体調をよく確認するようにしましょう。

犬の危険な「鼻水」の症状

鼻水が垂れそうな横から見た犬の鼻

ここからは、犬の危険な鼻水の症状をご紹介します。

愛犬に鼻水が出ていたら、次の症状に当てはまるものがないかチェックしましょう。

1.色のついた「鼻水」が出る

犬が透明ではなく色のついた鼻水を垂らしている時は、感染症にかかっていたり、鼻炎を起こしている可能性があります。

感染症や炎症が起きると犬の体内でウイルスと白血球が戦い、膿が排出される時に鼻水に「黄色」「緑色」「白色」などの色がついていることがあります。

愛犬の鼻水がこのような色をしていたら、何らかの病気にかかっている疑いがあるため、すみやかに病院へ連れて行きましょう。

「ジステンパー」や「ケンネルコフ」など、命にかかわる病気であることもあるため、早期の治療が必要です。

2.「鼻水」が大量に出る

透明でサラサラしている鼻水が大量に出ていたり症状がおさまらなかったりする場合は、なんらかのアレルギーが疑われます。

鼻水の原因がアレルギーの場合は、鼻汁のほかに目や鼻を痒がる、くしゃみを連発するなどの症状も同時に見られることが多いです。

3.「鼻水」に血が混じっている

犬の鼻水に血が混じっているのは、次のような病気で犬の体内で出血が起きているサインです。

  • 鼻腔内腫瘍
  • 歯周病
  • 肺水腫

真っ赤な血が混じるだけでなく、鼻水自体が茶色やピンク色になっている場合もありますので、犬の鼻水に血のようなものが混じっていたら注意しましょう。鼻腔内腫瘍や歯周病の場合は、鼻汁や鼻出血が片側の鼻からのみ起こることが多いのも特徴です。よく見てあげましょう。

4.苦しそうに呼吸している

犬が泡状の鼻水を出していたり、鼻水によって呼吸が苦しそうな時は「肺炎」や「肺水腫」を起こしている可能性が高いです。

呼吸困難はすぐに処置しなければ犬の命にかかわりますので、このような症状があれば急いで動物病院へ行きましょう。

犬の「鼻水」で動物病院へ行くタイミング

獣医に鼻を診察される犬

愛犬の鼻水が生理現象で出る透明でサラサラとした状態で、なおかつ症状が一時的なものであれば病院へ行かなくても問題ありません。

ただし、サラサラで透明でも鼻水が垂れるほど出ていたり、症状が治らなかったりする場合はアレルギーが疑われるので、動物病院で診察を受けましょう。

もし透明でない鼻水が出ている時は、すぐにかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。鼻水が症状としてあらわれる感染症や鼻腔内腫瘍・歯周病などは、重症化すると犬の命を脅かす病気なので、早期に治療を開始することが何よりも大切です。

鼻水によって犬が苦しそうにしている場合は呼吸困難になっていますので、一刻も早く動物病院へ連れていきましょう。

まとめ

鼻水がついた犬の鼻のアップ

今回は、犬の危険な「鼻水」の症状について解説しました。

人間の場合は、風邪をひいて黄色や緑っぽい鼻水が出ることは珍しいことではありませんが、犬に色のついた鼻水が出ている時は注意が必要です。

「ただの鼻水」だと軽く考えず、愛犬の鼻水がおかしいと感じたら早めに獣医師に相談してみてくださいね。

関連記事

犬が玄関から離れないときの心理
チワワにブラッシングをした結果…悶絶級の光景と飼い主の本音に1万7000いいね集まる「エグい量抜けますよねw」「気持ちよさそう」
犬が飼い主に『文句』を言っている時にする態度や仕草5選
犬をスマホで撮る時に絶対してはいけないNG行為4選
犬が飼い主に『頭をこすりつける時』の心理5選

 
  1. 米実業家のイーロン・マスク氏 トランプ氏銃撃事件受けて支持を鮮明に
  2. トランプ氏が選挙集会中に銃撃 右耳から出血か 銃撃した人物は死亡とシークレットサービスが明らかに
  3. 「銃を撃った人物死亡 集会参加者も死亡」とアメリカメディア トランプ前大統領の演説中に複数回の銃の発砲音
  4. 路上を歩いていた50代から60代くらいの女性 車にひかれ死亡 さいたま市北区
  5. 辻希美さん 「怖すぎるんだけど」 今までになかった「眠気がやばい」 不安明かす 「何が起きてるんだろ涙。」
  6. トランプ氏が負傷か 演説中に複数の発砲音 避難の際、観客に右手を突き上げる
  7. トランプ氏の銃撃にバイデン大統領「こうした暴力は許されない」 “ドナルド”と呼び体調を気遣う
  8. 佐野慈紀さん 「皆さんも自分自身を大事にしてください。ワシみたいにならないように」 心境を明かす 今年5月に右腕切断手術
  9. 【速報】岸田総理「民主主義に挑戦する暴力に立ち向かわなければ」トランプ氏の集会会場で銃撃受け
  10. 【14日の天気】長崎県で線状降水帯が発生 九州で非常に激しい雨が降り続き、災害が発生する危険も
  11. 【3連休の天気予報】九州で非常に激しい雨 あす15日も日本海側を中心に雷雨となる所も
  12. 【速報】トランプ氏の選挙集会で複数の発砲音 トランプ氏は避難し「無事」
×