犬が恐怖を感じる『絶対NG行為』4選 ついやってない?飼い主の行動が愛犬を苦しめていることも…

今回は、犬が恐怖を感じる「絶対NG行為」についてご紹介します。あなたのなにげない行為、愛犬のためによかれと思ってした行為が、結果的に愛犬を苦しめているかもしれません。どんな行為がNGなのか、ぜひチェックしてみてください。

1.後ろから強く抱きしめる

白い犬と抱きしめる女性

人間にとって相手を抱きしめる行為は愛情表現のひとつですが、犬は抱きしめられることが好きではありません。

犬は抱きしめられると窮屈さや自由を奪われることへ不安を感じ、恐怖を覚えます。特に、後ろから強く抱きしめられるのが苦手で、相手がたとえ飼い主であっても「ギュッ」とされると怖い思いをしてしまうようです。

愛犬を見ていると可愛くてつい抱きしめたくなる方も多いと思いますが、その気持ちはグッと堪えて優しく撫でたり、寄り添う程度にしてあげましょう。愛犬が求めてきた時に、しく抱っこしてあげるのもオススメです。

間違っても、初対面の犬にハグはしないようにしてくださいね。

2.大きな音を出す

耳を塞がれた犬

犬は人間よりも優れた聴覚を持っているため、音にとても敏感に反応します。大きな音は犬にとって恐怖の対象であり、花火や工事の音が苦手だという犬はとても多いです。

そのため、犬は自分の近くで大きな音を出す人のことを怖いと思ってしまいます。うっかり物を落とした場合は仕方ありませんが、わざと大声を出したり、音が出る物を犬の近くで使用するのは控えてください。

大きな音がしょっちゅう鳴ると犬は強いストレスを感じますし、音に驚いて逃げてしまうこともあるので注意が必要です。

どうしても犬の近くで音が出る作業をしなくてはいけない場合は、防音対策をするなど工夫しましょう。

3.「高い高い」をする

高い高いされる犬

赤ちゃんをあやすように犬を持ち上げて、「高い高い」をするのは絶対にNGです。

犬は猫と違って高い所が苦手ですので、高い高いをされても全く楽しくありません。それどころか、飼い主の背よりも高い場所に持ち上げられると大きな恐怖を感じてしまいます。

また、高い高いをする時は犬の前足の下に手を入れて持ち上げると思いますが、この体勢は犬の腰に強い負荷がかかり、ヘルニアなど体に痛みが出る原因になることがあります。

犬はとても痛い思いをするので、たとえ座った状態であっても「高い高い」は絶対にやらないでください。

抱っこする時は犬のお尻を必ず支えて、飼い主の胸の位置で落とさないようにしっかり抱くようにしましょう。

4.無理やり他の犬と触れ合わそうとする

他の犬を怖がるシュナウザー

愛犬が嫌がっているのに、犬友達を作ってあげようと他の犬に無理やり触れ合わせようとするのもNGです。

犬の中には他の犬が苦手だという犬は少なくありません。このような犬は飼い主に無理やり他の犬を近づけられると、とても怖い思いをしてしまいます。恐怖を感じた犬は身を守ろうと吠えたり、相手を噛んでしまうかもしれません。

他の犬を会わせた時、愛犬に警戒したり怖がっている様子があれば無理に近づけようとせず、まずは犬の鳴き声に慣らしたり、他の犬の側を通り過ぎることから始めましょう。

犬同士は相性もありますので、他の犬に会わせる時には愛犬の様子を見ながら、慎重に無理のない範囲で交流させてください。

まとめ

怯えた表情で伏せた犬

今回は、犬が恐怖を感じる「絶対NG行為」について解説しました。

もしあなたが普段している行為で思い当たるものがあれば、すぐに止めるようにしましょう。

犬は言葉で「怖い」「やめて」と伝えることができないので、飼い主が愛犬の反応を見て気持ちを察することが大切です。

愛犬に怖い思いをさせないように、飼い主としてて適切な配慮をしてあげてくださいね。

関連記事

『幸せすぎるお布団』飼い主と添い寝しないと眠れない犬2匹…涙が出るくらい平和な日常が138万再生「本当に羨ましい」と羨望の声続々
犬が『飼い主を好きになりすぎた』結果…片時も離れない『幸せの重み』が76万再生「羨ましい…」「甘えん坊で愛おしいです」羨望の声続々
犬が目を合わせない行動には理由があった!目をそらす3つの意味
犬がおしりを向ける意味とは?背中を向けて寝る気持ちも解説
犬と一緒に寝るって本当にいけないこと?危険性と注意すること

 
  1. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 容疑者はペンシルベニア州に住む20歳の男、「共和党員」と報じられ、動機などわからず トランプ氏、共和党大会に予定通り参加へ
  2. POLUS ポラス 学生 建築デザインコンペ 2024夏に選ばれた提案作品がすごい! 審査員も驚く高レベル「人間感」「虚と実の合体」新しい解釈を共有
  3. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 米メディア「容疑者の車から複数の爆発物見つかる」と報じるも、依然として動機不明 事件受け、警察庁が全国に要人警護のさらなる徹底指示
  4. 「銃弾通過の瞬間」NYTが写真を公開
  5. 俳優・中村靖日さん 死去 51歳 急性心不全のため 「未だ現実を受け止めることができない」「歳を重ねてきても清く透明感がある稀有な存在の役者でした」
  6. 京浜急行バスがバス停付近で50~60代の男性をひく死亡事故 神奈川・横須賀市
  7. 現金約60万円を奪ったうえ夫婦にけがをさせた会社員の男を逮捕 栃木・宇都宮市
  8. 「トランプ氏の強さ示すもの」銃撃直後のトランプ前大統領とアメリカ国旗の写真SNSで拡散 大統領選の動向にも影響か
  9. がん治療中のキャサリン妃がウィンブルドン観戦
  10. 奇襲攻撃首謀のハマス軍事部門幹部を殺害 ガザ全土で激しい攻撃続く
  11. 水の中に飛び込んだ犬。泳いで戻ってくるその顔をよく見てみると・・・、『ある動物』がくっついていました!!【アメリカ・動画】
  12. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 バイデン大統領、容疑者の動機について「勝手に動機を決めつけないでほしい」
×