猫が『はじめての自動給餌器』で…まさかの"ビビリ方"に可愛すぎると53万6000再生「思わず応援した」「絶妙な間の取り方w」の声

ご紹介するのは、自動給餌器の試運転を初めて見た猫の「モアレ」の様子。モアレはどんなリアクションを見せてくれるのでしょうか?

YouTubeチャンネル「モアクリ」に投稿されたのは、自動給餌器の試運転を初めて見た猫の「モアレ」の様子。

モアレはどんなリアクションを見せてくれるのでしょうか?思わず笑みがこぼれるユーモラスな動画は53万6000回再生を突破し、「間の取り方が神」「しぐさがかわいすぎます」といった声が寄せられています。

初めての自動給餌器

自動給餌器を初めて置いてみた飼い主さんは、猫の「モアレ」の前で試運転をしてみることに。不思議そうに周りをうろうろしているモアレですが、突然自動給餌器から音楽が流れてきてびっくり。振り返って固まってしまいます。

うろうろするモアレ

「これはなんだ〜?」

機械をガン見するモアレ

音楽にビビるモアレ

音楽が終わると、ウィーンという機械音の後にカリカリがザッと出てきます。カリカリが出てきた勢いに少し引いてしまうモアレ。カリカリをじっと見つめるのみで、何が起こったのか分かっていない様子。

カリカリを見つめるモアレ

「カリカリ出てきた…?」

勇気を出して近寄ってみる

自動給餌器とカリカリを固まったまま見つめるモアレでしたが、意を決して一歩ずつゆっくりと近寄ってみます。引き続き腰が引けていますが、勇気を出して左手で機械の端をチョンっと触ってみることに成功します。

近寄っていくモアレ

一歩ずつ…近寄って行きます

機械を触るモアレ

ちょんっ

触った後、モアレは一旦離れてみますが、ついにカリカリを食べてみることに。食べ始めたところで、またも音楽が鳴り始めます。音楽の途中でモアレも異変に気が付いたようで、顔を上げて自動給餌器を見ています。

音楽に気づいたモアレ

「またあの音楽!?」

ついにカリカリを食べたモアレ

音楽の後のウィーンという音に、モアレはまたもびっくり。「何事!?」とザッと後ろに下がってしまいます。出てくるカリカリをずっと見つめていたモアレでしたが、今回はビビりながらもカリカリを食べることができたようです。

出てきたカリカリにビビるモアレ

「食べていいのかこのカリカリは…」

カリカリを食べられたモアレ

カリカリにありつけました!

順調に食べている途中、何も起きていないのに何かにビビってしまうモアレ。再びそーっと左手で触り、においを嗅ぎ、慎重にカリカリを食べ進めるモアレなのでした。

何かにビビったモアレ

何かにビビったモアレ

カリカリを食べるモアレ

無事に食べ進められました

投稿には「間の取り方が神」「思わず応援してしまいました」「めっちゃおもろい」「しぐさが かわいすぎます」「用心しているのに笑ってしまう」「頭の中で色々考えているんだろうね~」といったコメントが寄せられています。

YouTubeチャンネル「モアクリ」には、モアレと同居猫の「クリエ」の2匹の日常の動画が投稿されています。飼い主さんの愛情を受けて、のびのびと過ごす2匹の可愛い姿をたくさん見ることができます。

写真・動画提供:YouTubeチャンネル「モアクリ」さま
執筆:伊藤 紀子
編集:ねこちゃんホンポニュース編集部
※本記事は投稿者さまの許可を得て掲載しております。

関連記事

猫が見つめる理由とは?飼い主をじっと見る9つの心理
嫌いな人に見せる猫の10の態度
猫が一緒に寝てくれない6つの理由と一緒に寝る方法
猫が人間に『好影響』を与えること5つ
猫が口を半開きにする4つの理由

 
  1. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 容疑者はペンシルベニア州に住む20歳の男、「共和党員」と報じられ、動機などわからず トランプ氏、共和党大会に予定通り参加へ
  2. POLUS ポラス 学生 建築デザインコンペ 2024夏に選ばれた提案作品がすごい! 審査員も驚く高レベル「人間感」「虚と実の合体」新しい解釈を共有
  3. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 米メディア「容疑者の車から複数の爆発物見つかる」と報じるも、依然として動機不明 事件受け、警察庁が全国に要人警護のさらなる徹底指示
  4. 「銃弾通過の瞬間」NYTが写真を公開
  5. 俳優・中村靖日さん 死去 51歳 急性心不全のため 「未だ現実を受け止めることができない」「歳を重ねてきても清く透明感がある稀有な存在の役者でした」
  6. 京浜急行バスがバス停付近で50~60代の男性をひく死亡事故 神奈川・横須賀市
  7. 現金約60万円を奪ったうえ夫婦にけがをさせた会社員の男を逮捕 栃木・宇都宮市
  8. がん治療中のキャサリン妃がウィンブルドン観戦
  9. 「トランプ氏の強さ示すもの」銃撃直後のトランプ前大統領とアメリカ国旗の写真SNSで拡散 大統領選の動向にも影響か
  10. 奇襲攻撃首謀のハマス軍事部門幹部を殺害 ガザ全土で激しい攻撃続く
  11. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 バイデン大統領、容疑者の動機について「勝手に動機を決めつけないでほしい」
  12. 3連休最終日 高速道路上りの渋滞ピーク 最大で35キロの渋滞予測も
×