【読めたらスゴイ!】「匂蕃茉莉」って一体何?神秘的な変化が見られるモノだった!この漢字、あなたは読めますか?

2023-04-12 06:00

「匂蕃茉莉」という漢字、あなたは読むことができますか?実は、神秘的な色の変化を見ることができる植物の名前なのです。

基本の読み方

まずはそれぞれの漢字の読み方を見ていきましょう。カタカナは音読み、ひらがなは訓読み(送り仮名)です。

匂・・・にお(う)
蕃・・・ハン、バン、えびす、しげ(る)、ふ(える)、まがき
茉・・・バツ、マツ
莉・・・リ、レイ

それぞれの漢字を見ても、読み方の想像が付きません・・・一体なんと読むのでしょうか。

正しい読み方は・・・


正しい読み方は「においばんまつり」でした!

紫色と白色の花がいっぱいに咲く「匂蕃茉莉」。実は多色咲きではなく、花の色が紫色から白色へ次第に変化していくという特性があり、日々色の変化を楽しむことができるお花なのです。咲いたお花の色が変わるなんて、とても神秘的ですよね。詳しくはこちらに掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

>>ため息が出るほど美しい!紫から白へ…次第に色が変わっていく不思議な花の正体とは?

  1. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  2. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  3. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  4. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  5. 自民・広瀬議員不倫認め謝罪 議員辞職や離党は否定 “赤ベンツ不倫”週刊誌報道
  6. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  7. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  8. 侍ジャパン 2024年初陣へ“次世代侍”は「慣れない状況でいかに自分の力を出せるか」明大・宗山が源田から学ぶ
  9. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  10. Uber Eatsがあすから国内初の自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定
  11. アメリカ海軍のイージス駆逐艦が台湾海峡通過 台湾への圧力強める中国をけん制か
  12. 侍ジャパン 2024年開幕戦「選手全員が出来上がっている」指揮官は自信、先発の西武・平良は「楽しんでいきたい」と気負いなし【侍ジャパン強化試合】