「ちまき」といえばお餅?それともおこわ?西日本では端午の節句で食べられるちまきと東日本のちまきは別物??

2023-04-25 20:30

みなさんは「ちまき」と聞いて、どのような食べ物を想像しますか?
実はこのちまき、地域によってお餅だという人とおこわだという人に分かれる事があるんです。

そこでここでは、地域によっては端午の節句で食されるという地域様である「ちまき」について解説します。

西ではお餅で、東はおこわ?

「ちまき」は、もち米やうるち米、米粉などで作ったお餅、もしくはお米を三角形にして笹の葉で包み、い草などで縛った食べ物です。
蒸したり茹でたりして食べられるものですが、茅の葉で包んでいたことから「茅巻き(ちまき)」と呼ばれるようになったとされています。

そんなちまきは、西日本と東日本で趣が異なる食べ物だったりします。

愛知県以西はお餅

愛知県以西だと、ちまきはお餅とされることがおおいです。
それも白くて甘いお団子に近いお餅が入っているものが多いことから、お菓子に近い感覚の食べ物といえます。

長野県・静岡県以東はおこわ

長野県・静岡県以東のちまきは、おこわとなっています。
いわゆる"中華ちまき"と呼ばれるもので、もち米と具材を一緒に蒸したものが多いです。

こちらは、おこわを使ったおにぎりに近い食べ物といえます。

ちまきの起源は中国

ちまきは日本でうまれた料理ではなく、中国から原型となる料理が伝来したものだといわれています。

奈良時代の日本に伝来

端午の節句にちまきを食べるのは、もともと中国で供物を捧げていた行事に由来します。

古代中国・戦国春秋時代の楚国に屈原という著名な人物が国を憂いながら身を投げて亡くなりました。
その死を民衆も悲しんだといい、その命日とされる5月5日に米を竹筒に入れたものを供物として川に流されるようになったとされます。
これが時代を経て葉に包むようになったのが、ちまきの原型とも云われています。

この風習が、奈良時代に端午の節句の風習のひとつとして日本に伝来したことから、西日本では現在でも端午の節句にちまきを食べるという風習が定着したとされています。

伝来した当初のちまきは、もち米を葉で包んだものを灰汁で煮込むことで防腐性を高めた保存食でした。
そして葉の中身が変化していき、その中身がいつしか甘い団子に変わったのだとか。

鹿児島は灰汁巻

鹿児島県を始めとした九州の一部地域では、「ちまき」は白い団子でもおこわでもなく、茶色くて甘い「灰汁巻」というものが主流となっています。

灰汁に漬け込んだもち米を竹の皮などで包み、さらに灰汁で炊いたこの灰汁巻。
伝来してきた当初のちまきの製法に近いことから、ちまきの中身があまり変化することなく伝えられてきたものなのかもしれません。
また、文禄・慶長の役の際、島津家が保存食として考案した食べ物ともされています。

砂糖醤油や黒砂糖、きなこと一緒に食べるものなので、全国的に知られているちまきとはまた別の食べ物と言えます。

東日本と西日本で差がある風習や食べ物

ちまき意外にも、東日本と西日本とで差異がある風習や食べ物が多々あります。
そのうちのいくつかをピックアップしてご紹介します。

恵方巻

恵方巻は、節分の日に恵方(その年の福徳を司る神がいる方角)を向いて無言で巻き寿司を食べるという風習です。
その起源としては諸説ありますが、いずれにせよ大阪や京都など近畿地方が発祥とされています。

平成以前には、東日本ではほとんど知られていない文化でした。
これを小僧寿しチェーンが全国展開、さらにセブン-イレブンが「恵方巻」を売り出したことで、一気に全国的に知られる風習となりました。

ちくわぶの存在

小麦粉をこねたものを茹でて食べるちくわぶ。
東日本ではおでんの定番の具のひとつです。

しかし、西日本ではまず食べられることはなく知名度の低い食べ物となっています。

歌舞伎揚げ?ぼんち揚げ?

醤油味の揚げた煎餅。
東日本では「歌舞伎揚げ」と答える人が多く、西日本では「ぼんち揚げ」と答える人が多意図されています。

これは、それぞれの製造元の違いによるものです。
東京都武蔵村山市に本社を構える製菓会社の株式会社天乃屋が「歌舞伎揚げ」、大阪府大阪市淀川区に本社があるぼんち株式会社が「ぼんち揚げ」とそれぞれの名前で売り出しました。
偶然にも、どちらも販売開始が1960年だったことから、それぞれの拠点の周りから浸透していき、東日本と西日本で違う名前が浸透していきました。

まとめ

西日本ではお餅となる「ちまき」ですが、東日本ではおこわの一種とされます。
そもそも日本発祥の食べ物ではなく、中国で生まれた食べ物なのだとか。

端午の節句に食べるものとして西日本では定着しましたが、東日本では定着しませんでした。
東日本では、端午の節句の食べ物といえば柏餅のほうが一般的となっていますよね。

  1. マスターズ参戦決定後初の久常涼は69で29位スタート【ゴルフ・メキシコオープン】
  2. 疲弊するウクライナ 侵攻2年 長引く戦争で課題は“徴兵逃れ”「誰もが生きたいのです」【現場から、】
  3. 民間企業初 米国の無人着陸船が月面着陸成功
  4. ウクライナ軍に入る女性4割増 男性総動員の一方で女性兵士が戦場で直面する課題とは【news23】
  5. 3連休初日 関東の一部では積雪も 真冬並みの寒さに
  6. ウクライナ侵攻2年 バイデン政権がロシアに追加制裁へ
  7. 手押し車の80歳男性 遮断機下りて取り残されたか 特急にはねられ死亡
  8. 便秘解消で労働生産性向上?一般用医薬品の非刺激性便秘薬「マグミット®K」発売
  9. 猫に嫌われちゃう『ダメな話し方』4つ せっかくの愛情もこれでは猫に伝わらない?
  10. 犬の『いびき』実は病気のサインかも…病院へ行くべき危険な4つのサインや見極め方
  1. スウェーデンで目撃された“白い鹿”まるで神の使いのよう
  2. 【ステーキ宮】4年に1度の肉の日クーポン配信、厚切りキューブロールステーキ+スープバーセット付がおトクな値段に、アプリ会員・SNSフォロワー限定【2月23日~2月29日】
  3. 【ハッピーセット「星のカービィ」第一弾レビュー】マクドナルド初コラボ おもちゃはぬいぐるみ、ワドルディも【朝マック限定クーポンでお得に】
  4. “バブル期”超え 日経平均株価34年ぶりに史上最高値更新 投資バーでは嬉しい悲鳴 でも実感は…あの頃と何が違う?【news23】
  5. 【速報】64歳の誕生日を迎えられた天皇陛下 一般参賀で「心からお見舞いをお伝えいたします」能登半島地震の被災地へ改めてお言葉
  6. FUJIWARA・藤本敏史さんが活動再開 去年に自家用車で接触事故
  7. 鹿の親子が道路を横断!停車し見守っていると!まさかの当り屋バンビ?
  8. 松井裕樹、圧巻の3者連続Kデビューに「ホッとした」 指揮官も「良いデビューだった」
  9. 千賀滉大、右肩後方の張りで離脱「過ぎたことを後悔するより、次に向けてもっともっといい選手に」
  10. 3月9日“さ・く”は「さけるチーズの日」!制定記念『さけるチーズフェス 2024』が3月9日(土)アーバンドック ららぽーと豊洲にて開催
  11. 73歳の女性が乗用車にはねられ死亡 41歳の男逮捕 事故当時は小雨 群馬・館林市
  12. 3連休初日のきょうは寒い!関東地方の一部で積雪も…24日も気温が低い
  1. なんて気の毒な・・・横断歩道を渡ろうとした男性に訪れた予想だにしない悲劇とは?
  2. 「あんちょこ」とはどういう意味?その由来は?「カンニングペーパー」との違いは?
  3. 雨宿りするゴリラたち、その行動がまるで傘を忘れてしまった人たちみたい
  4. 「青息吐息」とはどんな息?その由来や類義語は?
  5. 「羽化登仙」とはどんな意味の四字熟語?その由来や類義語は?
  6. ビーチで撮影に夢中になっている男女。そのすぐ横で、動画を回したらバズりそうなスゴい事が起きていますよ!
  7. 【脳トレ】「鞘」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  8. 「絶対帰らん!!」のねばりを毎回見せてくる・・・スタバが好きすぎる駄々っ子バーニーズが可愛すぎる!

キューブ・ソフトからのお知らせ