主演は草彅剛 話題必至の映画『碁盤斬り』 小説版が発売決定! 書影を公開!!

2024-02-13 12:17

文藝春秋は3月6日(水)、映画『碁盤斬り』(5月17日公開)の脚本家・加藤正人さんが、自身で書き下ろした小説『碁盤斬り 柳田格之進異聞』を発売する。

細かな心情描写

映画『碁盤斬り』は、落語の演目として長く親しまれてきた「柳田格之進」を題材に、『日本沈没』『クライマーズ・ハイ』、『凪待ち』などを手掛けてきた脚本家の加藤正人さんが、3年半の月日をかけて書き上げたストーリー。

この映画の世界を、自身が小説として書き下ろした。

登場人物の細かな心情の描写はもちろん、映画では描き切れなかった若き日の格之進の姿、また映画のラストの「その後」がしっかりと描かれており、小説好きの読者も十分に楽しめる作品となっている。

著者コメント

落語の「柳田格之進」は、囲碁を巡る人情噺である。

落語のみならず、歌舞伎、文楽、講談など、古くから人々に愛されてきた物語には、日本人が愛するキャラクターが登場する。格之進もまた、魅力のある人物だ。

貧しい浪人暮らしをしているが、品性があり、武士としての矜持をしっかり守り抜いている。

物語に登場する他の人物も、大切な人のために自分は犠牲になっても構わないという高潔な精神を持っている。

こういう人物や倫理観を描けるのが、時代劇の素晴らしさだ。

日本人の心の底には、何よりも人間の品格や礼節を重んじるという道徳観が流れているはずだ。

今の若い人たちにも、格之進のような人物像を受け止めてもらいたい……。

そういう願いを込めてこの小説を書いた。

  1. 強盗傷害容疑で逮捕の声優男性(48)を不起訴 東京地検
  2. 「うまい話があると思ってしまった」小6男児が同級生に93万円支払う【ひるおび】
  3. 【独占入手】「ルフィ」Gのかけ子・山田李沙被告の手記 東京・狛江強盗事件で90歳女性が死亡したことに幹部らが“焦る”場面も…
  4. 「今週 関東は2回雪のタイミング」あすにかけて関東山沿いで大雪 金曜日は東京でも雪の可能性
  5. みずほ銀行が10年ぶりの新規出店 口座開設特化型の店舗
  6. マイナス金利解除はいつ? 住宅ローン金利など生活への影響も カギは春闘
  7. スーパーチューズデー直前にトランプ氏が“大きな勝利” 連邦最高裁が大統領選への出馬資格認める
  8. Uber Eatsがあすから国内初の自律走行型ロボットを使ったフードデリバリー 東京の日本橋周辺で開始 順次サービス範囲を広げていく予定
  9. 森永卓郎さんの「フェイク音声」も… 株価4万円超や新NISA、高まる“投資熱”の裏で手口が巧妙化 有名人をかたる投資詐欺【news23】
  10. 自民・広瀬議員不倫認め謝罪 議員辞職や離党は否定 “赤ベンツ不倫”週刊誌報道
  11. 「投光器が発火させるほどの高熱を発していることを認識できた」5歳児死亡 東京・明治神宮外苑オブジェ火災 元学生に罰金50万円 東京簡裁
  12. 習近平国家主席の肝いり“理想都市”とは? 「雄安新区」に6年で10兆円以上投資 「深セン」との大きな違いは“自由参入”が認められていないこと