きっかけは「女子は入れないのか」の声 早稲田大学ラグビー蹴球部に女子部が誕生

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-04-18 19:24
きっかけは「女子は入れないのか」の声 早稲田大学ラグビー蹴球部に女子部が誕生

早稲田大学ラグビー蹴球部が24年度より女子選手の受け入れを開始し、女子部をスタートした。4月より部員募集のホームページを開設した所、反響が大きく、説明会見が開催された。

【写真を見る】きっかけは「女子は入れないのか」の声 早稲田大学ラグビー蹴球部に女子部が誕生

きっかけは学生からの声『なぜ、女子は入れないのか』

『ラグビー蹴球部に男子を入れるのに女子は入れないのか…』きっかけは一年前に早稲田大学の女子学生達からあがった声だった。これに応えるべく、同大学ラグビー蹴球部OBの柳澤眞さん※(※「柳」はきへんに夘、やなぎさわ・まこと)が責任者として女子部スタートに尽力した。

ヘッドコーチは同大学の卒業生でリオ五輪に出場した女子7人制の元日本代表・横尾千里(よこお・ちさと、22年引退)さんが就任した。現在は、ずっとラグビーをやってきた経験者から、今回初めてボールを触ったような未経験の選手を含めて部員9名(マネージャー、トレーナー含む)が切磋琢磨しながらの練習をしているような状況である。

部員のスポーツ科学部3年・千北佳英(ちぎた・かえ)さんは「私の目標は二つ大きくあって一つは日本一を獲る事、このメンバーと、この部活で新しい挑戦をできる事にすごいわくわく感と期待、後はいろんな早稲田を背負うという責任感も感じながら覚悟を持ってやっていけたらなと思います。もう一つは、このチームから社会に出たときに、活躍できる人材、女性として活躍できるような人材を輩出していくチームにできたらなと思うので、この二つを軸に一生懸命取り組んでいきたいと思います」と意気込みを語った。

今後は女子部から“女子部門”へと認定され、正式な創部を目指し、実績を積むべく各大会に臨む。目指すは4月からの太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2024への参戦となる。

女子ラグビーは16年のリオデジャネイロ五輪から男女7人制ラグビーがオリンピック競技種目となり、今年のパリ五輪では男女代表ともに出場。これまで女子は16年リオデジャネイロ大会で10位、21年東京大会で12位の成績。

女子7人制の代表は女子セブンズ日本代表(サクラセブンズ)と呼ばれる。ワールドカップは15人制と7人制でそれぞれ開催される。

  1. 森山愛子さん「思いっきり歌い 表現し 駆け抜けます」 20周年の節目に年内で活動休止を発表
  2. 一枚の折り紙から作り出されたのは…昭和レトロなメロンソーダフロート!細かなところまでリアルに再現!
  3. 1歳5か月の女の子がりんごを詰まらせ死亡 女の子は食事中に眠そうな様子 誤嚥防ぐために保育士が口に指を入れてかき出す 東京の認可外保育施設
  4. 「下着を見たり触ったりしていた」 群馬・高崎市の塾講師の男が同僚女性(20代)の自宅に侵入しようとしたか 複数の余罪ほのめかす
  5. 中国外相 台湾新総統を名指しで非難「民族を裏切る行為、軽蔑される」
  6. OKAMOTO'S 5月25日の公演開催中止を発表 「メンバー内にて協議を重ねた結果、本公演の開催を中止という判断となりました」
  7. 飲酒運転でガードレールに衝突 妻に身代わり依頼した千葉県の児相職員を懲戒免職
  8. ニューカレドニアから日本人4人が出国 オーストラリア政府の協力得てブリスベンに到着
  9. イラン・ライシ大統領らの葬儀始まる ヘリ墜落で死亡
  10. 横山ゆかりちゃん(当時4)行方不明事件 業界団体が私的懸賞金の上限を400万円に引き上げ 群馬・太田市のパチンコ店 1996年7月7日発生 話しかける不審人物が
  11. 自民党が横浜市で政治刷新車座対話 「完全に信頼を失墜した」党員の厳しい声相次ぐ
  12. 突然の「0110」に注意 相次ぐ警察装う詐欺電話【Nスタ解説】