柏木悠(超特急)主演『ゴーストヤンキー』スタート! トークイベントも開催!! 柏木は「青春もあり涙もあり…」

2024-04-19 01:46

4月18日(木)深夜より、MBS系にて第1話の放送が開始された『ゴーストヤンキー』。

放送後には、TVerでも無料見逃し配信中だ。

18日夜には、主要キャストが登壇し、トークイベントが開催された。

主要キャスト登場!

東京・池袋のTheater Mixaで行われたイベントには、主演の柏木悠(超特急)、共演の石川凌雅、福澤侑、小坂涼太郎、寺坂頼我、高野洸が出席。

柏木は「台本を読ませていただいたときは“なんだ?”と(笑)」。

また、「最初にハテナが出てきたんですけど、読み進めていくうちに面白さだったり、設定の難しさがあって、(難しい箇所は)台本に書いたりして注意するようにしました」とコメント。

「肩肘張らずに…」

昭和ヤンキーグループ『わんぱく団』の元メンバーで、「暴霊族」の副総長・バーチこと千葉丈助を演じる石川。

「最初に読ませていただいたときは、“幽霊役か!”というのが正直な感想で、どういう風に作っていったらいいんだろうって考えたんですけど、非現実的な設定が故に、なんでもやっちゃっていいんじゃないかなって気持ちで臨めたので、肩肘張らずに臨むことができました」と語った。

新たな幽霊生活

第1話では、走行中の車に轢かれて“幽霊”になってしまったトゲルが、昭和のヤンキー集団『わんぱく団』の吾郎、順平、チッタの3人の“幽霊”に出会うところから始まった。

3人が案内してくれた“成仏の階段”を登ることができず、自分の命がまだ完全に尽きていないことを知るトゲル。

そんな中、霊界で悪さをする“暴霊族”に出会ってしまい3人と共闘したトゲルは、『わんぱく団』の仲間となって新たな“幽霊”生活をスタートさせた。

「青春もあり涙もあり」

イベントの最後に柏木は、「この作品は面白いですし、青春もあり涙もありで、いろんなものが詰め込まれているので、気軽にたくさんの方に見ていただければなと思いますし、見ていて元気がもらえるんじゃないかなと思うので、ぜひ注目してもらえたらと思います」。

さらに、「3話には僕が笑いすぎて1秒もカメラを向いていないシーンがあって、なんでそれを使ったんだろうレベルのシーンが使われているのでお楽しみに」と語った。

©「ゴーストヤンキー」製作委員会・MBS

  1. 「動画配信でトラブルに」 逮捕の元交際相手と被害者男性の間にトラブル 多摩川沿いスーツケースに男性遺体 元交際相手と家族ら5人死体遺棄容疑で逮捕
  2. スマホやイヤホンにも「カビ」が生える!?エコバッグ・乾物も…“身近な物”のカビ対策【ひるおび】
  3. 「下町ロケット」モデルとなった製品が世界で初めて実用化 子ども用医療機器「シンフォリウム」 「先天性心疾患」の子どもの負担を減らす
  4. 志尊淳 東京都知事選挙 イメージキャラクターに就任! 志尊は「みんなで変えていきましょう!」
  5. 警察官「すごく頼もしいです」愛犬との散歩×街の見回り活動「愛犬パトロール隊」韓国で急拡大
  6. 立憲・蓮舫参院議員「小池都政をリセット」 東京都知事選へ立候補表明 無所属で臨む考え
  7. 「すごくきれい」佳子さまが世界遺産「アクロポリス」からの絶景に感嘆 ギリシャ公式訪問でパルテノン神殿など視察 精力的に公務に
  8. 米テキサス州などで竜巻伴う暴風雨18人死亡 樹木は根こそぎなぎ倒され…住宅も倒壊 北東部でさらなる被害の懸念も
  9. 名古屋地裁 「責任能力の有無」争点 0~5歳の娘3人を殺害 母親(29)初公判
  10. 韓国軍、北朝鮮の人工衛星打ち上げ予告への対抗措置で戦闘機約20機投入し訓練
  11. 裏金で税優遇?自民・菅家一郎議員「法に則って申請」控除分は全額返還 5年間で1289万円の不記載
  12. ハンドボールのプレーオフ決勝で“ほっこり珍事” 試合後両チームが入り混じり引退選手ら胴上げ「リスペクトしているからこそ自然と始まった」