「スラムダンク」映画ポスターそっくり…鹿沼市長選・候補者配布の政策ビラが物議 違法?セーフ?弁護士に聞くと…

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-11 18:30
「スラムダンク」映画ポスターそっくり…鹿沼市長選・候補者配布の政策ビラが物議 違法?セーフ?弁護士に聞くと…

おととい投開票が行われた栃木県鹿沼市の市長選挙。この選挙をめぐって落選した候補の陣営が配布した「ビラ」が、人気漫画にそっくりだと物議を醸しています。

有権者
「我々世代的には『あー』って分かる感じのビラだったので」

物議を醸しているのは、鹿沼市長選挙で自民党と公明党が推薦した小林幹夫候補の陣営が作成した「政策ビラ」と呼ばれるもの。

そのイラストは、まるで人気漫画「スラムダンク」を原作としたアニメ映画のポスターのように見えます。

「登場人物」である赤いユニフォーム姿の5人をよく見てみると、自民党の茂木幹事長や、栃木県の福田知事らしき顔。そしてユニフォームには「KANUMA」の文字が。

「あきらめたらそこで鹿沼が終わる」

スローガンも原作に出てくる名台詞を彷彿させます。

告示前に新聞の折り込みなどで配布されたという、このビラ。作成した陣営の幹部は「若い人にアピールして選挙参加を促せるのであればいいと思っていた」と話しますが。

有権者
「『何これー』しかない。誰が選挙に出るのか、ぱっと見分からなかったし。選挙っぽくはない」
「頑張ろうとしているのかなっていう感じ。目を引こうとしてるんだなって」
「五十嵐さんですし、茂木さんですよね。著作権とかもあると思うので、いいことはしていないだろうなとは思いますけど」

反応は今ひとつの様子。法律的には問題はないのでしょうか。

ベリーベスト法律事務所 杉山大介 弁護士
「著作権上の翻案権侵害という問題がトピックになるのかなと思いました。おおもとのイラストに依拠していると言えるか、表現の本質的な特徴において表現をパクっているかという点が問題になる」

著作権法などに詳しい杉山弁護士は、5人が並ぶ構図や主人公の桜木花道を想起させる赤い髪の毛など「本質的な特徴」を考えると、違法と言える要素が含まれていると指摘します。

杉山大介 弁護士
「赤いチームの裏に白黒の文字を重ねるというところが、スラムダンクとしての表現を入れたものではないかと評価できるところ。今回のポスターも赤服と白黒。本質的な特徴までそのまま使ったんじゃないかと言われても仕方ない内容」

ビラを作成した陣営の幹部は取材に対し、「著作者からの申し入れがあれば平謝りするしかない。気遣いが足りず申し訳ございません」とコメントしています。

  1. POLUS ポラス 学生 建築デザインコンペ 2024夏に選ばれた提案作品がすごい! 審査員も驚く高レベル「人間感」「虚と実の合体」新しい解釈を共有
  2. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 米メディア「容疑者の車から複数の爆発物見つかる」と報じるも、依然として動機不明 事件受け、警察庁が全国に要人警護のさらなる徹底指示
  3. 京浜急行バスがバス停付近で50~60代の男性をひく死亡事故 神奈川・横須賀市
  4. 「銃弾通過の瞬間」NYTが写真を公開
  5. 俳優・中村靖日さん 死去 51歳 急性心不全のため 「未だ現実を受け止めることができない」「歳を重ねてきても清く透明感がある稀有な存在の役者でした」
  6. 水の中に飛び込んだ犬。泳いで戻ってくるその顔をよく見てみると・・・、『ある動物』がくっついていました!!【アメリカ・動画】
  7. 現金約60万円を奪ったうえ夫婦にけがをさせた会社員の男を逮捕 栃木・宇都宮市
  8. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 バイデン大統領、容疑者の動機について「勝手に動機を決めつけないでほしい」
  9. 奇襲攻撃首謀のハマス軍事部門幹部を殺害 ガザ全土で激しい攻撃続く
  10. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 容疑者はペンシルベニア州に住む20歳の男、「共和党員」と報じられ、動機などわからず トランプ氏、共和党大会に予定通り参加へ
  11. 「トランプ氏の強さ示すもの」銃撃直後のトランプ前大統領とアメリカ国旗の写真SNSで拡散 大統領選の動向にも影響か
  12. がん治療中のキャサリン妃がウィンブルドン観戦
×