ホンダ初となる軽EV 今年10月発売 価格は243万円から 航続距離は245キロ

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-13 11:14
ホンダ初となる軽EV 今年10月発売 価格は243万円から 航続距離は245キロ

EV=電気自動車の普及が進む中、ホンダとして初めてとなる軽自動車のEVを今年10月に発売すると発表しました。

ホンダが10月に発売するEVの「N-VAN e:」は軽自動車の商用EVで、今年10月から国内でのEVの販売を本格化させます。

その特徴は…

記者
「こちらの新型EVですが柱がなく助手席もフラットにしまえるため多くの荷物を載せることが出来ます」

価格は243万円あまりからで、1回の充電で走ることのできる距離は軽EVで先行する日産自動車の「サクラ」よりも65キロ長い245キロとなっています。

ホンダN-VAN e:開発責任者 坂元隆樹さん
「静粛性のある走りというところが、近隣住民の方に迷惑をかけない配送ができるというところは、配送業の方にメリット。不安になるところは航続距離と言われるんですけれども、実際に軽に乗られている方の1日の走行距離って100キロいかないんですよね。そういった部分を考えますと十分な航続距離」

EVをめぐる戦略で、ホンダと日産自動車は部品の共通化や調達などで協業することについて検討を始めていて、コスト競争が加速するEV分野での生き残りを模索しています。

  1. 山形県に大雨特別警報 「20~30分で一気に氾濫、どうしようもない…」 緊急安全確保も 最大級の警戒を【news23】
  2. なでしこジャパン、世界ランク1位スペインに逆転負け ロンドン五輪以来12年ぶり表彰台へ黒星スタート【パリ五輪】
  3. 山形県に「大雨特別警報」【レベル5相当】発表 酒田市、新庄市、舟形町、鮭川村、戸沢村、庄内町
  4. 「警報に切り替えの段階では線状降水帯予測できず」山形県に再び大雨特別警報 気象庁・国交省が合同会見 最大級の警戒呼びかけ
  5. 日本郵便 郵便事業が896億円の赤字 赤字額は前年度の4倍に拡大
  6. 岸田総理 東北地方中心とする大雨に関して万全の対策指示
  7. 中国外相がロシア外相と会談、前日にはウクライナ外相と会談 影響力をアピールした形
  8. 円相場1ドル=151円台後半 約2か月半ぶり円高水準に
  9. サッカーU23日本代表、初戦2ゴールの藤尾翔太「同じ相手には2回負けられない!次は勝ってグループリーグを突破したい」【パリ五輪】
  10. 中国・インド外相会談 国境の係争地について協議、早期解決図り関係を安定させること確認
  11. 【大雨特別警報】山形県・鮭川村に発表 ただちに命を守るため最善の行動を<警戒レベル5相当>
  12. 秋田で記録的大雨 住宅の浸水被害など相次ぐ
×