植田総裁「市場参加者の意見も聞きたい」日銀、国債買い入れ減額方針決定も 具体策は先送り 1ドル158円台まで円安進む

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-14 18:41

歴史的な円安にどのような対応策を打ち出すか注目された日銀の会合。結局、具体策は先送りで、円安が進む結果となりました。

【動画】植田総裁「市場参加者の意見も聞きたい」日銀、国債買い入れ減額方針決定も 具体策は先送り 1ドル158円台まで円安進む

午後0時半ごろ、大手銀行のディーリングルームには緊張感が走りました。

1ドル=158円台まで円安が進んだ円相場。政府・日銀による為替介入があった4月末以来、およそ1か月半ぶりの円安水準です。

相場を大きく動かしたのは、具体策を先送りした日銀の判断でした。

日本銀行 植田和男 総裁
「検討を進めて、次回の会合において、今後1年~2年程度の具体的な減額の計画を決定」

異次元の金融緩和の柱の1つとして続けてきた、長期国債の買い入れを減額していく方針を決めました。買い入れ額は、次回の会合まではこれまでの「月間6兆円程度」を維持し、次回、計画を決定するとしました。

市場では、今回の会合で円安を食い止めるための具体策を打ち出すとの見方が強かっただけに、「肩透かし」と受け止められ、円を売る動きが強まったのです。

なぜ先送りにしたのか?

日本銀行 植田和男 総裁
「判断を的確にするためにも、市場参加者の意見も聞きたい」

市場の不安定な動きを避けるために、次回に持ち越したと説明しました。

私たちの家計を圧迫する円安・物価高がなお続くことになります。

  1. 愛媛・松山城の土砂崩れで3人行方不明 夜通しで救出活動続く 過去にも城の斜面崩れ被害も【news23】
  2. NY外為 円相場が一時1円50銭ほど急騰 政府・日銀 2日連続で為替介入か
  3. 副知事は辞職の意向も… パワハラ疑惑の兵庫・斎藤知事は改めて辞職を否定
  4. 症状が熱中症にそっくり…夏の脳梗塞に注意 見分けるポイントは早期発見のサイン「FAST」【Nスタ解説】
  5. やり投・北口榛花、またも最終6投目で逆転優勝 ! 田中希実は5000m今季ベストの14分40秒86で3位【DLモナコ】
  6. 【アンガールズ】山根さんが "新種発見" で公式サポーター就任 田中さんは人生初の「山根バーター」
  7. 柴犬を『手刀で気絶させてみた』結果…面白すぎる『空気を読む姿』が101万再生「ゆっくりと倒れてくのほんと草」「困惑してるww」と爆笑
  8. 中国 GDP発表の記者会見取りやめ 3中総会と重なることを考慮か 統計の信頼性に疑問の声も
  9. ロシア 北方領土・貝殻島での日本のコンブ漁停止と発表 「灯台修理」理由に 再開時期示さず
  10. 日独首脳会談 半導体や重要鉱物などの安定供給に向け協力
  11. 【速報】日銀「覆面介入」の場合は3兆円規模か 1ドル=161円台から157円台前半 急速に4円以上円高進む
  12. 異例の事態…防衛省・自衛隊218人を処分 不正の方法は?海自OB「基地内での不正はみっともないの一言」【Nスタ解説】
×