吉川晃司”監督”がパリへ挑むポセイドンジャパンに熱いエール「全力で臨んでほしい」【水球】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-14 20:51
吉川晃司”監督”がパリへ挑むポセイドンジャパンに熱いエール「全力で臨んでほしい」【水球】

ポセイドンジャパンこと水球日本代表が、来月開幕のパリ五輪に向け14日、千葉県習志野市での壮行会に登場。歌手で俳優の吉川晃司氏は「緊張せず楽しんで全力で臨んでほしい」とエールを送った。

【写真を見る】吉川晃司”監督”がパリへ挑むポセイドンジャパンに熱いエール「全力で臨んでほしい」【水球】

水球日本代表は去年のアジア大会(中国・杭州)で53年ぶりの金メダルを獲得。3大会連続となるパリ五輪への出場権を手にした。代表メンバーには3大会連続出場のベテランゴールキーパー・棚村克行(34・株ブルボン)や、日本水球界の若きエース・稲葉悠介(24・株ブルボン)に加え、17歳の高校生・井上皆(17・京都府立鳥羽高)が選ばれている。

そのポセイドンジャパンはこの日の壮行会で、俳優でロックミュージシャンの吉川晃司氏が監督を務める水球ドリームチームと対戦した。
吉川監督は高校時代にUー20水球日本代表として活躍していた元水球選手で、2016年リオ五輪の際には水球日本代表に応援ソング「Over The Rainbow」を制作。今年5月には公益財団法人日本水泳連盟水球委員にも就任し、選手の支援や広報活動を行っている。
吉川監督率いるドリームチームは国内外のオリンピアンと日本代表候補を擁する、代表チームに負けず劣らずの強力な布陣。

試合は日本代表がキャプテン鈴木透生(24・株サコス)の得点で先制すると、得意のカウンター攻撃から得点を重ねた。一方、ドリームチームが得点すると吉川監督は大きくガッツポーズ。それでも日本代表は24歳の若きエース稲葉が両チーム最多7得点の活躍に、現役高校生の井上もゴールを挙げ、18対13の快勝で来月28日の五輪初戦へ弾みをつけた。

試合後、ドリームチームの監督を務めた吉川晃司氏は「今日は魂のぶつかり合いを見せてくれた」と両チームをねぎらい、パリ五輪へ挑むポセイドンジャパンには「今の代表チームは10本の指に入る実力がある。メダルも夢じゃない」とメダルへの期待も寄せ「緊張せず楽しんで全力で臨んでほしい」とエールを送った。

  1. 海水浴場で「流されたかもしれない」と通報 遊泳中の女子中学生が死亡 約30m沖の海底で見つかる
  2. 元日本赤軍メンバーの城崎勉受刑者(76)が死亡 府中刑務所で服役中に 食べ物を喉に詰まらせ
  3. 北海道でツーリング中の事故相次ぐ バイク転倒で60代男性死亡 バイクが橋から転落し50代男性が意識不明の重体
  4. 関東地方は30地点で猛暑日に 明日も1都4県に熱中症警戒アラート発表
  5. 約2000個のサザエがあっという間に…静岡・西伊豆町でサザエ狩り大会 激しい争奪戦に
  6. ケガから復活の今井慎太郎が2度目の1stラウンド制覇 女子は西郷里奈が全試合ストレート勝ちで初V 1000万円獲得へ前進【SBCドリームテニスツアー2024】
  7. 林官房長官「しっかり岸田政権支える」 一方、将来の総裁選出馬にも意欲
  8. 日比・山内・南波 金曜アナウンサーの3人が夏の熱海をぶらり旅!(後半戦)歌に海鮮にスイーツに!熱海の魅力をたっぷりと!
  9. 男子110mH泉谷駿介が今季ベストの13秒10、パリ直前レースで好タイム【陸上トワイライト・ゲームス】
  10. 各地で連日の猛暑 「子どもの熱中症」に焦点あてたイベント実施【SUNトピ】
  11. 皆藤愛子さん #下駄骨折 松葉づえとギプス姿「#左足以外はとても元気です」
  12. 近畿・中国で梅雨明け 各地で猛暑日続出 北海道でも今季初
×