6月20日「世界難民の日」 絵本で「難民のものがたり」を知る

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-15 22:00

今月20日の「世界難民の日」に向け、難民への理解を深めるイベントが都内で行われました。

【動画】6月20日「世界難民の日」 絵本で「難民のものがたり」を知る  

「戦争がはじまったんだ。くる日もくる日も、こわいことがおこって、あっというまに、めちゃくちゃになった」

読まれているのは難民を描いた絵本です。紛争で母国から逃れる難民の話や、イスラム教の女性が髪を覆うために着用するスカーフ「ヒジャブ」をつけた女の子が異国で暮らす話などが読まれました。

参加した子ども
「心が広がるような絵だった。(Q.ヒジャブを着けた女の子がクラスに来たらどう思う?)素敵だと思う」
参加した保護者
「(昔)ある海辺でシリア難民の男の子が亡くなったニュースを見て、すごくショックだった。(子どもたちに)安全で平和な社会で育ってほしい。世の中でどういうことが起きているのかを知ってほしい」

難民支援を行うUNHCR=国連難民高等弁務官事務所の駐日事務所は毎年、6月20日の「世界難民の日」に合わせて難民への関心や理解を高めるためのイベントを開催していて、今年は「難民のものがたり」をテーマに本の展示などを行っています。

この他、難民の背景を持つシリアの学生が母国を離れて過ごす中での思いを話しました。

シリアから逃れたアナス・ヒジャゼィさん
「私たちは根っこがない人として、人との関係性が一番大事です。なぜなら、私たちはホームがない。できるだけここで安心の気持ちでいたい」

UNHCRによりますと、世界で紛争や迫害などにより故郷を追われた人の数は今年5月時点で過去最多の1億2000万人に達していて、12年連続の増加です。

難民の増加についてUNHCRは「紛争が依然として大きな要因である」と強調しています。

  1. 「銃を撃った人物死亡 集会参加者も死亡」とアメリカメディア トランプ前大統領の演説中に複数回の銃の発砲音
  2. トランプ氏が負傷か 演説中に複数の発砲音 避難の際、観客に右手を突き上げる
  3. 米実業家のイーロン・マスク氏 トランプ氏銃撃事件受けて支持を鮮明に
  4. 路上を歩いていた50代から60代くらいの女性 車にひかれ死亡 さいたま市北区
  5. 辻希美さん 「怖すぎるんだけど」 今までになかった「眠気がやばい」 不安明かす 「何が起きてるんだろ涙。」
  6. トランプ氏が選挙集会中に銃撃 右耳から出血か 銃撃した人物は死亡とシークレットサービスが明らかに
  7. トランプ氏の銃撃にバイデン大統領「こうした暴力は許されない」 “ドナルド”と呼び体調を気遣う
  8. 佐野慈紀さん 「皆さんも自分自身を大事にしてください。ワシみたいにならないように」 心境を明かす 今年5月に右腕切断手術
  9. 【速報】岸田総理「民主主義に挑戦する暴力に立ち向かわなければ」トランプ氏の集会会場で銃撃受け
  10. 【3連休の天気予報】九州で非常に激しい雨 あす15日も日本海側を中心に雷雨となる所も
  11. 【速報】トランプ氏の選挙集会で複数の発砲音 トランプ氏は避難し「無事」
  12. 潜水艇・パラグライダー・フェリー貸し切り…こんなものまで使って撮影する「世界遺産」【世界遺産/シュンドルボン(バングラデシュ)】
×