古賀紗理那「なんちゃってメダルを目指しています」精度を上げ、成長を続けるバレー女子日本代表 いざパリ五輪へ!【ネーションズリーグ】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-17 21:41
古賀紗理那「なんちゃってメダルを目指しています」精度を上げ、成長を続けるバレー女子日本代表 いざパリ五輪へ!【ネーションズリーグ】

ネーションズリーグ女子予選ラウンド全12試合を8勝4敗の5位で終え、世界ランキング7位で6大会連続の五輪切符を掴み取ったバレーボール女子日本代表。眞鍋政義監督はパリ五輪の目標について「まずはオリンピックの切符を獲る事が1番の目標だった。パリの目標はこれから選手たちと話しあって決めます」と、五輪本番の目標をまだ明言しなかったが、キャプテンの古賀紗理那(28、NEC)は違った。

【写真を見る】古賀紗理那「なんちゃってメダルを目指しています」精度を上げ、成長を続けるバレー女子日本代表 いざパリ五輪へ!【ネーションズリーグ】

古賀「私は、なんちゃってメダルを目指しています」

キャプテンの古賀は「私は、なんちゃってメダルを目指しています。誰も日本の女子はメダルを獲れるだろうなんて予想してないから、えっ日本調子よくない?え!え!え!お!お!お!勝ったぞ日本!みたいなのを目指しています」と、快勝したセルビア戦後に笑顔で話してくれた。

東京五輪で25年ぶりの1次リーグ敗退。去年のパリ五輪予選では男子が出場を決める中、女子はあと一歩のところで切符を逃していた。期待と人気が男子に集まる中での秘かな自信。今大会を戦う中、日々の成長をキャプテン3年目の古賀自身が感じていたからだ。

選手だけのミーティング より高まる“精度”

誰もが勝利を予想しながら惜敗したカナダ戦後、古賀は冷静に「精度だと私は思っていて、もちろん素晴らしいスパイクを海外の選手はたくさん打ってくるけど、そこじゃなくてチャンスが来た時の精度、気持ちの部分でも焦らずに自分たちのプレーをいかに勝負所で出来るかっていう所が、全く出来ていなかった。でも選手全員がそれを自覚してると思う」と語っていた。サーブ、サーブレシーブやスパイクコンビの精度はもちろん、ラリー中のチャンスボールをしっかりコンビが作れるようにセッターに返せるか、レシーブが乱れネットから離れた位置からの二段トス(ハイセット)をアタッカーが打ち切れるよう上げられるか…今大会、眞鍋ジャパンはチームで行う戦術ミーティングとは別に、古賀が中心となり“選手だけのミーティング”も頻繁に行っていた。

古賀は「それぞれが、ホントあとちょっとずつ頑張ったら、その一本が試合を動かすかもしれないっていう話をした。ただ試合に入ってコンビと精度のちぐはぐな部分はもちろんあるけど、そこも助けあって、その日のコンディションで、明日は明日の精度次第で自分たちで変えられる部分は沢山あると思うので、個々がちゃんと臨機応変に対応する事が大切だと思う」と、連戦の中、状態に応じ、時には試合中でもコミュニケーションをとりながら精度を上げていく。

“精度”意識共有でチームが成長

古賀を支える立場にある3選手も手応えを語る。

渡邊彩(33)ミドルブロッカー:
試合毎にいい事もあるし、修正しないといけない事がある、そういうのを積み重ねて今チームは良くなっている段階だと思います
岩崎こよみ(35)セッター:
(古賀)紗理那は特にセッターをリードするのが上手なので、こういうトスが欲しい、こういうコンビ次行きましょうと言ってくれる。試合をやるたびに新しい事が出来たりとか成長できていると思う。試合の中で少しでも質があがるようにと思って毎日やっています。
小島満菜美(29)リベロ:
(古賀)紗理那と個々で密にコミュニケーションとった方が良いねという話をした。1人1人がこのチームを勝たせるっていう意識がもっと必要。その為に自分が何が出来るか考える事。誰かに頼ってしまっているとチームとして機能しない。今自分がやるんだという気持ちでやるべきだし、自分のスキルを出すための技術が必要だと思います。

指揮官とキャプテンの手応え

精度を上げたいプレーの一つ、二段トスの練習は大会中もチームとしてほぼ毎日続けている。今大会の初戦、その時点で世界ランク1位だったトルコとのフルセットの激闘。完全アウェーの中、勝負を決めた最後の1点は、小島のスパイクレシーブを、石川真佑(24、ノヴァ―ラ)が精度の高い二段トスを上げ古賀が打ち切った。思えば銅メダルを獲得した2010世界バレーの3位決定戦。そして2012ロンドン五輪の銅メダルも精度の高い二段トスから最後の得点が生まれている。

眞鍋監督は「レシーブが上がって二つ目のトスが打ちやすい所に上がるか、4、50センチずれるだけで全く違うので、そこは気持ちの部分が大きい。当然去年と全く違う。選手たちは手応えを感じていると思う」とチームの成長を語っている。古賀も予選ラウンドを終えた反省の中でもチームとして「成長はしています」と言い切る。

決勝ラウンドでは自信を 「なんちゃってメダル」から「メダル獲り」に 

パリ五輪まで40日を切る中、どれだけ一本の精度をあげチームとして成長できるのか。「なんちゃってメダル」ではなく、12年ぶりのメダルをチームとして自信を持って目標に掲げられるように。まずは20日から始まるネーションズリーグ決勝ラウンドで何かを見せて欲しい。

  1. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 容疑者はペンシルベニア州に住む20歳の男、「共和党員」と報じられ、動機などわからず トランプ氏、共和党大会に予定通り参加へ
  2. POLUS ポラス 学生 建築デザインコンペ 2024夏に選ばれた提案作品がすごい! 審査員も驚く高レベル「人間感」「虚と実の合体」新しい解釈を共有
  3. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 米メディア「容疑者の車から複数の爆発物見つかる」と報じるも、依然として動機不明 事件受け、警察庁が全国に要人警護のさらなる徹底指示
  4. 「銃弾通過の瞬間」NYTが写真を公開
  5. がん治療中のキャサリン妃がウィンブルドン観戦
  6. 俳優・中村靖日さん 死去 51歳 急性心不全のため 「未だ現実を受け止めることができない」「歳を重ねてきても清く透明感がある稀有な存在の役者でした」
  7. 京浜急行バスがバス停付近で50~60代の男性をひく死亡事故 神奈川・横須賀市
  8. 「トランプ氏の強さ示すもの」銃撃直後のトランプ前大統領とアメリカ国旗の写真SNSで拡散 大統領選の動向にも影響か
  9. 3連休最終日 高速道路上りの渋滞ピーク 最大で35キロの渋滞予測も
  10. 現金約60万円を奪ったうえ夫婦にけがをさせた会社員の男を逮捕 栃木・宇都宮市
  11. 九州北部地方はきのうに続き、きょうも午前中にかけ線状降水帯発生の可能性あり 気象台は土砂災害など厳重な警戒呼びかけ
  12. 以前から配達時にトラブルか 郵便局員の男性の頭を木刀で殴った64歳の男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 千葉・船橋市
×