中国当局がフィリピン軍の乗組員を一時拘束 7人が負傷、うち1人は指を切断する重傷

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-06-18 16:59

中国海警局が領有権をめぐり、南シナ海で対立するフィリピンの船に乗り込み、検査を行いました。この際に複数の乗組員が一時拘束されていたことがJNNの取材で分かりました。

【動画】中国当局がフィリピン軍の乗組員を一時拘束 7人が負傷、うち1人は指を切断する重傷

中国海警局はきのう、中国が領有権を主張する南シナ海のアユンギン礁付近にフィリピンの補給船が侵入し、衝突してきたとして、「船に乗り込んで検査を行った」と明らかにしました。

中国外務省 林剣 報道官(17日)
「中国海警は法に則って、フィリピン側の船に対し必要な措置をとった。現場のやり方はプロフェッショナルかつ、自制的、合理的なもので合法的だ」

中国の国内法を根拠にしているとみられるこの「臨検」について、フィリピン側は直接言及していませんが、この際、中国当局がフィリピン軍の複数の乗組員を一時拘束していたことがJNNの取材で分かりました。

乗組員たちはその日のうちに解放されたということですが、フィリピン政府は「中国船が体当たりしてきた」などと非難。関係者によると、乗組員7人が負傷し、うち1人が指を切断する重傷を負ったということです。

この事態を受け、アメリカ政府は…

アメリカ カービー大統領補佐官(17日)
「このような行動は挑発的で無謀であり、不必要だ」

フィリピンの日本大使館も「重大な懸念を表明する」としたうえで、「国際秩序を維持するために協力する」と強調しています。

南シナ海での領有権をめぐる対立がエスカレートし続ける中国とフィリピン。先月には、アユンギン礁付近で中国海警局がフィリピン側の物資を奪おうとし、小競り合いが起きています。

中国政府は15日から、中国の管轄海域に侵入した外国人を最長60日拘束できる新たな規定を施行していて、圧力をさらに強めています。

  1. 愛媛・松山城の土砂崩れで3人行方不明 夜通しで救出活動続く 過去にも城の斜面崩れ被害も【news23】
  2. 中国 GDP発表の記者会見取りやめ 3中総会と重なることを考慮か 統計の信頼性に疑問の声も
  3. 症状が熱中症にそっくり…夏の脳梗塞に注意 見分けるポイントは早期発見のサイン「FAST」【Nスタ解説】
  4. 副知事は辞職の意向も… パワハラ疑惑の兵庫・斎藤知事は改めて辞職を否定
  5. ロシア 北方領土・貝殻島での日本のコンブ漁停止と発表 「灯台修理」理由に 再開時期示さず
  6. 柴犬を『手刀で気絶させてみた』結果…面白すぎる『空気を読む姿』が101万再生「ゆっくりと倒れてくのほんと草」「困惑してるww」と爆笑
  7. 異例の事態…防衛省・自衛隊218人を処分 不正の方法は?海自OB「基地内での不正はみっともないの一言」【Nスタ解説】
  8. 【アンガールズ】山根さんが "新種発見" で公式サポーター就任 田中さんは人生初の「山根バーター」
  9. ネパール首相が信任投票で失職  与党分裂で政権交代へ
  10. 猫が『まったく信用できない人』に見せる態度4選 思い当たる節があったら試したい信頼回復法も
  11. 【速報】日銀「覆面介入」の場合は3兆円規模か 1ドル=161円台から157円台前半 急速に4円以上円高進む
  12. 鹿児島県で最大震度1の地震 鹿児島県・瀬戸内町
×