空から渋谷を撮影すると…危険な暑さ 熱中症搬送患者1週間で9000人超 屋内でも要注意 一方山陰では災害級の雨に…冠水で立ち往生する車も【news23】

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-07-10 09:55

島根県松江市で道路が冠水するなど、山陰地方などを中心に災害級の大雨となりました。一方、関東では危険な暑さが続き、渋谷の街をサーモカメラで撮影すると、夜になっても、うだるような暑さが続いていることがわかりました。(7月9日「news23」午後11時すぎの放送より)

【写真を見る】空から渋谷を撮影すると…危険な暑さ 熱中症搬送患者1週間で9000人超 屋内でも要注意 一方山陰では災害級の雨に…冠水で立ち往生する車も【news23】

熱中症 1週間で9000人超搬送 前の週から約4倍に増加

9日夜、都内の展望台。

喜入友浩キャスター
「まもなく渋谷上空229メートルです。開放感があって風もあり、蒸し暑さが吹き飛びますね。多くの方が集まっています」

気温が34.5度まで上がり、「猛暑日」に迫る暑さとなった東京都心。夜景を鑑賞しながら、“都会の風”で涼をとる人の姿が目立ちました。

喜入友浩キャスター
「広場には寝転がって涼をとっている方もいらっしゃいます」

「夜になったら結構風があって涼しいなと。日中に比べて過ごしやすい気温ではありますね。(Q.地上に降りたい)ここで寝たいくらい涼しい」

しかし、渋谷の街をサーモカメラで撮影してみると…

喜入友浩キャスター
「渋谷の街はサーモカメラで見てみると、全体的に赤のエリアが目立ちますね」

「暑がりなのでどこでも暑く感じます。(Q.ここでも)ここでも。(Q.景色を見ても)景色を見ても」

9日は全国66の地点で35度以上の「猛暑日」に。

最も暑くなった宮崎県日向市では最高気温38.5度を観測したほか、三重県尾鷲市でも36.3度を観測。

Q.きょうは暑いですか
「あつーい!」

熱中症で搬送された人の数は、7日までの1週間で9105人に上り、前の週からおよそ4倍に増加しました。

「こんな状態になっているとは」屋内でも熱中症に注意

意外にも注意しなければならないのが「屋内での熱中症」です。この日、訪問看護を受けていたのは、足立区に住む97歳の男性。

訪問看護師
「外はすごい暑さになりましたが、いかが?大丈夫?」

一見、元気なように見えますが、体温を測ってみると…

訪問看護師
「37度3分まである」

体温は37度を超えているうえに、「熱中症」の可能性も。

訪問看護師
「ちょっと高いかもしれないね、お熱」

男性
「熱がある?」

訪問看護師
「熱がこもっている。発熱とは違う」

訪問看護を受ける男性の息子(65)
「表情も普通だし、本人が『暑い』『寒い』とか言わない人だから。こんな状態になっているとは」

東京23区では今月に入り、熱中症による死者が6人確認されました。このうち6日に確認された3人は、いずれも70代から80代の高齢者で、屋内で亡くなっていました。

訪問看護ステーション「ブロッサム」 西村直之代表
「これが高齢者の一番怖いところで、この状態が誰も目が入らないとなると、熱中症で、訪問したときに倒れていたとか、ぐったりしていたということになる。命に危険が及んでしまうこともあるので、空調は基本的にはつけていただく」

命を脅かす危険な暑さとなった地域がある一方、9日は災害級の大雨になった地域も。降り続く雨で道路が冠水した、島根県松江市の道路。膝の高さまで水に浸かり、風で傘も役に立たない様子です。それでも自転車や車は、冠水した道路を進んでいきますが…

記者
「車が1台、ハザードランプをつけて立ち往生しています」

Q.エンジンが止まった?
「みたいですね」
Q.水の量は大丈夫だと思った?
「いや、危険を感じた。かつて、こんなことないので」

松江市や出雲市では、午後9時までの12時間に降った雨の量が200ミリを超え、観測史上最大を更新しました。

記者
「こちら擁壁が作られて、水が溢れないようにしていたんですが、先ほどから水が乗り越え始めました」

これは松江市内を流れる比津川の様子。徐々に道路に溢れ始め、正午頃には隣接する店舗の駐車場が一面、水浸しになりました。

9日は山陰から東北の日本海側を中心に梅雨前線の活動が活発に。新潟や秋田などでも大雨となりました。

「凄いですね。ここ最近で一番降っている感じ。びしょびしょで、足とかも」

山形県最上町では、1時間に61ミリの非常に激しい雨が降り、消防団が土のうを積む様子も。

10日以降も前線の影響で、北日本から西日本で雨が降る予想です。また、東京や埼玉など関東では10日も猛暑日になる予想で、引き続き、注意が必要です。

  1. POLUS ポラス 学生 建築デザインコンペ 2024夏に選ばれた提案作品がすごい! 審査員も驚く高レベル「人間感」「虚と実の合体」新しい解釈を共有
  2. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 米メディア「容疑者の車から複数の爆発物見つかる」と報じるも、依然として動機不明 事件受け、警察庁が全国に要人警護のさらなる徹底指示
  3. 京浜急行バスがバス停付近で50~60代の男性をひく死亡事故 神奈川・横須賀市
  4. 「銃弾通過の瞬間」NYTが写真を公開
  5. 水の中に飛び込んだ犬。泳いで戻ってくるその顔をよく見てみると・・・、『ある動物』がくっついていました!!【アメリカ・動画】
  6. 俳優・中村靖日さん 死去 51歳 急性心不全のため 「未だ現実を受け止めることができない」「歳を重ねてきても清く透明感がある稀有な存在の役者でした」
  7. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 バイデン大統領、容疑者の動機について「勝手に動機を決めつけないでほしい」
  8. 奇襲攻撃首謀のハマス軍事部門幹部を殺害 ガザ全土で激しい攻撃続く
  9. 現金約60万円を奪ったうえ夫婦にけがをさせた会社員の男を逮捕 栃木・宇都宮市
  10. トランプ前大統領の暗殺未遂事件 容疑者はペンシルベニア州に住む20歳の男、「共和党員」と報じられ、動機などわからず トランプ氏、共和党大会に予定通り参加へ
  11. 「トランプ氏の強さ示すもの」銃撃直後のトランプ前大統領とアメリカ国旗の写真SNSで拡散 大統領選の動向にも影響か
  12. がん治療中のキャサリン妃がウィンブルドン観戦
×