菊池雄星、逆転サヨナラで1か月ぶり5勝目ならず...8回途中2失点の好投、メジャー自己新13Kも9回に悲劇

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-07-10 13:29
菊池雄星、逆転サヨナラで1か月ぶり5勝目ならず...8回途中2失点の好投、メジャー自己新13Kも9回に悲劇

■MLB ジャイアンツ 4x-3 ブルージェイズ(日本時間10日、オラクル・パーク)

ブルージェイズの菊池雄星(33)が敵地でのジャイアンツ戦で今季19度目の登板。7回1/3(100球)を投げ、6安打2失点(自責2)の好投も、今季5勝目ならず。6月12日(ブルワーズ戦)以来、約1か月ぶりの勝利を狙ったが、チームは1点リードの9回に逆転サヨナラ負けを喫した。

前回4日のアストロズ戦では、6回途中2失点の粘投も勝ち星つかず。この日は昨年サイ・ヤング賞のB.スネルとの投げ合いとなり、毎回奪三振のメジャー自己最多13Kをマーク。2桁奪三振は2021年7月24日のアスレチックス戦以来、約3年ぶりの“奪三振ショー”で、5月11日のツインズ戦に次ぐ今季2番目の長いイニングを投げ切った。

立ち上がりは2つの三振を奪うなど3者凡退。さらに2回も前のイニングから4者連続となる空振り三振を奪うパーフェクト投球。3回は2死からヒットを許すが二塁を踏ませず。

だが0-0のまま迎えた4回、先頭のE.ラモスに3球目のストレートを捉えられ、先制アーチを被弾した。5回以降も菊池は安定したピッチング。

打線は0-1のままで迎えた7回、ホーウィッツのフェンス直撃の二塁打で1死二・三塁とすると、続くクレメントが逆転3ランを放って3-1とリード。

7回の菊池は1死一塁から後続を併殺打に打ち取った。8回もマウンドに上がった菊池は先頭のフィッツジェラルドにソロ本塁打を浴び3-2。続く打者を空振り三振に仕留めたところで菊池は降板。勝利投手の権利を持って、2番手のピアソンに託した。

ピアソンは2死一・二塁のピンチを招いたが、最後は空振り三振で1点リードを死守。だが9回はT.リチャーズが2死一・二塁のピンチから1番・T.エストラーダのタイムリーで同点に追いつかれ、菊池の白星が消滅した。さらに2死一・三塁で痛恨のワイルドピッチ。まさかの逆転サヨナラ負けでブルージェイズの連勝は2でストップした。

  1. 海水浴場で「流されたかもしれない」と通報 遊泳中の女子中学生が死亡 約30m沖の海底で見つかる
  2. 北海道でツーリング中の事故相次ぐ バイク転倒で60代男性死亡 バイクが橋から転落し50代男性が意識不明の重体
  3. 元日本赤軍メンバーの城崎勉受刑者(76)が死亡 府中刑務所で服役中に 食べ物を喉に詰まらせ
  4. 関東地方は30地点で猛暑日に 明日も1都4県に熱中症警戒アラート発表
  5. 約2000個のサザエがあっという間に…静岡・西伊豆町でサザエ狩り大会 激しい争奪戦に
  6. ケガから復活の今井慎太郎が2度目の1stラウンド制覇 女子は西郷里奈が全試合ストレート勝ちで初V 1000万円獲得へ前進【SBCドリームテニスツアー2024】
  7. 林官房長官「しっかり岸田政権支える」 一方、将来の総裁選出馬にも意欲
  8. 近畿・中国で梅雨明け 各地で猛暑日続出 北海道でも今季初
  9. 日比・山内・南波 金曜アナウンサーの3人が夏の熱海をぶらり旅!(後半戦)歌に海鮮にスイーツに!熱海の魅力をたっぷりと!
  10. 男子110mH泉谷駿介が今季ベストの13秒10、パリ直前レースで好タイム【陸上トワイライト・ゲームス】
  11. 皆藤愛子さん #下駄骨折 松葉づえとギプス姿「#左足以外はとても元気です」
  12. 各地で連日の猛暑 「子どもの熱中症」に焦点あてたイベント実施【SUNトピ】
×