【EURO2024準決勝】イングランド、後半アディショナルタイムの劇的決勝ゴールで初優勝へ王手!15日決勝でスペインと激突

TBS NEWS DIG Powered by JNN
2024-07-11 06:37
【EURO2024準決勝】イングランド、後半アディショナルタイムの劇的決勝ゴールで初優勝へ王手!15日決勝でスペインと激突

■EURO2024 準決勝 イングランド 2-1 オランダ(11日、ドイツ・ドルトムント)

初優勝を目指すイングランド(FIFAランク5位)がオランダ(同7位)を2-1で下し2大会連続の決勝進出を決めた。互いに1点ずつ取り合って迎えた後半アディショナルタイム、オリー・ワトキンス(28)が逆転となる決勝ゴールを決めた。15日の決勝でスペイン(同8位)と対戦する。

前回大会準優勝のイングランドは、グループリーグ2試合を引き分け、わずか1勝のみ。決勝トーナメント1回戦のスロバキア戦(同45位)でも延長戦の末に勝利、準々決勝もPK戦までもつれこんだ死闘の末スイス(同19位)を下し、苦しみながら2大会連続の準決勝進出を決めた。

両チームの対戦成績は、イングランドの6勝7敗9引き分けとほぼ互角。その試合はいきなり動く。前半7分、自陣でオランダのシャビ・シモンズ(21)に激しい当たりでボールを奪われ、シュートを許す。無回転のボールはゴール左上に突き刺さり、オランダに1点を先制されてしまう。

18分にはイングランドのエース、ハリー・ケイン(30)がPKを獲得。自ら落ち着いてゴール左隅に決め今大会3得点目を記録、1‐1の同点に追いつく。22分には、今季のプレミアリーグMVP、フィル・フォーデン(24)がGKをかわしてシュートを放つが、ゴールラインギリギリでDFにクリアされ、勝ち越しを逃す。

32分、フォーデンのミドルシュートはポスト直撃、その6分後にもフォーデンが振り向きざまのシュートを放つなど、イングランドが試合の主導権を握るがゴールはならず、1-1で前半を終える。

後半に入ると、互いの守備陣を崩せず、じりじりと時間だけが過ぎていく。中盤以降は、オランダに流れが傾き、攻撃を受けるイングランド。それでも何とか凌ぐと、35分にようやくチャンスが訪れる。右サイドのクロスからブカヨ・サカ(22)がシュートを放ち、ゴールネットを揺らすがオフサイドの判定で幻のゴールとなる。

そして延長戦突入かと思われたアディショナルタイム、右サイドから攻め上がるイングランドは、ゴール前、途中から入ったワトキンスにスルーパスが通り、トラップしてから振り向きざまにシュート。これがゴールネットを揺らし2‐1と逆転に成功し、オランダに勝利した。

10日に行われた準決勝のもう一試合ではスペインがフランスを2ー1で下し、2012年以来3大会ぶりの決勝進出を決めた。前半、フランスに先制されたが、16歳、ラミン・ヤマルのEURO史上最年少ゴールで同点に追いつくと、ダニ・オルモ(26)が2戦連発となるゴールで逆転に成功、そのまま逃げ切った。

*写真右が、決勝ゴールを決めたイングランドのオリー・ワトキンス選手(28)

  1. 海水浴場で「流されたかもしれない」と通報 遊泳中の女子中学生が死亡 約30m沖の海底で見つかる
  2. 元日本赤軍メンバーの城崎勉受刑者(76)が死亡 府中刑務所で服役中に 食べ物を喉に詰まらせ
  3. 北海道でツーリング中の事故相次ぐ バイク転倒で60代男性死亡 バイクが橋から転落し50代男性が意識不明の重体
  4. 関東地方は30地点で猛暑日に 明日も1都4県に熱中症警戒アラート発表
  5. 約2000個のサザエがあっという間に…静岡・西伊豆町でサザエ狩り大会 激しい争奪戦に
  6. ケガから復活の今井慎太郎が2度目の1stラウンド制覇 女子は西郷里奈が全試合ストレート勝ちで初V 1000万円獲得へ前進【SBCドリームテニスツアー2024】
  7. 林官房長官「しっかり岸田政権支える」 一方、将来の総裁選出馬にも意欲
  8. 各地で連日の猛暑 「子どもの熱中症」に焦点あてたイベント実施【SUNトピ】
  9. 男子110mH泉谷駿介が今季ベストの13秒10、パリ直前レースで好タイム【陸上トワイライト・ゲームス】
  10. 日比・山内・南波 金曜アナウンサーの3人が夏の熱海をぶらり旅!(後半戦)歌に海鮮にスイーツに!熱海の魅力をたっぷりと!
  11. 皆藤愛子さん #下駄骨折 松葉づえとギプス姿「#左足以外はとても元気です」
  12. 猫が『心を閉ざしてしまう』5つの原因 不信感を持つきっかけは、飼い主さんにあるかも?
×