国民負担率、42.5%=18年度見通し-財務省

時事通信社 2月23日(金)18時44分

財務省は23日、国民所得に占める税負担と社会保障負担の割合を示す「国民負担率」が2018年度は42.5%になるとの試算を発表した。17年度見込みから0.2ポイント減で、過去最大だった16年度(42.8%)と同水準となる。税や社会保障負担は増えるが、所得の伸びが上回る見通し。 【時事通信社】 →続きを読む







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×