犬が大喜びしている時に潜む危険!3つのリスクとトラブルを避けるためにすべきこと

犬が喜んではしゃいでいる姿は、とても愛らしいものですよね。しかし、そんなときにトラブルが起こることもあるのです。この記事では、犬が大喜びしている時に潜むリスクと適切な対応について解説します。

1.犬自身が怪我をする

足を怪我している犬

留守番中に飼い主さんが帰ってきたとき、大喜びで走って迎えに来たり、大好きな友達の犬に会って飛びつくように遊びだしたりすることがあると思います。

そのように喜びの気持ちを爆発させるように、全身を使って表現する犬はたくさんいます。その様子はとてもかわいいものですが、状況によっては犬自身が怪我をしてしまうことがあるのです。

フローリングの上を走った犬が滑って転んだり、段差や階段から落ちてしまったりして、関節を痛めたり骨折したりといった大きな怪我を負うことはめずらしくありません。

また家の中では、家具や建具にぶつかって頭を打ったり切り傷ができたりすることもあります。

外の場合は、興奮状態になった拍子に飼い主さんがリードを放してしまい、交通事故にあったり脱走・迷子になったりすることも考えられます。

2.まわりの人や犬に迷惑をかける

人の手を噛んでいる犬

犬が喜びのあまり興奮状態になったとき、トラブルが降りかかるのは犬自身だけではありません。

飼い主さんを含め、周囲の人や犬に様々な形で迷惑がかかってしまうことがあることを、しっかり認識しておきましょう。

相手に怪我をさせる

犬が大喜びしていると、その場をグルグル走り回ったり、まわりにいる人に飛びついたりしてしまうことがあります。また、周囲にいる犬や触ろうとしてきた人に思わず噛みついてしまったりすることもあるので注意しなければなりません。

もちろん、犬に攻撃の意思はないため、叱るのではなく冷静になれるようにトラブルが起こる前に対処する必要があります。

騒音トラブルが起こる

犬が大喜びするとき、走ったりジャンプしたりするだけでなく大きく響く声で「ワン!ワン!」と吠えることもあるでしょう。犬の大切な感情表現のひとつではありますが、吠え声が続くと近所迷惑になってしまうことが考えられます。

また、集合住宅で暮らしている場合、部屋の中で暴れ回ることで騒音トラブルが起こる可能性もあります。

3.周囲にあるものを破壊する

皿を割って叱られる犬

楽しいときやうれしいとき、思わずテンションが上がりすぎて、まわりが見えなくなってしまうことはありませんか。それは犬も同じで、大喜びしているときにまわりの様子に気を配れずに、物にぶつかったり踏みつけたりしてしまうことがあるのです。

そのため、家の中にあるものを壊してしまったり、テーブルの上などに置いてあるものを落としてしまったりすることがあります。

なかには、大型犬が興奮状態で網戸を突き破ったり、木製の室内ドアを壊してしまったりしたこともあるので、十分注意が必要です。

犬が大喜びしているときの適切な対処法

トレーニング中にうれしそうな犬

犬が大喜びしているとき、その気持ちに共感し、一緒になって喜ぶことは悪いことではありません。

しかし、犬の喜び方によっては上記のようなトラブルが起こる可能性があるので、適切な対応方法を知っておきましょう。

飼い主さんは冷静になる

犬が興奮状態になっていると感じたとき、飼い主さんは冷静になる必要があります。

飼い主さんも一緒になってはしゃいだり、大声を出してなだめようとしたりすると、犬は余計に興奮してしまいます。そのため、室内や近くに他人がいるときなど、犬を早く落ち着かせなければならないときは、飼い主さんが冷静に対応してください。

具体的には、犬と目を合わせずに黙り、短くリードを持って動かずにいる、またはその場から離れる、という対応です。

犬が「あれ?」と思って静かになったり、座って飼い主さんに注目したりしたら、優しく笑いかけてあげましょう。

基本的なしつけをしておく

犬が喜びのあまり興奮してしまったとき、できるだけ早く落ち着かせるためには、普段からの基本的なしつけが必要になります。

名前を呼んでアイコンタクトをとることや、「おすわり」「伏せ」「待て」というような動きの制御ができると、犬を素早く落ち着かせることができます。

もちろん、興奮しすぎているとすぐには言うことを聞けないと思いますが、このような基本的なトレーニングを普段から積み重ねておくことが大切です。

まとめ

部屋で遊んでいるビーグル

犬がうれしかったり楽しかったりして、喜んでいる様子は見ていてとても可愛らしいですよね。思わずこちらも笑顔になりますし、一緒にはしゃぎたくなることもあるでしょう。

しかし、犬が喜びのあまり興奮状態になると、犬自身や飼い主さんはもちろん、周囲の人や犬を巻き込んでトラブルが起こる可能性があります。

喜んでいる気持ちは理解しつつも、できるだけ冷静に対応してトラブルを回避しましょう。

関連記事

犬が寒いと感じる温度は何度?秋冬の適切な温度や対策方法について
犬が寝ている時にしてはいけない4つのNG行為
犬が玄関で飼い主を待ち伏せしている時の心理4つ
犬の寿命を縮めてしまう『絶対NG行為』4選
犬のトレーニングで絶対やっていけないNG行為5選

 
  1. 【速報】佳子さま ギリシャ公式訪問へ 羽田空港を民間機で出発
  2. 『ねっむ…』飼い主が早朝に出勤したら…見送りにきた大型犬2匹の表情に8万8000いいね「犬もこんな表情するのかw」「健気すぎて感動」
  3. 天皇皇后両陛下が羽田を出発 全国植樹祭などのため岡山県へ 西日本豪雨の被災地・倉敷市真備町で復興状況も視察
  4. 愛猫の『信頼を失ってしまう』飼い主さんのNG行動3選 残念すぎる態度を改めるためには
  5. 大谷翔平 5打数ノーヒットで6戦本塁打無し チームも“投壊”で満塁HR浴び今季2度目の3連敗
  6. 前田健太が移籍後2勝目!負傷者リスト入りから復帰登板で5回無失点の好投、タイガースは連敗を「5」で止める
  7. ゼレンスキー大統領、ロシア軍攻勢のハルキウ州戦況について「軍事的にコントロールできている」
  8. 【脳トレ】「萊」の中に紛れて1つ違う文字がある!?あなたは何秒で探し出せるかな??【違う文字を探せ!】
  9. 犬が『おやつ』に興味を示さない… 食べてくれなくても大丈夫?食いつきが悪い原因とは
  10. キャットホイールで遊ぶ2匹のネコ。1匹があれ?楽してる??【アメリカ・動画】
  11. 東京都知事選 小池知事が立候補の意向固める 自民は独自候補擁立を見送る方向 立憲・共産は候補者選定中
  12. 女子中学生に性的画像要求・中学校教諭を逮捕 教諭は「裸を見たかった」 教委は取材に「衝撃を受けている」